音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

2017年4月7日 - 「スクリーン・ミュージックの宴」開演!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2012/07/22 (Sun) 18:35
桜田淳子を守るのだ

インターネットを始めてかれこれ17年くらいになりますが、ネットへの書き込みなどほとんどした事はありませんでした。しかし、数年前に淳子さん返りを果たしてからは、ファンサイトの掲示板に書き込みを始め、ファンブログにコメントを寄せ、Twitterで語り出し、そして遂には自らブログまで..

自分でも不思議です。

かって「桜田淳子を守る会」が存在したことは、ファンの間では有名な話。東大サークルのそれではなく、テレビ局関係者で作られていた方の。

ほぼ日刊イトイ新聞 - おもしろ魂。

いつまでも純情だった淳子さんは、一般ファンのみならず、仕事で実際に接した男性達にとっても、守りたいと思わせる存在だったのでしょう。

格好良く言えば、この精神を引き継たいのかも知れません。
誰に頼まれた訳でもありませんが(笑)

90年代になって皆を驚かせてしまったために、いつのまにかメディアに封印されてしまった。もちろん今でも熱烈なファンの方も多くいらっしゃいますが、最近の40歳以下は彼女のことを知らない人も多いし、知っていても悪口の対象でしかなかったり。同時期の山口百恵さんやキャンディーズは今でも高い評価で、知らない人は居ないのに...

今観てもとても純粋無垢で愛らしい淳子ちゃんの姿や歌の「存在価値」を、(インターネットで出来る範囲で)守って行きたいと勝手に思う様になったのです。

私も順風満帆な人生ではありませんでした。多くの失敗を繰り返し、今だに消えない挫折感と格闘する日々です。
そんなことからも、かっての栄光が無かった様に扱われている淳子さんに肩入れしてしまうのかも知れませんね(スケールが全然違いますけど)。

尚、当ブログでは桜田淳子さんを、"ちゃん"付けで呼ぶことがありますが、どうぞご勘弁ください。

brog1.jpg

スポンサーサイト

2012/07/21 (Sat) 17:16
ブログタイトル

ブログを始めるにあたって一番悩むのはブログのタイトルです。(ブロガーの方は、みんな同じですかね)
私の場合、「桜田淳子」というキーワードは入れたかったんですが、彼女の曲のタイトルを冠したブログはたくさんあるので、ひねくれモノの私は、敢えてそれをしたくありませんでした。

じゃ「Back To Junko」って何かといいますと、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」から拝借・・・・ではありません。

これです。
386.jpg

1991年に発売されたフィル・スペクターのCDBOX "Back To Mono (1958-1969)"。
1960年代に一世を風靡したアメリカンポップス界の名プロデューサーですが(今は監獄の中・・(悲))、独特の"Wall of Sound"はモノラル録音に拘ったことで知られてます。
そして、80年代後半から90年代前半のリイシューCDブーム時に発売された、ファン待望のボックスセットのタイトルが "バック・トゥ・モノ (モノラルを回帰せよ)" ・・・・・・・・・ カッコイイじゃありませんか。

発売当時は、夢中になって聴きましたね。

現在は、桜田淳子さんへの回帰真っ最中の私は、まさに "バック・トゥ・淳子" 状態。
そんな感じで、上記ボックスセットのタイトルを拝借させて頂きました。

尚、(1973-)というのは、彼女の活動期間を指してますが、終了年は入れていません。
ファンなら気持ち判って頂けますよね。


Phil Spector: Back to MonoPhil Spector: Back to Mono
(1991/11/12)
Phil Spector

商品詳細を見る

2012/07/21 (Sat) 03:38
ブログ始めました

いつか自分も..と思いつつ、中々重い腰が上がらなかったのですが、とりあえず本日よりブログを始めてみることにしました。

最近はストレスが溜まる日々の連続で、飲みに行く時間も余りないので、好きな時代の音楽・映画・ドラマに浸ることが唯一の癒しになっています。

その中でも、我が最愛の天使:桜田淳子ちゃんの話題を中心に、その他にも60'~70'sの歌謡曲、洋楽、TV番組、映画、少年マンガ等について、好き勝手なことを語ってストレス発散しようかなと思ってます(笑)

尚、記事を更新する間隔は、自分でも全く予測がつきません(笑)

| ホーム |

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代