音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

2017年4月7日 - 「スクリーン・ミュージックの宴」開演!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/09/20 (Sat) 23:44
ポスターは何を選ぶか

桜田淳子ファンを自認する方であれば、家のどこかにポスターの1枚くらいは必ず飾られていると思います(笑)
.
と言うのは勿論冗談だが、昔ならともかく、大人になった今では特定の女性タレントさんのポスターを部屋に貼るのはなかなか勇気がいる事だろうか。

私も最初の1枚へ踏み出すまで長い期間と労力を要したが、今では家内に遠慮する事も無く、堂々と数枚のポスターを飾っております。
大人になって収集した物ばかり30種類くらい所有しているが、その時の気分でとっかえひっかえしており、最近では以下の通り。

①1975年 エスタックの販促用ポスター
brog458-1.jpg

②1975年 松竹映画「スプーン一杯の幸せ」 劇場用ポスター
brog459-1.jpg

③1973年頃に発売されたアイドル誌の付録ピンナップ
brog460-1.jpg

現在所有している中で、部屋に飾るものは「気にっている」だけの要因では決まらなかったりする。
今回これらを選択した理由は、①と③が折りたたまれて無い状態で入手したため、折りたたむのも丸めるのも好きではなく、さっさと飾った方が良いと判断したことと、③のサイズが横長で小さく、空きスペースに程よく収まるから。

こんな理由で選んではいけませんね(笑)
もっとレア度が高いポスターも欲しいのだが、入手するためには1枚当たり数万円を覚悟しなくてはならず、さすがに私のサイフじゃためらう金額だし、入手したところで勿体なくて部屋に貼れない。
如何にもにもアイドルっぽいポーズや水着の写真じゃ一寸照れくさいから、貼るなら映画・レコードの宣伝ポスターかノベルティ物が良い。

今でもポスター飾ってるよ......と言うファンの方は、数百種は存在すると思われるポスターの内、どんな物を選んでいるのだろうか。


※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。


スポンサーサイト

2014/01/27 (Mon) 01:49
駄菓子屋ブロマイドを追い求めて

1970年代の初頭、主に駄菓子屋で売られていたウルトラマンやゴジラ等のブロマイドを覚えていらっしゃる方は多いと思います。
ご多分に漏れず私もその一人だったのですが、この手の物をやみくもに収集してた訳では無く、幼いながらもそれなりのこだありがあって、山勝のゴジラシリーズ、丸昌のガメラシリーズ、天田のウルトラセブン6連カード(裏面にジャンケンやトランプの絵が描かれているカード)を格別好んでいました。
友人の間ではライダーカードが大流行していたのですが、仮面ライダースナックが要らない(妙に甘ったるい味が嫌いだった)私にとっては、コストパフォーマンスの高い駄菓屋ブロマイドの方が良かったのでしょうね。

そして70年代も中盤になってくると、アイドルスターのブロマイドも駄菓子屋で売られる様に。

アイドルのブロマイドと言えば、マルベル堂が本家本元に相違ありませんが、私の様な片田舎に住んでいた者にとっては、駄菓子屋ブロマイドの方が買い易い状況にありました。
しかしながら、この駄菓子屋ブロマイドシリーズはくじ引きシステムになっているため、封を開けるまでは何が入っているか分からないのがミソ。興味のない歌手のカードが当たると処分に困ってしまうためか、アイドル物についてはほとんど購入しなかった様に思います。
その頃は怪獣物も卒業間近の頃で、興味は野球選手やブルースリー等のリアルヒーローとアイドル歌手へ移っていた訳ですが、まだまだ自由に使えるお金が少く、日々のお小遣いが友達との遊興費で消えてしまうこともあり、アイドル関連商品までは手が回らなかったという事もあったかな。


- そんな1974年の或る日の事 -

習字を学ぶために週に一度お寺へ通っていた私は、その帰り道に友人と近所の(子供向け)文房具屋に立ち寄りました。
さしたる目的も無く何げに商品を眺めていたところ、突然目に飛び込んできたのが桜田淳子さんのブロマイド。
それは通常のブロマイドよりも遥かに大きく、透明のビニールとビニールが貼りつき易い様に加工された白い台紙に挟まった形で飾られていました。

「何でこんなところに淳子ちゃん?...」

後年判った事ですが、これも駄菓子屋で販売されていたブロマイドの一種で、販売元は山勝。
この大判サイズもクジ引きの対象だったのか全く覚えてないのですが(お詳しい方、ご教示ください)、少なくともその文房具店では店頭に並んでおりました。
積み重ねられた商品の一番上に置かれていた写真が他の歌手であればスルーしたのでしょうが、よりによって我がアイドルだった淳子ちゃんの写真。友達がいた手前、最初は購入するつもりは無かったのですが、チラチラと観ている内にもう気になって気になって仕方なくなってしまい、友達が何かを探している隙を見計らったか否かは定かではないが、とにかく数百円(確か300円くらい)叩いて、何とかGETしたのでした。

このブログを観てくださっている方であれば、淳子さんのプロマイドはおろか、写真集・ポスター・レコードなど多数の商品を手にされた事でしょうから私の気持ちは解って頂けないかも知れませんが、自分にとってはこの山勝製大判プロマイドが大変な宝物だったのです。

親兄弟に異性への好意を感づかれると孫の代まで揶揄われかねないことを既に学習していたため、「アイドルのxxちゃんが好き」とは口が裂けても言わない照れ屋(笑)な私が自ら購入した、当時唯一の桜田淳子グッズだったという訳ですね。
(その後、マルベル堂のプロマイドを通販で購入した記憶がおぼろげにあるのですが、今一つ確信無し)

この宝物、随分と長いあいだ机の引き出しに隠し持っていましたが、78年の我が家引っ越しのタイミングで行方不明に...
それからというものの、淳子さんの事を考える度にそのブロマイドを思い出す日々が続いたものです。

40歳を過ぎて淳子さんに再び傾倒してからは、何とかこの思い出の品を取り返したいと思っていましたが、最近になって本シリーズのデッドストック品がオークションサイトに出品されまして、数点を落札することが叶いました。

それが以下の3品
brog346.jpg

brog347.jpg

brog348.jpg


しかし、どれも自分が当時所有していた品とは違う様です。
確かKAZUさんのホームページに淳子さんの山勝製プロマイド(山勝カード)がほぼ全種紹介されていたなと思い出し、そこなら私が所有していたものが存在するかも...と探してはみたものの、結局ハッキリとは思い出せません。
記憶がやや曖昧ですが、発売は1974年、大判(A5サイズ)で背景はブルー、淳子さんはショートカットでキャスケット未装着、全身写真では無く胸から上のショット...だったと思われます。

その条件を満たしたブロマイドは、「花物語」の頃と思わしき「D04」という事になるのかな。
確信は無いけど、そうだった様な気もするので、そういう事にしておこう(笑)


私にとって思い入れの強い、当時所有していたプロマイドを(勿論白い台紙付きで)入手するまで、オークションサイトを巡る日々に終わりは来ない。

皆さんにとって、最も思い入れの深い(淳子さん関係の)宝物は何でしょうか?


2012/10/20 (Sat) 04:40
桜田淳子サイン入りパンフレットその2 (パンフの内容)

前回の記事で、私の所有するパンフレットは、アルバム「ステンドグラス」の付属品では無いかと書きましたが、それは間違いとのご指摘を頂きました。

付属パンフで無ければ、アルバム予約特典くらいしか思いつきませんが、正確なところが知りたいという事で、今回は掲載されている写真を全てUPしてみます。
そして、当パンフが何かをご存知の方がいらっしゃれば、是非ともご教示頂ければ大変幸甚に思います。

※2012年10月21日追記
その後、当ブログに貴重なコメントを寄せてくださる 桜田 淳子【あなたのすべて】HP管理人のKAZUさんから、1978年4月14日に東京ヒルトンホテルで開催された"淳子!満開!"感謝祭にて、関係者500人に配布されたパンフレットだとの情報を頂きました。
情報提供してくださったKAZUさん、大変ありがとうございました。


表紙:
panf01.jpg

PAGE1:
淳子さん、20歳のご挨拶。
panf02.jpg

PAGE2:
横書きのサインは、デビュー時から使用していたスタイルとは異なる大人の字体。
良く見れば、この25年後に発売された「桜田淳子BOX」に寄せられたサインと同じではないか。
panf031.jpg

PAGE3:'73年表
3月のニュースに「民放オーディション全て第1位合格」と書いてるが、これは快挙なのだろうか?
panf04.jpg

PAGE4:
この図柄と同じポスターがありましたね。
panf05.jpg

PAGE5:'74年表
16才のリサイタルの徳光アナとの会話フォトが印象的。徳さんがダンさんに失礼なことを言っている場面に違いない(笑)。
panf06.jpg

PAGE6:
「追いかけてヨコハマ」のジャケ写と同じ髪型
panf07.jpg

PAGE7:'75年表
燦然と輝く音楽賞の数々が素晴らしい。とりわけ「オリコンセールス大賞」「レコード大賞/大衆賞」のダブルクラウンは「レコード大賞/大賞」に匹敵するでしょう。
panf08.jpg

PAGE8:
これも
panf09.jpg

PAGE9:'76年表
3月の「淳子+亜砂子バースディパーティ」の亜砂子って誰?と一瞬考えました(笑)
全日本歌謡祭の「ベストアクション賞」は、二年連続の受賞。
リサイタル3の写真は間違いですね。
panf10.jpg

PAGE10:
これも
panf11.jpg

PAGE11:'77年表
この年は、色んなステージを催していらっしゃいます。
あのショートヘアは、「淳子カット」と呼んでましたっけ。
panf12.jpg

PAGE12:
これは、「追いかけてヨコハマ」のアウトテイク・ジャケ写。
panf13.jpg

PAGE13:
また誤植発見、映画「愛の嵐の中で」は主演です。
この年は、歌・映画・ドラマ・司会・DJ・ナレーションと幅広くご活躍されていたことが改めて判りますね。
panf14.jpg

PAGE14:
アルバム「ステンドグラス」のアウトテイク・ジャケ写。
panf15.jpg

裏表紙:
上手くスキャンできませんでしたが...パンフの製作は、ビクターレコードです。
panf16.jpg

ページ数・字数は少ないながら、貴重な写真や情報も掲載されており、意外に侮れないパンフレットでありました。

2012/10/16 (Tue) 23:53
桜田淳子サイン入りパンフレット

私にとって大切な宝物のひとつが、桜田淳子さんの直筆サイン。

brog132.jpg

実は私宛に書いて頂いたサインでは無く、後にオークションで入手したものですが、78年頃のパンフレットに79年8月17日と記載されているところにリアリティを感じますし、思わず顔を近づけたくなるほど、彼女の表情が良くて...おっと、いかん汚れてしまう(笑)

このブログを見て頂いている方で、上の品を競合された方がいらっしゃる気がしますが、その節はすみませんでした。

淳子さんのサインといえば、横書きが有名かと思いますが、この頃は縦書きに変更されています。
近年のサインらしき筆跡といえば2002年のBOXを思い出しますが、その時は横書きで、かなり達筆な行書体という感じでしたね。

次はデビュー時の横書きサインの入手を狙ってますが、本当は目前で直接サインして頂きたいなぁ...(夢)

尚、このパンフレットが何なのか判っていないのですが、LP「ステンドグラス」の付属パンフでしょうか?


| ホーム |

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。