音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

45周年企画を実現させよう!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2012/07/31 (Tue) 23:53
私的アジアンビューティーベスト3

近年の日本では、韓国出身の芸能人の方々がずいぶん人気があるらしいですが、70年代だと日本と韓国は文化交流が余り(ほとんど?)なかったせいか、韓国出身の芸能人は一人も知りませんでした。80年代に入り、やっとチョー・ヨンピルとかケー・ウンスクが登場しますが、私的にはオールナイトフジの司会をされていた李恵淑(イ・ヘスク)さんが、なかなか美人だったと記憶しています。桜田淳子さんとも「ニューヨーク恋物語」で共演されておりますね。

80年代以降を語るのは当ブログの趣旨に反するので止めますが、それ以前の東洋系外国人歌手・女優といえば、中華系(香港・台湾)の方々が中心でした。そこで、60~70年代限定の(日本人を除く)私的アジアンビューティーベスト3を(自分に向けて)発表します(笑)

1位 アグネス・ラム 
「アグネス・ラムはアメリカ人だろ」というツッコミは無しで(笑)。彼女には中国人の血が流れており、エキゾチックなマスクに黒々とした長い髪は、十分にアジアンビューティーの資格ありでしょう。
彼女の映像作品は以外にも少なく、東映の「太陽の恋人 アグネス・ラム」が代表作となりますが、公開時はかなりの不入りだったそうです。80年代には、東宝の「帰ってきた若大将」や、高中正義のイメージLDにも出演しておりますが、まあ大した出番はありません。

brog14.jpg

2位 尤敏(ユー・ミン)
余り有名では無いかも知れませんが、60年代前半に、東宝で「香港の夜」「香港の星」「ホノルル・東京・香港」「社長洋行記」「 続・社長洋行記」の5本に出演され、結構人気が高かった女優さんです。「香港」シリーズで共演した宝田明さんとはプライベートでもロマンスがあった様ですが、結局は香港の実業家と結婚され引退。
大変残念ですが、1996年にご逝去されました。
私が彼女を知ったのは10数年前、TVで「社長洋行記」を観てからですが、その美しさにビックリし、思わず続編を借りにレンタルショップへ走ったほどです(笑)。
荒井由実のニックネーム”ユーミン”は、この方の名前から来ているという噂もありますが、さて?

また、函館の五稜郭に中華料理屋「尤敏」という有名店がありますが、店名の由来は、確実にこの方だそうです。尤敏 ユーミン - 五稜郭公園前/中華料理 [食べログ]

brog13.jpg

3位 衣依(マリア・イー) 
ブルース・リー主演「ドラゴン危機一発」のヒロイン。ブルース・リー映画といえばノラ・ミャオだろと言われる方が多いでしょうが、私はこの方が気に入ってました。「燃えドラ」のアンジェラ・マオを入れて、ゴールデン・ハーベストの花の中三トリオみたいな存在だった様です。
マリア・イーさんはこれ以外に「ドラゴン怒りの鉄拳」にチョイ役で出演されていますが、それ以外の作品でお目にかかったことはありません。
「冷面虎」って言うジミー・ウォング主演映画(岡田可愛も出てる!)に出演されていて、近年DVD化されましたが、未見。尚、この「冷面虎」は、本来ブルース・リーのために企画された映画だったため、今となってはリー&イーの再共演が実現しなかったのは至極残念な気がします。

brog12.jpg

以上、私的アジアンビューティーベスト3でした。
ちなみに、日本人を加えたら誰が一番か?という質問は、私にとっては愚問です(笑)。 

社長洋行記 正・続篇 [DVD]社長洋行記 正・続篇 [DVD]
(2005/02/25)
森繁久弥、小林桂樹 他

商品詳細を見る


冷面虎 復讐のドラゴン [DVD]冷面虎 復讐のドラゴン [DVD]
(2007/11/07)
ジミー・ウォング、 他

商品詳細を見る



※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

2012/07/28 (Sat) 17:23
潮騒はドラゴンへの道

カミングアウト記事にも書きましたが、私は桜田淳子主演映画を、当時は劇場で観たことはありません(後年、叶いますが)。それなのに何故か山口百恵主演の「潮騒」は観にいっております。

本当は百恵ファンだったんじゃないの?

という事はまったくありませんで、同時上映の「最後のブルース・リー/ドラゴンへの道」が観たかったんであります。当時の男子なら誰でもあこがれたブルース・リーの最後の主演作?これはぜったい観にいかねばと、同嗜好のイトコと一緒に映画館へ。しかし「ドラ道」より先に「潮騒」を最後まで鑑賞しなくてはならないのでした。

あの当時、映画は大体二本立てだった様に思いますが、何故「ドラ道」と「潮騒」がカップリングされたのか?

はっきりは、わかりませんが、
 ・地元には東宝系、東映系、洋画系の三つの映画館しか無かった
 ・東宝東和配給の映画は東宝系で公開していたが、大都市の上映が終わるまで数ヶ月待たされた
 ・少ない映画館で上映する作品をやりくりしていたので、時々変なカップリングになる
という理由などが推測されます。

地方では、他にも「ドラゴン怒りの鉄拳」には、女性ヌード満載の「空手アマゾネス」。「スター・ウォーズ」には、気色悪い「マニトウ」。「未知との遭遇」には、おっかない「サスペリア2」とか...もう勘弁してくれ的なカップリング満載でしたよ(笑)

松竹の映画などは、東宝系の劇場を借りて上映しておりましたので、「男はつらいよ」とその併映作品しか観る機会は無く、淳子ちゃんの「スプーン一杯の幸せ」「遺書・白い少女」などは、雑誌の情報だけで我慢するしかありませんでした。
そういえば、75年春に日劇で開催された「ひとり歩き/桜田淳子ショー」内でも「潮騒」上映したらしいですが(パンフにも書いてあるので間違いないでしょう)..幾ら日劇とは言え、そこは「スプーン一杯の幸せ」じゃないのか?

話を戻しますが、ブルース・リーが待ちどうしく、百恵さんにさほど興味がない私は、「潮騒」を観るのがちょっと苦痛で、ストーリーなど全く頭に入らなかったんですが、どういう訳が「焚き火のラブシーン」だけはしっかりインプットして帰りました。
昨年、BSで「潮騒」を放送していたので、そのシーンだけ(笑)、観直したんですが、16才の百恵さん、結構大胆だったんですね。このシーンに怒ったファンが、何かの事件を起こしたらしいですが、気持ち判らんでもないです。

尚、「潮騒」の(地方以外の)真の併映は、和田アキ子主演の「お姐ちゃんお手やわらかに」です、ハイ。

brog10.jpg

ドラゴンへの道 デジタル・リマスター版 [DVD]ドラゴンへの道 デジタル・リマスター版 [DVD]
(2005/06/24)
ブルース・リー、ノラ・ミャオ 他

商品詳細を見る

潮騒 [DVD]潮騒 [DVD]
(2000/10/25)
山口百恵、三浦友和 他

商品詳細を見る

| ホーム |

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代