音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

2017年4月7日 - 「スクリーン・ミュージックの宴」開演!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2013/08/25 (Sun) 02:08
追いかけてアカサカ

当ブログでは、桜田淳子さんが関連するモニュメントや主演映画のロケ地等、所謂ゆかりの地を幾つか取り上げて参りました。

私の場合、以前紹介した縁の地の中でも、北品川・赤坂・上野には度々訪れる機会がありますが、その度に淳子さんの面影を追いかけてしまう習性が、いつの間にか身についてしまった様です。

追いかけてアカサカ~淳子ちゃんが逃げる~♪ってなもんで(笑)

最近も、赤坂見附を訪ねた折に「遺書 白い少女」のロケ地~赤プリ旧館~豊川稲荷へ、上野で所要を済ませた際には池之端の「スプーン一杯の幸せ」の舞台となった鰻屋を訪ねたりしました。

その際に、各地の現風景をカメラに収めてきましたので、使い古しネタで恐縮ですが、今回紹介させて頂きたいと思います。

■赤坂見附
--外堀通り

「遺書 白い少女」オープニングで使用された赤坂見附駅前の外堀通りは、撮影が行われた1976年と比較しても意外と変わっていない事が判っています。それぞれの建物はリフォームしたり建替えられたりしているでしょうが、横断歩道や歩道橋の位置は同じ場所に存在する様です。
akasaka30.jpg
実はこのオープニングシーン、全ロケ中一番最後に撮影されたとか。撮影終了後には、スタッフと(オープニングシーンで使用された)歩道橋のふもとで記念写真を撮ったそうですが、おそらくこの場所では無いかと推察しています(撮影日:2013/7/18)
akasaka40.jpg

--赤坂プリンスホテル旧館/別館

下記動画の中で、高2トリオが仲良く建物内に入っていくシーンと「初恋時代」制作発表のシーンが出てきますが、これが赤坂プリンスホテル旧館(旧李王家邸)。
淳子さん関係ですと「あこがれ共同隊」「男はつらいよ 葛飾立志編」「昌子・淳子・百恵 涙の卒業式〜出発〜」の制作発表も此処で行われました。
又、同じ動画の三色のパラソルを手に撮影に応じるシーンの背景は旧館に隣接する別館になりますが、この別館においても多くのイベントが開催されており、プールサイドでの撮影スナップ等は今でもオークションサイトで良く見かけます。


そして現在の様子(撮影日:2013/7/18)。
ご存知の通り、赤坂プリンスホテルは新館・別館ともに解体され、無残な状態になっていました。現在は再開発の真っ最中で、オフィス・ホテル・マンション等が建設される様ですが、写真にもある様に旧館(李王家邸)だけは、この地に保存され続けるとの事。淳子さん縁の場所が少しだけでも残して頂けるのは、正直ホッとしますね。
akasaka50.jpg


--豊川稲荷東京別院

桜田淳子さん、及び昌子さん・百恵さんのファンにとっては、説明不要な聖地:豊川稲荷東京別院。


現在の淳子さんの記念植樹(撮影日:2013/7/18)。
ここ数年では何も変わない様に見えますが、36年の年月を経る中では大きな変化がありました。
2012/8/18の記事でも説明した通り、三人娘の記念樹は、現在(子宝観音後方)とは違う位置(本堂の近く)に植樹されたのが始まりです。又、記念碑についても、屋外だと雨風に晒されてしまうため致し方ありませんが、何度か新しく作り直されている様です。
上記映像の記念碑と下記写真の記念碑の微妙な違いがお解りでしょうか?
近年は一年に一度通っている私の知る限り、現在の記念碑は2009年に作り直したものだと思います。
akasaka60.jpg

■上野池之端
--伊豆栄本店

おなじみ「スプーン一杯の幸せ」のロケ地として使用された上野。中でも淳子さん演じる梅村乃里子が居住する「小料理 梅村」が、池之端の「伊豆栄本店」であった事は、2012/10/6の記事で書いた通りです。但し、建て替え済みのため、当時の面影はありません。
akasaka90.jpg

akasaka100.jpg

先日、このお店を訪ね、江戸時代から続く定番の鰻重を頂いてきました(撮影日:2013/8/23)
akasaka110.jpg

一般庶民の私には「松」しか注文出来ませんでしたが、それでも結構なお値段。
味オンチでもあるので、私の感想はアテにならないかも知れませんが、焼けた皮が香ばしく、肉もジューシーで大変美味だったと思います。
akasaka120.jpg
店内には「スプーン~」ロケが行われた旧本店の写真が飾られていました。二階の電柱に隠れている窓辺が、乃里子が路上に向けてバケツの水を撒いた場所ですね。
akasaka80.jpg

尚、このお店の女将さんは年配の方でしたので、「スプーン~」撮影当時の事を覚えていらっしゃるかも知れないなと気にかかりましたが、奥ゆかしい私には質問など出来る訳もなく。

--

尚、本文とは関係ありませんが、8/26日テレプラスで放送されるアニメ「めぞん一刻」第83話(1987年11月25日初回放送)のサブタイトルは「追いかけてヨコハマ 響子さんが逃げる?!」.....だそうです(笑)


※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

2013/01/27 (Sun) 01:19
桜田淳子ゆかりの地 (佃煮 天安)

桜田淳子QUIZ - もちろん正解(5)の解答です。

正解は、桜田淳子さんが初めてレギュラー出演されたドラマ「てんつくてん(1973年 NTV)」に登場する佃煮屋のモデルとなった、東京都中央区佃にある「佃煮 天安(てんやす)」というお店です。

佃煮発祥の地佃島にて1837年に創業して以来、175年も続く由緒あるお店で、現在も変わらぬ味を提供されているとの事。(撮影日:2013/1/10)
brog179.jpg

3年前に訪れた際、私も当店の佃煮を購入し大変美味しく頂きました。化学調味料タップリの味とは一線を画し、魚介類が本来持っている旨みと秘伝のタレがふんわりと口に広がり、酒のツマミにもご飯のお供にも合う美味な佃煮です。

さて、肝心の「てんつくてん」については映像資料が全く無く、当時の雑誌等の記事からも野外ロケのシーンは余り見当たらず、今回は対比できる写真がありません。
下記は「別冊近代映画 桜田淳子スペシャル」からのショットですが、ひょっとして「天安」の裏口か?と思い確認してみたところ、テレビクルーが入れる様な広い場所は無かったため、これはスタジオセットでの撮影かも知れませんね。(尤も40年も前のことなので、当時は撮影スペースがあった可能性もあります)
brog182.jpg

又、上記写真の左上に、舞台となった佃煮屋の店先と思われるショットが載っていますが、
brog186.jpg
「天安」の店先もこんな感じでした(記憶曖昧ですけど)。しかしこの写真がスタジオセット・「天安」のどちらで撮影されたのかは全く判りません。

佃島でのロケも当然あったで事しょうし、きっと淳子さんや(共演の)森昌子さんが歩いたのだろうという思いを持って近辺を散策してみましたが、昔ながらの風景が未だに残るノスタルジックムード漂う良い場所でした。60年代~70年代に思い入れの強い人ならば、心安らぐ時間が得られること請合いではないでしょうか。(撮影日:2010/5/6)
brog187.jpg
brog181.jpg

2012/10/27 (Sat) 00:05
桜田淳子ゆかりの地 (生家)

桜田淳子QUIZ - もちろん正解 (3)の解答です。

1974年のアイドル誌(明星か平凡のどちらか)によると、下記写真は桜田淳子さんが秋田時代に暮らしていた家だそうです。
この建物自体は、残念ながらもう無くなっていると思われ、1982年のNHK「ひるのプレゼント」にてチラリと映ったときには、下記の様な生命保険の代理店では無く、精肉店?に変わっていた様に思います。

brog134.jpg


又、現在の淳子さんのご実家は別の場所にあり、同じアイドル誌の情報によれば、完成は淳子さんデビュー後の1973年6月頃だったとのこと。(その後、もう一度建替えされた模様)

brog133.jpg

昔の雑誌は、タレントのプライベートな情報を大胆に公開していましたね...改めて読むと驚きます。

尚、これ以上の詳細を記事にすることは、控えたいと思います。

2012/09/29 (Sat) 04:26
桜田淳子ゆかりの地 (いきかえりの宿 瀧波)

桜田淳子QUIZ - もちろん正解(1)の解答です。

正解は、山形県赤湯温泉の 「いきかえりの宿 瀧波」 で、"桜田淳子 BOX -そよ風の天使"に収録されている「はじめての出来事」を歌った場所になります。

・放送日:1975年1月30日
・番組名:「第1回 日本テレビ音楽祭 第一次ノミネート」
・ドラマ「となりのとなり」のロケ先からの中継

brog109.jpg
brog110.jpg

※現在写真1(拾い物画像)  「いきかえりの茶屋は」今でも一階にあるそうです。
brog115.jpg

尚、1年半ほど前に、sjghdさんのブログ 桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ で、同じ映像の話題が取り上げられておりますので、是非ご参照ください。

brog113.jpg

※現在写真2(拾い物画像) この歴史を感じる門は、40年位前に上山城から移設したものだそうです。
brog111.jpg

単に歌の背景というだけでなく、「となりのとなり」のロケ先(証拠映像がないのが残念)だった様ですから、きっと宿泊されたことでしょうし、私にとって一度は訪ねてみたい、隠れた"ゆかりの地"ですね。


※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。

2012/08/18 (Sat) 03:42
桜田淳子ゆかりの地(モニュメント編)

桜田淳子さん"ゆかりの地"第2弾は、モニュメント編。

淳子さんのモニュメントと言えば、以下2箇所しか思いつきません(他にご存知の方、教えて頂きたいです)。
・日比谷シャンテ「合歓の広場」の手形プレート(日本版チャイニーズ・シアター前広場みたいな所)
・豊川稲荷東京別院の「花の高三トリオ卒業記念植樹」

両方とも有名なので、ネットで幾らでも見れる情報ですが、一応自分なりに紹介してみます。余り面白くないとは思いますが。

■日比谷シャンテ「合歓の広場」の手形プレート
brog42.jpg

1987年に開業した日比谷シャンテの「合歓の広場」に、当時東宝を中心に活躍していた映画スターの手形プレートが埋められています(最近は海外スターの手形も)。
淳子さんの手形は、広場の中心から最も外側にあり、当時の若手スターだった斉藤由貴さん、松田聖子さん、沢口靖子さんらと一緒に飾られています。

私は、開業後すぐに訪れましたが、最初から淳子さんの手形があったかどうか覚えていません。おそらく後で追加されたもの(90年前後)かなと思うんですが、確信はないです。

興味のある方は、s-imgさんのブログにも様子がご紹介されていますので、そちらもご参照ください。

それにしても、淳子さんの手形は、外側から数えて5番目に位置しており、松田聖子さん以降は、日本の映画スターは新しい手形が作られていない様なので、ここでは永遠に若手です(笑)。


■豊川稲荷東京別院「花の高三トリオ卒業記念植樹」

あまりにも有名なので、今更かも知れませんが、以前動画サイトにこの植樹の様子を記録した動画がありまして、その時に判った事実を、この間確認してきました。
その動画の中の彼女達の行動に沿って、写真(2012/8/14撮影)を掲載します。

①まずは、山門から境内に入り
brog34.jpg

②手水を使い
brog35.jpg

③本殿前のお賽銭箱に、お賽銭を入れて
brog36.jpg

④本殿のおみくじを引いて
brog37.jpg

⑤本殿の向かって左手前(千本のぼりがある方)の場所に植樹
brog38.jpg

⑥淳子さんのはこの辺かなあ
brog39.jpg

そう、当初の植樹場所は、現在保存されている場所とは違うんですね。現在は、山門近くの子宝観音の後方に植え替えられています。豊川稲荷の中の、本当のゆかりの地はここかも知れませんよ(笑)

でもって、現在の記念樹の写真です。
左から、山口百恵さんの山茶花、桜田淳子さんの白木蓮、森昌子さんの泰山木となっています。写真では判りにくいですが、淳子さんの白木蓮が一番背が高いですねえ。
brog40.jpg

そして淳子さんの記念碑のアップ。
brog41.jpg

夢を奪う様で申し訳ないですが、時間経過のわりに記念碑が新しいので、作り直しているかも知れませんね。(或いはニスか何かを塗って、綺麗にしたか?)
10年以上前に作成された豊川稲荷東京別院のHPにチラっと写っている百恵さんの記念碑はかなり古い感じがしますし、そういえば、最初に訪れた時(2年前)は、記念碑がありませんでした。
(無断転載・転用禁止だそうなので、リンクは貼りませんが、すぐ見つかります。案内図も書いてあってわかり易いHPです。)


今回は以上となります。

補足ですが、今年の一月に浅草マルベル堂に行った時、店内に淳子さんの1975年ブロマイド売り上げ1位記念パネルが展示されてましたが、それも一種のモニュメントかも知れません。
まだ飾られているかどうか判りませんが、桜えびさんが本日確認に行かれるそうなので、ぜひ結果を教えて頂きたく存じます。

次回は映画ロケ地の予定ですが、ブログのネタ切れ防止のため(笑)、少しインターバルを置かせてください。

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代