音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

45周年企画を実現させよう!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2014/01/27 (Mon) 01:49
駄菓子屋ブロマイドを追い求めて

1970年代の初頭、主に駄菓子屋で売られていたウルトラマンやゴジラ等のブロマイドを覚えていらっしゃる方は多いと思います。
ご多分に漏れず私もその一人だったのですが、この手の物をやみくもに収集してた訳では無く、幼いながらもそれなりのこだありがあって、山勝のゴジラシリーズ、丸昌のガメラシリーズ、天田のウルトラセブン6連カード(裏面にジャンケンやトランプの絵が描かれているカード)を格別好んでいました。
友人の間ではライダーカードが大流行していたのですが、仮面ライダースナックが要らない(妙に甘ったるい味が嫌いだった)私にとっては、コストパフォーマンスの高い駄菓屋ブロマイドの方が良かったのでしょうね。

そして70年代も中盤になってくると、アイドルスターのブロマイドも駄菓子屋で売られる様に。

アイドルのブロマイドと言えば、マルベル堂が本家本元に相違ありませんが、私の様な片田舎に住んでいた者にとっては、駄菓子屋ブロマイドの方が買い易い状況にありました。
しかしながら、この駄菓子屋ブロマイドシリーズはくじ引きシステムになっているため、封を開けるまでは何が入っているか分からないのがミソ。興味のない歌手のカードが当たると処分に困ってしまうためか、アイドル物についてはほとんど購入しなかった様に思います。
その頃は怪獣物も卒業間近の頃で、興味は野球選手やブルースリー等のリアルヒーローとアイドル歌手へ移っていた訳ですが、まだまだ自由に使えるお金が少く、日々のお小遣いが友達との遊興費で消えてしまうこともあり、アイドル関連商品までは手が回らなかったという事もあったかな。


- そんな1974年の或る日の事 -

習字を学ぶために週に一度お寺へ通っていた私は、その帰り道に友人と近所の(子供向け)文房具屋に立ち寄りました。
さしたる目的も無く何げに商品を眺めていたところ、突然目に飛び込んできたのが桜田淳子さんのブロマイド。
それは通常のブロマイドよりも遥かに大きく、透明のビニールとビニールが貼りつき易い様に加工された白い台紙に挟まった形で飾られていました。

「何でこんなところに淳子ちゃん?...」

後年判った事ですが、これも駄菓子屋で販売されていたブロマイドの一種で、販売元は山勝。
この大判サイズもクジ引きの対象だったのか全く覚えてないのですが(お詳しい方、ご教示ください)、少なくともその文房具店では店頭に並んでおりました。
積み重ねられた商品の一番上に置かれていた写真が他の歌手であればスルーしたのでしょうが、よりによって我がアイドルだった淳子ちゃんの写真。友達がいた手前、最初は購入するつもりは無かったのですが、チラチラと観ている内にもう気になって気になって仕方なくなってしまい、友達が何かを探している隙を見計らったか否かは定かではないが、とにかく数百円(確か300円くらい)叩いて、何とかGETしたのでした。

このブログを観てくださっている方であれば、淳子さんのプロマイドはおろか、写真集・ポスター・レコードなど多数の商品を手にされた事でしょうから私の気持ちは解って頂けないかも知れませんが、自分にとってはこの山勝製大判プロマイドが大変な宝物だったのです。

親兄弟に異性への好意を感づかれると孫の代まで揶揄われかねないことを既に学習していたため、「アイドルのxxちゃんが好き」とは口が裂けても言わない照れ屋(笑)な私が自ら購入した、当時唯一の桜田淳子グッズだったという訳ですね。
(その後、マルベル堂のプロマイドを通販で購入した記憶がおぼろげにあるのですが、今一つ確信無し)

この宝物、随分と長いあいだ机の引き出しに隠し持っていましたが、78年の我が家引っ越しのタイミングで行方不明に...
それからというものの、淳子さんの事を考える度にそのブロマイドを思い出す日々が続いたものです。

40歳を過ぎて淳子さんに再び傾倒してからは、何とかこの思い出の品を取り返したいと思っていましたが、最近になって本シリーズのデッドストック品がオークションサイトに出品されまして、数点を落札することが叶いました。

それが以下の3品
brog346.jpg

brog347.jpg

brog348.jpg


しかし、どれも自分が当時所有していた品とは違う様です。
確かKAZUさんのホームページに淳子さんの山勝製プロマイド(山勝カード)がほぼ全種紹介されていたなと思い出し、そこなら私が所有していたものが存在するかも...と探してはみたものの、結局ハッキリとは思い出せません。
記憶がやや曖昧ですが、発売は1974年、大判(A5サイズ)で背景はブルー、淳子さんはショートカットでキャスケット未装着、全身写真では無く胸から上のショット...だったと思われます。

その条件を満たしたブロマイドは、「花物語」の頃と思わしき「D04」という事になるのかな。
確信は無いけど、そうだった様な気もするので、そういう事にしておこう(笑)


私にとって思い入れの強い、当時所有していたプロマイドを(勿論白い台紙付きで)入手するまで、オークションサイトを巡る日々に終わりは来ない。

皆さんにとって、最も思い入れの深い(淳子さん関係の)宝物は何でしょうか?


スポンサーサイト

2014/01/17 (Fri) 07:57
スポニチ秘蔵アイドル全集

もう皆さん購入されたことと思いますが、私の記事は随分いい加減な事を書いてましたね。
通勤電車と仕事の休憩時間を使って仕上げた記事なので仕方ないか。
帰宅後に一通り読み終えたので、数か所の訂正とネタバレよろしく所感などを追記しておきます。



本日(1/17)より発売開始となった、電子書籍「スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子」を早速購入してみました。

購入先は、紀伊国屋書店(KINOKUNIYA WEB STORE)。
使用する端末のOSは、Windows7とAndoroid。

①まずはトップページから会員手続き。引き落としを希望するのであれば、この時にキャッシュカードを登録
②トップページから「電子書籍」タブをクリックすると、 電子書籍Kinoppyのページへ
③電子書籍リーダーKinoppyをインストール
④「スポニチ」あるいは「桜田淳子」でキーワード検索すれば、当該商品が表示される
(「スポニチ」で検索した結果の一覧は、デフォルトで売れている順に表示される)
⑤商品を選択して、後は手順に従って購入するだけ

スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子

書籍データ自体はローカル端末にダウンロードされるため、一度ログインすれば、次回からは再ログイン不要。オフラインでも(LANケーブルを引っこ抜いても)閲覧できます。但し、kinoppyが定期的(数か月に一回等)にログインを求める可能性があるので、退会はしない方がベターでしょうか。この辺りは未だ良く解っていませんが、心配な方は御自分の責任において何なりと対策すると言うことで。
尚、将来パソコンを買い替えても無料で再ダウンロードできますし、スマートフォンでも同期(スマホにダウンロード)してくれます(データサイズが大きいため、パケット通信量に制約がある方は注意)。

只今通勤電車で閲覧中ですが、これは期待に違わぬ内容。

1973年の歌謡大賞新人賞受賞から、1992年秋田市内での講演の様子まで、総勢65回分(PCで333ページ、スマートフォンで598ページのボリューム)のスポニチ掲載記事が読めるようになっており、芸能界における桜田淳子さんの活躍を駆け足で振り返ることが出来ます。

以下、年次別記事数と所感と記事へのツッコミ(笑)

■表紙:映画「スプーン一杯の幸せ」撮影時の合間に撮られた松竹大船撮影所でのモノクロスナップショット

■1973年:1記事

■1975年:6記事
→表紙に使用された写真が1975年8月19日と記載されてますが、撮影日だとしたらおそらく間違い。撮影は2~3月頃の筈だ。

■1976年:5記事
→「遺書 白い少女」の製作発表記事。記事の内容からすると、この時点では相手役(田中健氏)は決まって無かった様な雰囲気。淳子さんは撮影に入ってから相手役が誰なのか知ったと、特集本で読んだ記憶あり。又、同記事でキャストに挙がっていた内藤武敏さんはご出演されていないが、長門裕之さんもしくは木村功さんの役のどちらかに予定されていたのでしょうか。製作発表後の配役変更はちょくちょくある様で、「スプーン一杯の幸せ」でも、相手役が夏木陽介さんから黒沢年男さんに変更されたと記憶している。
→国立競技場(国立霞ヶ丘陸上競技場)で行われた「ひとりぼっちのオリンピック」の様子は、スターどっきりマル秘報告でも放送された(確か小野ヤスシさんにインタビューを受けていた)。記事では渋谷と書かれてますが、国立霞ヶ丘陸上競技場は新宿区。来年から(次の東京オリンピックへ向け)解体工事が始まるそうです.....なんだかな。
→「若い人」製作発表会記事で、1977年東宝映画ラインアップが載っているが、「ゴジラの復活」「新・日本沈没」って何だろか(笑)
→先日、女性自身の百恵さん記事でも取り上げられ、当ブログでも度々話題になる「花の高3トリオ卒業記念植樹」は1977年1月3日に催されたと信じていたのに(記念碑にもそう書かれている)、12月にエキストラまで使って撮影していたとは軽くショックだ(笑)


■1977年:9記事
→「若い人」で淳子さんと吉永小百合さんのツーショット。二人並ぶと姉妹の様です。
→日劇GW公演記事の衣装は、近年の週刊誌で良く見かける「気まぐれヴィーナス」の衣装と同じだ。中野ブラザースとのレッスンシーンは、やはり「スターどっきり」で放送されました。後、発売されたばかりの写真集という行も気になる。そんなモノありましたっけ?
→断髪式を兼ねた「気まぐれヴィーナス」発表会が高輪プリンスホテルと書かれているが、赤坂プリンスホテルの間違いだと思われる。


■1978年:7記事
→NHK「愛1つ、こい5つ」と言う番組には全く聞き覚えが無い。共演の赤塚不二夫さんのコスチュームはバカボンのパパだろうか?これ物凄く観たいのですが(笑)
→「リップスティック」新曲キャンペーンで資生堂の口紅モデルを務めたという記事。淳子さんのアイドル時代の活動記録は散々読み漁ったつもりだったのに、全くの初耳。この様な記事が新たに拝める事に、本書の価値の高さが伺えるというものだ。


■1979年:7記事
→1980年公開の「動乱」のクラインクインが1979年の5月とは意外。高倉健宅に伺うシーンは池袋で撮影されたとか...一応探してみるか(笑)。本編には採用されなかったシーンのスナップもなかなか貴重。
→たびたび財布を盗難されると書かれている記事あり。そう言えば「スターどっきり(この番組の話が多いな)」でも財布盗難をネタに騙された事があったが、普段から同様の事件に逢っていたため、あのドッキリには頭に来たとか。


■1980年:2記事
→「レッツゴーヤング」で披露したと言うウェディングドレス姿。今回最もグッと来た写真だ (´~`ヾ)ポリポリ・・・

■1981年:3記事
■1982年:2記事
■1983年:2記事
■1984年:2記事
■1986年:2記事
→「独眼竜政宗」のキャスティングで、片倉小十郎=滝田栄と書かれている。記者会見のうつむき加減の写真がいい表情。淳子さんの愛姫は本当に良かった。

■1987年:5記事
→現在でも存在すると耳にする「さくら会」の始まりについて書かれた記事あり。

■1988年:3記事
→父君の葬儀の様子はプライベートに関する唯一の記事か。ファン感謝デー直後に女性誌に掲載された記事が出鱈目だったと良く分かる。

■1989年:1記事
■1990年:2記事
■1991年:5記事
→小林桂樹大先生との対談にて「タバコは苦手」と仰っている。そうでしたか、じゃ禁煙するか自分(笑)

■1992年:1記事

レコード大賞(最優秀新人賞、大衆賞)というニュースバリューが高い関連記事が全く掲載されていないが、此処にも権利問題が絡んでいるという事だろうか。
又、1974年のバースデーイベント、初リサイタル、紅白歌合戦初出場等の主要な記事がバッサリ落とされている様な気がします。
新聞社たるもの過去記事を紛失する事は凡そ考えられないため、芸能生活20年をバランス良く取り上げたかったのと、スポニチ65周年に引っ掛けて65記事に収めた結果だろうと推測します。



1973年のレコード大賞最優秀新人賞、1974年の紅白初出場というニュースバリューが高い記事や、1974年のバースデーイベント等のメジャーな記事がバッサリ落とされている様な気がしています。
新聞社たるもの過去の紙面は厳重に保管されていると思われるが、「秘蔵アイドル全集」と銘打っている割に、芸能活動初期の記事が割愛されているのは疑問だ。
今回の書籍化に対し、感謝こそあれ大きな不満は無いものの、初期記事が掲載されなかった疑問を解消すべく(少年期のもう一人のアイドルで、淳子さんよりデビューの古い)小柳ルミ子篇を購入し、淳子篇と照合してみました。
ルミ子さんの方は57記事(PCで267ページ)と淳子さんよりも記事数が少なく、また年次別記事数を数えてみると、デビュー時の1971年が7記事、歌謡大賞受賞の1972年が3記事なのに対し、1973年~1975年がスッポリ抜けており、1976年は6記事という物凄い偏り方。
結局良く分からなかったのですが、スポーツニッポン社では1973年~1974年頃のネガ写真の管理状態が宜しくない等の理由があり、今回の書籍化から見送られた可能性も考えられます。
どなたか森昌子篇を購入して、同様の件を確認して下さいませんかね(笑)


尚、芸能活動に関係する記事のみピックアップされているため(1箇所除く)、1992年の途中でニュースがストップしている。
勿論それで良いのだが、敢えて言うなら昨年のファン感謝デーの記事で締め括られていれば、ドキュメンタリー本としてより深い感銘を享受出来たと思うのですが、その辺は如何でしょうか。

まあ、それらを差し引いても、本書籍が素晴らしい出来であることに相違ありません。
当時の新聞切抜きを収集していた方はには物足りないかも知れないが、そんな人はごく稀ですから、桜田淳子ファンなら購入必至のアイテムだ。
記事の内容もさることながら、この本のためにネガ起こししたと思われる初蔵出しを含む美麗な写真の数々は(多くのファンにとって)大半が初見だと思われますし、735円と言うリーズブルな価格、一度購入すれば複数端末にダウンロードできる利便性、何れを取っても購入を躊躇する理由は無さそうですね。

まだ数ページしか読んでいないが、これからジックリと楽しませて頂きます。


淳子さんにも購入をオススメしたい(笑)
brog345.jpg
この写真は、今回紹介した書籍と全く関係御座いません


1/18現在、紀伊国屋書店で「スポニチ秘蔵アイドル全集」を売れている順番でソートすると淳子さんが1位、さすがです。
 ⇒ 桜田淳子>森昌子>小柳ルミ子>小泉今日子>荻野目洋子>工藤静香>堀ちえみ>早見優


2014/01/03 (Fri) 03:45
桜田淳子出演情報(2014年1月-2014年2月)

→CSの番組を1本追加しました。(2014/1/20記)
→出演有無不明ですが、地上波の注目番組を念のため追加しました(2014/1/15記)
→放送済みの地上波番組を1本追加しました(2014/1/14記)
→オンデマンド番組を1本追加しました(2014/1/13記)
→出演番組を2本追加しました(2014/1/12記)

皆様、あけましておめでとうございます。

全国の桜田淳子ファンを熱狂させた『Thanks40スペシャル~ファン感謝DAY』は既に昨年の出来事となりました。
実際には1ヶ月少々しか経過していないのだから、まだまだ残像が瞼へ強烈に焼き付いてますし、過去の思い出にはしたくありませんね。
一応2014/2/24までは40周年期間と言えますから、ファン的には祝福モードを続けていたい気持ちもあります。

しかしそこをグッと堪え、今年一年を乗り切るための新たなモチベーションを作っていきたいところ。

淳子さん関連商品の発売でも決まれば、再びテンションも上がって行くでしょうが、不確実な事を待ち続けるだけでは能がない。何かを考え、能動的に行動を起こすことで、来年の今頃も「昨年は素晴らしい年だった」と思える様な事の実現に向けて、微力ながらも助力したいと考えています。
又、ブログ関連で言えば、主演映画ロケ地探しも壱段落しそうなため、今後は中断していたアルバムガイドの復活等、音楽面を中心に記事を書きたいとも思っています。

--- 出来るかな(笑)

一方では、過去にUPした記事をリパッケージングするためのサイト移設を検討しており、どこかのタイミングで新しい記事の更新を休止するかも知れません。
或る意味、継続運営の厳しいブログからの逃避とも言えますが、淳子さんの芸能活動記録を掘り起こすスタイルである以上、ブログというフォーマットは不向きだと常々感じてましたので、近い内に何とかしたいと胸三寸に納めていました。

--- 舌先三寸にならない様に気を付けよう(笑)

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

brog337.jpg


それでは、恒例の桜田淳子出演情報へ。

■地上波
テレビ朝日「にっぽん名曲遺産&全国なまりうたトーナメント」
・・・1/1(水)6:00~
→すみません、既に放送済みです。sjghdさんのブログによると、全日本歌謡音楽祭から「しあわせ芝居」のフル歌唱映像が使用されたそうです。写真だけ拝見しましたが、衣装は最もポピュラーな"白地に黒ラインがあしらわれた"ドレスだった模様。テレビ朝日は、毎年元日の午前中にこの手の番組を放送する傾向があるにも拘らず、無念にもスルーしてしまいました。

日本テレビ「月曜から夜ふかし」
・・・1/13日(月)23:59~
→これも後付ですみません。マルベル堂の取材場面で淳子さんのブロマイドが紹介されたそうです。


※他の番組は全く分かりません。例年通り「一番ソングSHOW」や1/17(金)放送の「ミュージックステーションSP」は抑えておいた方が良いかも知れませんが、期待度は低そうです。

日本テレビ「一番ソングSHOW - 大好評企画2連発!伝説のドラマ主題歌 国民総選挙 & 幻のアイドル大捜索!2時間スペシャル」
・・・1/22(水)19:00~
→空振りの予感がしますが、この手の番組は一応抑えておきます。外れたら削除する予定(笑)

→外れ。あの人は今みたいな構成だった...そりゃ出ませんわ(笑)

■BS/CS
日本映画専門チャンネル「花の高2トリオ 初恋時代」
・・・
1/18(土)12:50~、1/20(月)22:30~、1/29(水)11:40~
2/3(月)5:00~、2/6(木)17:30~、2/10(月)11:40~

日本映画専門チャンネル「昌子・淳子・百恵 涙の卒業式 出発」
・・・
1/18(土)16:00~、1/19(日)09:40~、1/24(金)12:30~、1/31(金)20:00~
2/9(日)7:20~、2/10(月)22:40~、2/17(月)11:50~、2/27(木)17:40~

■BS
BSジャパン「昭和は輝いていた~"作詞家・阿久悠"」
・・・1/7(火)21:00~
※shout83さんから情報を頂きました。
※ゲストは岩崎宏美さんと酒井政利さん。オフィシャルホームページにも淳子さんの名前が掲載されていますが、淳子さんの話題が出るか否かは不明。

BSフジ「大奥'83~第40話"消えた女の伝説"」
・・・1/21(火)15:00~
BSフジ「大奥'83~第41話"疑惑の小公女"」
・・・1/22(水)15:00~
※shout83さんから情報を頂きました

BSフジ「ザ・スター リバイバル ~森昌子」
・・・1/18日(土)21:00~
※ファン感謝デーで淳子さんへ楽屋花を贈られた昌子さん。番組内で"花のトリオ"の思い出話もされる様です。


BSジャパン「男はつらいよ 葛飾立志篇」
・・・2/1(土)18:54~


■CS
歌謡ポップスチャンネル「藤井隆の胸キュン!アイドル天国~#5 福田時雄(サンミュージック顧問)」
・・・1/23(木) 22:00~、1/26(日) 19:00~、1/30(木) 22:00~
※当時の映像が多用される番組ではありませんが、ファンイベントにも来賓されたあの福田時雄さんですから、淳子さんのお話は確実にされることでしょう。オフィシャルホームページにも淳子さんの名前が掲載されています。

歌謡ポップスチャンネル「藤井隆の胸キュン!アイドル天国~#7 金谷幹夫(元「明星」編集者)」
・・・2/27(木)
※shout83さんから情報を頂きました
※金谷さんは「アイスルジュンバン」の出版に係わった方で、ファンイベントにも来賓されました。淳子さんと百恵さんのお話を多く語られそうです。


ファミリー劇場「ドリフ大爆笑」#2(曲:あなたのすべて)
・・・1/7(火)8:30~
ファミリー劇場「ドリフ大爆笑」#7(曲:気まぐれヴィーナス)
・・・1/15(水)8:30~
ファミリー劇場「ドリフ大爆笑」#11(総集編)
・・・1/21(火)8:30~
ファミリー劇場「ドリフ大爆笑」#15(曲:追いかけてヨコハマ)
・・・1/27(月)8:30~

時代劇専門チャンネル「独眼竜政宗」#46~#50

・・・1/6(月)~1/10(金)25:00~

日テレプラス「カックラキン大放送」#148
・・・1/12(日)8:30~
※12月に放送された回と同じ。オープニングコント総集編にて数秒間の出演。

ミュージック・グラフィティTV「レコジャケ/桜田淳子編 ~デビュー40周年特集~」

・・・1/8(水)13:30~、1/22(水)16:30~、1/26(日)20:30~
※11月から放送中の番組。「Thanks40」収録曲に合わせて、ブックレットの写真とテロップが映し出される構成。

TBSチャンネル「特別企画ドラマ - 閨閥」
・・・2/16(日)12:20~
※1990年製作のドラマで、CS初放送。shout83さんから情報を頂きました。



■オンデマンド
フジテレビオンデマンド「ニューヨーク恋物語」第1話~第11話
・・・11/30まで配信
※shout83さんから情報を頂きました

TBSオンデマンド「8時だョ!全員集合 #462 1979年3月3日放送」(「少年少女合唱隊」「夫婦コント」「サンタモニカの風」)
・・・12/14まで配信
※既報の#559,#569,#605(昨年6月より配信中)に加え、#462が新たに配信開始



自力で探した新しい番組は余り無いですね(笑)
今回、多くの情報を提供してくださいましたshout83さんには大変感謝しております。

brog343.jpg


P.S.
桜田淳子出演情報(2013年12月-2014年1月)でも取り上げましたBSフジの「ザ・スター・リバイバル」の件。
2014年1月も引き続き、オフィシャルホームページの「みどころ」に掲載された歌手の出演が予定されている様です。

-番組開始から2014年1月までの出演者-
第1回:八代亜紀
第2回:西城秀樹
第3回:五輪真弓
第4回:美空ひばり
第5回:小柳ルミ子
第6回:伊東ゆかり
第7回:野口五郎
第8回:小林旭
第9回:森山良子
第10回予定:森進一
第11回予定:北島三郎
第12回予定:森昌子

-オフシャルHPに氏名掲載された歌手-(●は出演済み、もしくは出演確定)
●美空ひばり
梓みちよ
石川さゆり
五木ひろし
●五輪真弓
●伊東ゆかり
内山田洋とクールファイブ
●北島三郎
●小林旭
●小柳ルミ子
●西城秀樹
桜田淳子
●野口五郎
●森進一
●森昌子
●森山良子
●八代亜紀

これはもう桜田淳子さんの回を放送する気満々ですよね。淳子さんを飛ばしたら逆に不自然。
番組改編期の3月まで後4~5回は放送されるでしょうから、2月以降の当番組に要注目です。


※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。

| ホーム |

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代