音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

45周年企画を実現させよう!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2014/04/23 (Wed) 23:08
休筆中のつぶやき ③

今週土曜日(4/26)は何の日か知ってますか?

給料日翌日でウキウキする日?
いいえ、1975年の松竹映画「スプーン一杯の幸せ」公開記念日です。

来年の4/26で満40周年になるんですね。

その日が来たら、舞台となった「伊豆栄本店」(東京・上野)で"梅村乃里子の会"が催されます。

たった今、決めました(笑)

brog399.jpg

しつこいですが、ただいま休筆中...............


スポンサーサイト

2014/04/19 (Sat) 17:18
休筆中のつぶやき

昨年の事だが、何度かブロクの継続を諦めかけたことがある。
それほど公私に亘って様々な事に悩まされていたのだ。

しかしながら、その度に淳子さんの周辺に動きがあり、私はブログを止めることを躊躇した。
課題を先送りしたままで。

40周年ファン感謝デーという既に伝説になりつつあるイベントが開催された時期に、淳子さん関連のブログを運営し、レポートを書く事まで叶ったのだから、ブログを続けたことに全く後悔は無い。

ただ、今は先送りした課題をクリアするため、自分や家族の事に集中する時期なのだろう。

brog397.jpg
僕もスレスレ


尚、私は現在休筆中の身です。念のため(笑)


2014/04/14 (Mon) 00:51
Keep a distance

萬田久子さんが4/25(金)19:57~に放送される「教訓のススメ」スペシャル(フジテレビ)収録後に、「淳子さん・百恵さん・昌子さんと会いたい」と懇願されたとか。 リンク先「産経ニュース - エンタメ」
.....................いけね、休筆中だった(笑)


桜田淳子さん、お誕生日おめでとうございます。

この1年も充実した良い年であります様、僭越ながら心より願っています。

淳子さんが残してくれた数多くの楽曲は、疲れた心と体を癒してくれる清涼剤。今では私の永遠の宝物になりました。
昨年のファン感謝デー以来、淳子さんの生歌をもう一度聴きたくて聴きたくて仕方なくなっているのですが、そんな切ない気持ちを一生懸命心の奥に押し込めながら、既発の作品群をいつまでも聴き続けることでしょう。

天○誕生日なのに祝日じゃないのが不満だなあ.......(笑)
brog395.jpg

4月の上旬、桜が満開の頃、会社帰りを利用して缶ビール片手に佃公園~月島の散策を楽しんできました。
佃島は、私が現在通っている事業所から徒歩15分くらいの距離。散策の途中、参加されていた50代の方が「ここは"てんつくてん"と言う昔のドラマの舞台だったんだよ。桜田淳子が主演でさー」と語り始めまして。
「む、私が熱心な淳子支持者と知っての狼藉か?」とばかりに、発言の間違いを正した上で、ドラマの事や佃島周辺のロケ事情について蘊蓄を傾けて差し上げました。「天佃天」のモデルになった佃煮「天安」にもお連れして(笑)

このプチ花見に参加された50代の方は全部で4人いらっしゃいましたが、上述の会話のお陰で、なんと3人が元桜田淳子ファンだと判明。私を加えれば、アラウンド50の80%(5人中4人)が淳子さんのファン経験があるという、驚きの超高確率になります。
残りの一人は秋田県出身で、すわ100%か!と期待したものの、何故かこの人だけ全く興味無かったというオチまで付いてきて(笑)
私の仕事場周辺という大変少ないサンプリングではありますが、あの頃の中~高生男子の大半は一度は淳子さんを好きになった事があるのではないかという印象。
その方達は今でも熱心なファンという訳ではありませんが、昨年11/26の博品館イベント開催を後のニュースで知り、行きたかったと思われたそうですから、彼らも現代の「隠れ淳子」なのかも知れませんね。
ファン感謝デーは少なくとも3,000人くらいの応募があったと思われます。もし大々的に告知され、誰でも申し込み可能であれば、きっと武道館だって満員御礼に出来たに違いない。
「そうして下されば良かったのに」と言っているのでは決してなく、今を以て偉大なスターである事を改めて実感していると言うことです。

brog396.jpg

さて、我が人生の重要な課題をクリアしなくてはならない時期が近付いて参りましたので、ファン界から少し距離を置いて、当ブログも暫く休載します。

いつ復帰できるかは、私の心がけ次第ですかね(笑)


2014/04/01 (Tue) 01:36
桜田淳子出演情報(2014年4月-2014年5月)

映画の放送予定を追加(4/8)
諸々加筆(4/5)

1982年から続いていた長寿番組「笑っていいとも!」が遂に終了しました。
「ヤン坊マー坊天気予報」もそうですが、普段は観なくなって久しいのに、いざ終了するとなると何だか淋しいものです。

20:00からのグランドフィナーレについては、初期の放送を中心に観ていた者としてはもう少し振り返りがあっても良かったのではと思いましたが、32年間に亘り放送されたこの膨大な映像をフジテレビさんが今後どの様に活用されるのか興味はあります。
オールドファンにしてみれば第1回目からの再放送などあれば嬉しいですが、放送回数8000以上で絢爛豪華なゲスト陣じゃさすがに無理ですかね。
いずれ「笑っていいとも!DVD-BOX」発売なども想像出来ますが、タモリさんは過去映像の使用に厳しそうだからそれも無いのかな。

--
さて、2014年4月~5月の桜田淳子さん出演番組放送予定。

■地上波

不明
⇒チェックしておいた方が良さそうな番組としては、テレビ朝日「伝説のアイドルから歌姫まで 不滅の歌謡曲」・・・4/4(金)19:00~、TBS「あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル」・・・4/3(木)19:00~。
もう皆さんご存知でしょうけど、前者で淳子さんの映像が取り上げられる可能性は高そうです。

前者は期待通りに淳子さんの映像が使用され素晴らしかった。
日本歌謡大賞新人賞「わたしの青い鳥」(1973年)、スポニチクリエイツ所蔵の芸能ニュースから15歳時のバースディーパーティ映像(1973年)、カンコー学生服CM東海大学編短縮バージョン(1976年)の3つ。バースディーパーティのニュース映像が放送されるのは、近年では大変珍しいと思われます。
私もかつて拝見した同映像で最も長尺だったし、美麗な画質で非常に良かった。後一週間もすれば淳子さんの誕生日ですが、テレ朝さん気が利いてますね(笑)。他にも、沢田研二さんの歌謡大賞受賞シーン(1973年)の後方でチラリと。

後者の番組では、佐良直美さん紅白歌唱シーンの背景で少し姿が見れる程度に留まりました。


■BS
NHK-BSプレミアム
「独眼竜政宗」・・・4月5日(土)より毎週土曜日 18:00~
⇒CSでは良く放送するこのドラマをNHKが再放送するのはいつ以来でしょうか。尚、淳子さんの登場は第8回から。

BS11
「お引越し」・・・4月20日(日) 20:00~



■CS
ファミリー劇場
「ドリフ大爆笑」#15(曲:追いかけてヨコハマ)・・・4/1(火)18:00~
「ドリフ大爆笑」#34(曲:美しい夏)・・・4/13(日)22:30~
「ドリフ大爆笑」#24(曲:サンタモニカの風)・・・4/16(水)18:00~
「ドリフ大爆笑」#36(曲:夕暮れはラブソング)・・・4/20(日)22:30~
「ドリフ大爆笑」#26(曲:歌:MISS KISS)・・・4/21(月)18:00~
「ドリフ大爆笑」#27(曲:パーティ・イズ・オーバー)・・・4/22(火)18:00~
「ドリフ大爆笑」#30(総集編)・・・4/28(月)18:00~

東映チャンネル
「オーロラの下で」(1990年 東映)・・・4/6日(日)16:00~、4/18日(金)13:00~

brog389.jpg

■番外
チャンネルNECO
「嗚呼!!花の応援団」(1976年 日活)・・・5月放送
⇒劇中、自転車に乗って「夏にご用心」を歌う女性が通り過ぎるシーンあり。

東映チャンネル
「探偵物語」第3話 - "危険を買う男" ・・・5/11日(日) 4:00~、5/17(土)9:00~
⇒劇中、オカマバーのBGMに「MISS KISS」が使用されているらしい。一昨年天くちさんにご教示頂いた情報ですが、この機会に確認させて頂きます。


WOWOW
「同胞(はらから)」(1975年 松竹)・・・4/24(木)10:45~
⇒3月にも放送されましたので、拝見させて頂きました。
農村地帯に住む若者の苦悩や団結する姿を過疎化問題を絡めながら描いた作品ですが、舞台となった松尾村で実際に起こった話がモチーフとなっており、実在の青年会・劇団がこの映画のために再会して山田洋次監督の元で創り上げた作品なんだそうです。映画のクライマックスで描かれる公演成功時の高揚感と全てが終わった後の寂寥感は、演技では無い何かを感じ取れますね。
1975年当時の淳子さんが「感激した」と仰っていたのも、なんとなく解る様な気がします。東北が舞台で、親の反対を押して上京する娘、その娘を想う親心、公演を開催するまでの辛いプロセス、全てを出し切った後の充実した気分。
淳子さんにとって共感する場面が幾つもあったに違いありません。
brog390.jpg

尚、淳子ファンが気になる例のシーン。
本作の登場人物の一人である忠治(赤塚真人)が淳子さんのファンという設定らしく、彼をひやかす「桜田淳子出ねえってよ」というセリフは割と早い段階で聴けます。
観てしまえばアッと言う間の事で、その後は真剣にストーリーを追うだけだなと思いきや................................おっと、あんなところにも。私は少し笑ってしまったのですが(失礼)、この演出に淳子さんは気がつかれていたでしょうか?

映画の中で淳子さんが何か言ってます(笑)
⇒物語中盤、劇団の公演主宰を決めた青年団の連中が忠治の店に集うシーン。店の壁には淳子さんのポスターが貼られており、手製の吹き出しにより「忠治さん ガンバッテネ!! 淳子のお願い」と言わされています(笑)
brog393.jpg

P.S.
sjghdさんのブログで既報ですが、昨年に引き続き、4/28(月)と5/1(木)に「愛の嵐の中で」(1978年 東宝)が都内で上映されることになりました(この5年で3度目の上映)。
以前、ある雑誌で「上映も商品化も難しい」と小谷監督は仰ってましたが、それ本当なんですかね(笑)
アイドル映画としてだけでなく、岸田森氏や田中邦衛氏の怪演技がウケているらしく、今では映画マニア人気が高い模様。

この作品は都内ロケが多いから色々探し甲斐があるんですよ。名画座も良いですが、早く商品化されないですかねえ.....

シネマヴェーラ渋谷 - 岸田森特集


※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。

| ホーム |

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代