音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

45周年企画を実現させよう!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2016/05/22 (Sun) 02:20
桜田淳子映画ロケ地ガイド (スプーン一杯の幸せ) ミニ

直近の「若い人」から遡り、再び「スプーン一杯の幸せ」(1975年 松竹)のロケ紹介。

blog_spoon_500-1.jpg

ここまでブログ掲載のタイミングを失っていた場所を、次作品へ進む前にスッキリと公開しておこうと思い、今回の記事と相成った次第です。

① 物語のエンディング。梅村乃里子(桜田淳子)とバトミントン部一同がランニングするシーンのファーストカット。
blog_spoon_501-1.jpg

② 場所は、文京区本郷2丁目の"大横丁商店街"近く。今でも「ひとり歩き」のイントロが聴こえてきそうな風情を保ってますね。
後楽園球場方面に向かって走っていた様ですが、最終到着地である上野公園と逆方向を進んでます..........まあいいけど(笑)。
blog_spoon_502-1.jpg

③ ①のカットからズームインし、捉えられる乃里子一同の姿。
blog_spoon_503-1.jpg

④ ③の現在写真。同じ様な色形の車が路駐していますが、41年間放置されているんですかね(笑)
blog_spoon_505-2.jpg

⑤ 乃里子たちが走る"大横丁商店街"は、映像ではハッキリと映し出されません。
一応、現在の風景を撮ってみたのですが、映像の向かって左側に映る「洋品の店 ハシムラ(映像では"洋品の店 ハシ"までしか確認できない)」は、「洋品の店 じゅん」と前を店名を変えて営業していると見られます。
blog_spoon_506-2.jpg
淳子さんが通ったことにより、店名が「じゅん」に変わってしまったのでしょうかね。
さすが凄い影響力ですね。





blog_spoon_508-1.jpg
そんな訳ないでしょ!


では次回、「愛情の設計」編で。


※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。


スポンサーサイト

2016/05/07 (Sat) 17:03
アメリカン・パトロール

「佃の渡し駒形ドジョウ柴又帝釈天~♪」というフレーズが頭の中から離れない日々が続いたりするのは私だけかも知れませんが、皆様におかれましては、GWの終盤を如何お過ごしでしょうか。

私メ(誰の口癖でしょ)は、当ブログでやんわりと予告した通り、5/4(水)に「江波恵子の会 - 東京地区」を遂行して参りました。

江波恵子の会と銘打ちながら、辿った場所といえば、
 ・文京区の某神社(「若い人」「玉ねぎむいたら・・・」ロケ地)
 ・柴又ハイカラ横丁
 ・柴又帝釈天門前参道商店街(「男はつらいよ・葛飾立志篇」ロケ地)
 ・高木屋老舗(男はつらいよシリーズ「とらや/くるまや」モデル店)
 ・帝釈天
 ・荒川土手(「男はつらいよ・葛飾立志篇」ロケ地)
 ・日比谷シャンテ・合歓の広場(桜田淳子さん手形プレート)
 ・銀座・スズキフロリスト(「ゴミが捨てられない」ロケ地)
 ・銀座・Ms.REIKO(「ゴミが捨てられない」ロケ地)
 ・銀座・丸源第15ビル(「花の高2トリオ・初恋時代」ロケ地)
 ・銀座・博品館(Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY 開催地)
といった感じで、「若い人」は大して関係無かったり。
もっとも只のオヤジの飲み歩きだったという説もありますが、連休中だし、それもまた良いじゃないかってことで(笑)

柴又ハイカラ横丁では、マルベル堂のプロマイドが販売されていましたが、淳子さんは「男はつらいよ」マドンナシリーズのコーナーに陳列されていたのが印象的だった。如何にも土地柄的な発想ですが、本当のマドンナだった樫山さんの立場は......

blog_567-1.jpg

博品館を訪れたのは、2013.11.26以来のこと。
あの時の思い出を噛みしめる様にビルの周辺や屋内を彷徨って参りましたが、裏口を盛んに撮影していたせいで、関係者に「何してんだ?」と言わんばかりの冷たい視線を浴びる始末です(笑)。

残念だったのは、銀座Ms.REIKOが閉店(厳密には代官山へ移転)し、店内が空洞化していたこと。
またひとつ淳子さん由縁の場所が失われたことになりますが、1990年の作品ですらこの様な状況ですから70年代なら言わずもかな。営業に支障があるといけないので何処かは言えませんが、他にも老朽化が目立つ建物があり、将来の存続が大変懸念されました。

縁の地紹介のためだけに本ブログを始めた訳ではありませんが、最近ロケ場所関連記事しか書かないのはピッチを上げて調査・訪問しないと、撮影に使用された建物が失われてしまう危機感を強く持っているからに他なりません。

blog_563-1.jpg

さて、約4年間に亘り「葛飾立志篇」から「若い人」までのロケ地紹介をしてきた訳ですが、掲載し損なった場所が少し残っております。
新たな作品へ突入する前に、さらっと紹介しておきましょう。

■東京山手教会(渋谷)
「若い人」のラスト、卒業式のシーンで使用された教会がコチラです。勿論潜入捜査を試みるつもりだったのですが、やっぱり勇気が無く.....敢え無く.撃沈。
blog_565-1.jpg

■謎の歩道
たまには現在写真のみ掲載するというのも乙なものかと(笑)
下記の写真は、どの作品のどのシーンで使用された場所かお判りになるでしょうか?
blog_566.jpg

正解は.........................





blog_568.jpg
貴方の心の赴くままに(笑)



※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。




| ホーム |

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代