音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

2017年4月7日 - 「スクリーン・ミュージックの宴」開演!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2017/02/01 (Wed) 22:41
桜田淳子 IN 博品館 AGAIN

最近は本業が余りにも多忙なため、ブログの方はほとんど休載モードだったのですが、気がついてみれば今年初の更新。
皆さま、あけましておめでとうございます(笑)

こんな状態にも関わらず、今日は久しぶりにアクセス数が多かった。ファンブログを標榜するなら何か書けよってことですか?(笑)

皆さまご存知の通り、4/7(金)銀座博品館において、桜田淳子さんが再びステージで歌を披露されることになりました。
まだ「予定」の段階らしいので、安心できませんけど。

今回は前触れが何も無かったので、さすがに意表を突かれましたが、2013年のファン感謝DAY開催の報を知った時に比べれば、幾分落ち着いて受け止めることができました。
一昨年、銀座駅で「おすぎとピーコ」のピーコさんが淳子さんと遭遇した際、「いま唄歌ってるの?」の尋ねたら、「うーん、少しずつ」と答えられたと聞く。やはり淳子さんはファンの前で歌っていたいのだなあとその時感じたものですが、間もなく実現できそうで本当に良かった。

brog579-1.jpg

今回は単独イベントではなく、「スクリーン・ミュージックの宴」というコンサートでの特別ゲスト。
名作洋画のテーマ曲を、ピアノやバイオリンで演奏する趣向らしいですが、本来であれば淳子さんとの関連性はあまりなさそうです。プロデューサーの増田久雄さんが制作した「欽ちゃんのシネマジャック(1993年東宝)」に淳子さんが関わったことが今回のゲスト出演に繋がったそうですが、その映画に出演されてましたっけ?
個人的は、日本人メジャーリーガー第一号のマッシー村上さんがゲスト出演されることにも興味をそそられます(笑)

気になる楽曲は、ファン感謝DAYでも披露された「アニーを銃をとれ」から選曲されそうですが、スクリーンミュージックなのだから、「ひとり歩き」「初恋時代」「白い少女のバラード」「若い人のテーマ」あたりも候補として如何でしょうか> 淳子さん。
ちょっと毛色が違うかな?

今回はファン以外の聴衆の面前でも歌うことになる淳子さん。
きっと相当な勇気がいることでしょう。
博品館はキャパシティがわずか381席の小さな箱。
その小さな箱を、桜田淳子ファンで埋め尽くそうじゃありませんか。




もしかしたら、かつて水面下で動いていた或る企画の再始動があるのかも...と期待は勝手に膨むばかり。



※2017/2/4追記
チケットは無事入手できました。"特別ゲスト:桜田淳子"の文字が眩しく映える。
しかしながら、またしても後方めの列。

brog580.jpg

うーむ.........今回もちっちゃい淳子さんか。



尚、2010年に開催された同コンサートの映像が動画サイトにUPされていました。ご参考までに。




※2017/2/6追記
2016年開催時の様子はCD化されているじゃないですか!

スクリーンミュージックの宴
スクリーンミュージックの宴


※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。

スポンサーサイト

| ホーム |

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代