音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

45周年企画を実現させよう!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2017/04/14 (Fri) 23:22
永遠に忘れえぬ四月の記憶

4/14は言わずと知れた桜田淳子さんの生誕日。今年も心から祝福させて頂きます。

又、4/7『スクリーン・ミュージックの宴 with ピアニスター・HIROSHI』で見せてくださった素晴らしいステージに、改めて感謝申し上げます。コンサート御出演と一週間後の誕生日と、ファンにとっては忘れ難い4月となりました。

brog593-1.jpg

あれから1週間経過したが、今も「朝に太陽、夜には月」「ショウほど素敵な商売はない」「化粧」などが頭の中を駆け巡っており、切ない気分と幸福だった記憶との葛藤に姥貝ている。
2013年のファン感謝DAYでも披露された「アニーは銃をとれ」メドレーは、今度も「さすが」と唸らせるものだった。
昔から定評があったが、淳子さんの声量がこんなに凄いのかということも改めて認識。

「自然のままに」では、「玉ねぎむいたら・・・」の小浪を彷彿させる男勝りで元気なキャラクターが再現された。得意の巻き舌は江戸っ子風でもあり、これが淳子さんにしか出来ないアニー・オークリーなのだろうか。
「当ったり前のことさ」「そんなこと決まってらい」のフレーズでは、やや遠慮がちに手を振りかざし、ちょっぴり含羞んだ笑顔の淳子さんがまた良いではないか。

「朝に太陽、夜には月」......79年の名唱"イッツ・オンリー・ア・ペーパー・ムーン"でも分るように、この人は昔からミドルテンポなジャズナンバーのリズム感がピタリと合う。とても上手い。

- そしてここからが凄かった -

しっとりと歌いあげられた「恋はすばらしい」から、いつの間にか「ショウほど素敵な商売はない」へ曲が移行。スローバラード風な歌い出しから徐々にテンポが速くなり、後半は畳み掛けるように左手でベース音を入れてくるピアニスター氏と、手拍子と弾むような歌唱で応酬する淳子さん。
二人のコラボレーションはこの時最高潮を迎え、鳥肌立てて観ていたのは私だけじゃあるまい。

このメドレーを唄う時の淳子さんは、本当に楽しそうである。
本来であればファン感謝DAYの時のように、舞台の隅まで動き回りながら歌い踊りたかったのでは無いかと慮るが、後方にピアノが置かれていたため、今回は声と表情の豊かさを駆使して表現されたようにも感じた。
80年代のステージを鑑賞された方は、当時の姿がダブって見えたのか、それとも大人に成長して振舞の落ち着いたアニーを感じ取ったのか、どちらだったのだろうか?

私は「アニーよ銃をとれ」を鑑賞できる機会はあったのに、それをしなかったことを強く後悔している。出来ることならば、ビッグバンドを従えて唄う生の姿を一度観てみたいと願わずにいられません。

brog596-1.jpg

そして、サプライズプレゼントとして披露された「化粧」。

今回鑑賞された皆さん、口を揃えて絶賛されておられるようだ。
歌手休業後の83年以降、表舞台でこの曲を披露されたことは無いと記憶する。20数年も歌っていないのだから、当時の歌唱を知っている私に一瞬不安が過ったのだが、それは全くの杞憂だった。

歌詞の世界を語るように唄う淳子さんが素晴らしい。語っているのではなく、"語るように"だ。
このニュアンスが判って頂けるだろうか?

歌手で10年、女優で10年。常にスターとして実績を積んできた彼女だからこそ成しえる表現力。
かつて歌った「化粧」とは少し違う、今現在を生きる淳子さんの「化粧」がそこにあった。

曲の展開に合わせながら、情感たっぷりに表情が変化し、そしてその表情は声にも乗り移る。
スポットライトは効果的に淳子さんを照らし出し、場内は「化粧」の世界一色に染まっていた。

「馬鹿だね、馬鹿だね、馬鹿だね、あたし。愛して欲しいと思ってたなんて」、感極まった表情で何度も繰り返されるフレーズ。
何を想いながら歌われていたかを知る術はない。しかし私には、恋愛物語の主人公を演じているようには思えなかった。

こんな私を愛してくださってありがとう....

観客席で見守るファンに向かって、そんなメッセージを伝えているように聴こえていた。

歌い終わると同時に照明が落ちてエピローグが示された時、夢見心地で聴いていた私は現実世界に引き戻される。そして、素晴らしい歌を披露してくださったことへ感謝の気持ちを込め、精一杯の拍手を淳子さんに届けていた。

3年半前のステージは、衣装や披露した歌、話されたエピソード等から、70年~80年初頭に芸能界に君臨した"アイドル・歌手"桜田淳子の再現が色濃かった。
しかし今回は、舞台や映画で活躍した"女優"の桜田淳子であり、母親として20年以上の時を経、表現者として更なる深みを増した桜田淳子が魅せるステージだったのではなかろうか。

brog595-1.jpg


過熱したマスコミ報道もそろそろ収束する頃でしょう。もう平穏な生活に無事戻られただろうか。

いつの日かステージ上で躍動する淳子さんに再開したい。
そんな気持ちをグッと胸の奥に押し込めて、2017年の4月を永遠に忘れない記憶とし、今ここに刻みます。



※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。


スポンサーサイト

2017/04/08 (Sat) 07:46
4.7 アニー・オークリーが還ってきた日ドキュメント

先の記事で予告していました通り、昨日4/7『スクリーン・ミュージックの宴 with ピアニスター・HIROSHI』 を鑑賞して参りましたので、レポートしてみます。

前回(2013/11/26)もそうでしたが、閉演後に(初めてお会いする)ファンの方々と打ち上げに行く習性があるため(笑)、すっかり情報が拡散した頃に記事をUPする始末..........という訳で、私が書く意味は余り無い気がしてますが、これでもファンブログとして極々僅かな方に認知はされているようなので、一応通過儀礼と言うことで。

brog587-1.jpg

最も強く感じたことを最初に述べます。
今回のイベントは、桜田淳子さんも共演者の方々も我々ファンも、ごく自然にスクリーンミュージックを楽しむ空間でありました。
何故か2013年のファン感謝DAYよりも注目度が上がった今回ですが、ここ数日の芸能マスコミの喧騒など、まるで何もなかったかの如く。


私が博品館に到着したのは18:00頃。
予想通り、桜田淳子さんの出待及び参加者インタビューを狙うマスコミが沢山待機中でした。
会場入りする淳子さんを狙って早い時間から待ち構えていたようだし、まあご苦労なこってす。

インタビューに申し込まれない様、目立たないように建物に入り、いざ8Fの劇場へ。
ロビーでは既に来場者でごった返しており、熱気はムンムン。淳子さんら出演者サイン入りのポスターが販売されていたようですが、出遅れて入手できませんでした...残念。旧知の方数人と挨拶した後、ほどなく観客席へ。

観客席を一望してみましたが、やはり年配の方がほとんどでした。演奏される映画音楽も古いものが多い事もあるでしょうが、やっぱりこの日のお目当ては桜田淳子さんで間違いない雰囲気。
2013年を経験した方が(おそらく)多かったことや、知人と一緒に鑑賞可能だったこと等の理由からか、ファン感謝DAY程の緊張感は、皆さん無かったようですね。

brog589.jpg

--18:30 開演--

まずは、本コンサートの主役であるピアニスター・HIROSHI氏のソロ演奏から。もうご存知かと思いますが、映画の名シーンを映像をバックに演奏するという趣向です。

・タラのテーマ
・太陽がいっぱい
・エデンの東

この後、司会の津島令子さんと増田久雄さんが登場し、イベントの主旨もほどほどに、ピアニスター・HIROSHI氏を紹介。
続いて、「特別ゲストとして桜田淳子さんが後ほど登場されるので、暫く我慢してお待ちくださいね」と一言発した瞬間、観客から大きな拍手が。

でも、我慢って(笑)

その我慢の時間は約50分くらいだったでしょうか?いや、退屈では決してありませんでしたよ。

・オードリーヘップバーン主演映画から3曲
・ニューシネマパラダイス
・エマニエル夫人

「踊りあかそう」は、このイベントの常連出演者と思われるアマリア・ネクラエシュさんやアマービレという3人組のコーラスグループがボーカルを担当。いずれも歌唱力抜群で、ちょっと聴き惚れてしまった。この後登場予定の淳子さんはやり難くないだろうかと要らぬ心配も。
又、エマニエル夫人の映像は遠慮がちなものでは決してなく、親と一緒にテレビでラブシーンを観て気まずくなった子供の頃を思い出しました(笑)

・シェーン
・黄色いリボン

増田さんが「黄色いリボンは皆さんご存知の...」と解説された時、淳子さんの歌を想像したのは私だけではないですよね。
そろそろ、淳子さんの登場を待ちきれなくなり始めたころ、タイミング良く司会の方からその旨を発言。
まずは増田久雄さんが、淳子さんの出演に至った経緯を話された。
以前より何度もマスコミに語っていらっしゃることと大きな相違はないけど、「ショウほど素敵な商売はないがやりたかった」→「この曲はアニーを銃をとれの主題歌」→「アニーといえば桜田淳子さん」という想いから、オファーをだされたそうである。

brog588-1.jpg

さあ、ここでいよいよ桜田淳子さんが舞台袖から大登場!
ひときわ大きな拍手と「淳子ちゃん」コールの嵐に、淳子さんも胸を手で押さえて感激している様子だ。
衣装はもうマスコミで報じられているので説明不要でしょうが(博品館を後にする写真が舞台衣装そのものです)、自前と思わしき衣装は、美しい貴婦人といった印象がありましたね。

3年前半と変わらない、いや20数年前から観ても大変ゆっくりと年齢を重ねた感じの淳子さんが目の前に佇んでいる。
観客の目はもう釘付け状態で、皆さん目がハート形になっているのを私は見逃しませんでした(笑)
おっと、自分もハート形の目に変えて淳子さんに集中しなくては。


「それでは宜しくお願いします」と司会者に簡単な挨拶をされた後、いきなりのパフォーマンススタートだ。
他の曲と異なり、この時ばかりはスクリーンが天井に消えていく。
舞台構成さんは良く分かってますよね。アニーの映画場面を流したところで、全員淳子さんしか見ませんから。

ピアニスター氏の即興と思われる「わたしの青い鳥」の旋律から始まり、淳子さんが人差し指を茶目っ気たっぷりに左右に振り始めたため、まさかそれを唄うのかと一瞬ドキドキしましたが、やはり数日前に公表された通りの「アニーは銃をとれ」メドレーです。
前々回記事に書いた私の予想は大外れですが、もう全然OK。


・Doin' What Comes Natur'lly(自然のままに)
・I Got The Sun In The Morning(朝に太陽、夜には月)
・They Say It's Wonderful(恋はすばらしい)
・There's No Business Like Show Business(ショウほど素敵な商売はない)


さすがは舞台やテレビで何度も披露され、3年半前も歌われた淳子さん得意のナンバー。アイドル歌手時代とは一味違う、ミュージカルで育まれた歌唱力は聞く者を魅了する。
誰でしょ?「歌唱力はそんなになかった」とテレビで宣った御仁は。
歌も良いですが、その曲調に併せて豊かに変わっていく表情にも目を奪われる。女優さんなんですよね、やっぱり。
アマリアさんたちの歌唱力は確かに凄いのだけど、淳子さんとの違いはそこではなかろうか。

「アニーが忘れらません」と嬉しそうに仰った表情も印象的でした。

上述の4曲のあと、増田さんから御水の差し入れ。「喉がからっから」「こんなに緊張するのは久しぶり」と仰る淳子さん。
ご自分で仰った通り、今回の淳子さんは非常に緊張度が高いように我々の目にも映った。
今回がソロイベントでは無いことが一番の不安要素だったのでしょうね、きっと。

「増田さんにこの場にお招きいただいこと感謝しております」
「娘から、友達のお母さんのチケット何とかならない?と頼まれたけど、お母さんにはできないわと断りました(笑)」
「ママ友、元マネージャー、業界でお世話になった人達がぜひ見たいとゲネプロに集まって、リハーサルの歌を聴いてもらいました」
「沢山の方に集まって頂いてありがとうございます。おそらく桜田淳子はどのくらい年を取ったのかという興味があったんだと思いますけど(笑)」

そしてお待ちかねのサプライズ・プレゼント。今回は無いかもと諦めていた持ち歌の披露である。
ピアニスター氏とリハーサルを重ねつつ、彼はドリフとのダメな女コントが好きだったなど昔話が弾む中で、この曲を皆さんにご披露されたらと背中を押されたそうだ。

「化粧」と淳子さんから曲名が発せられた時、ウォーと地鳴りのような歓声。
静かな歌い出し、そして徐々に感情を込めて歌われるその姿に感動する観客。淳子さん自身も泣いていたと言う方がいらっしゃいましたが、私には分からなかった。参加された他の方の目にはどう映ったでしょうか?

brog590-1.jpg

--第二部--
ここで15分の休憩が入り、多くの観客が一旦退室。淳子さんの出番が終わったので、皆さん帰ったりして・・・と冗談交じりに隣の方と話していたが、9割以上は戻ってきたかな(笑) 戻ってこなかった方は、おそらく出待スタンバイに入ったのでしょう。

・2001年宇宙の旅
・アナスタシア
・めぐり逢い
・わたしを野球に連れてって

「わたしを野球につれてって」は、マッシー村上氏が歌うのかと思いきや、アマービレの皆さんが担当。マッシーさんはこの後登場し、メジャーリーガーになった経緯等をお話しされるのみでした。

続くピアニスター氏のコーナーは、観客の尻取りからリクエストを募って即興演奏するという趣向。
尚、淳子さんの曲からは「追いかけてヨコハマ」「窓」「美しい夏」が上がったが、「追いかけて~」以外は曲を知らないということで却下されてました(笑)
知っている曲であれば、まるで鼻歌を唄うようにピアノ演奏する特殊スキルは圧巻でしたね。これがこの方の十八番だったと認識。
その他、モダンタイムスとスーダラ節をミックスアレンジした曲を演奏する等、主役を淳子さんに奪われそうになっていた氏の面目躍如といったところでしょうか?

・雨にぬれても
・大脱走マーチ

ラストの1曲は「愛と青春の旅立ち」。アマリアさん、アマービレ、バイオリニスとの岡部さんらが再登場したのだが、なんと淳子さんもお別れの挨拶のため再びステージへ。
「皆さんまた淳子さんにお会いしたいですよね」という増田さんの呼びかけに皆さん大喝采。
マイク越しには何も語られなかったが、淳子さんも満面の笑顔だ。この笑顔が見れるから、ファンは何度も足を運びたくなるのである。
何名かのファンからプレゼントを受け取り、ここで淳子さんは本当に退場されました。

ファンにとっては永遠のアイドルであり、素晴らしきエンターティナーであることを又しても証明した淳子さん。
この偉大なる才能が世に出てくることを阻止する勢力が存在することが残念でなりません。
これで最後だなんて思いたくもないが、今日のこの日のステージを、ファン感謝DAYの時と同じく一生忘れれ得ぬよう、深く心に刻んで帰ります。

桜田淳子さん、今回も本当にありがとうございました..................そして、お疲れさまでした。
我々ファンは、明日から淳子ロスの憂鬱と闘いながらも、前向きに自分の生活を歩んでまいります。


P.S
閉演後、SAL・JBA・さなえの会のメンバ数人の打ち上げに、私も参加させていただきました。
日中に淳子さんが博品館入りする際に、女性二人が握手を求めたと報道されましたが、それが上記SALの方だとか(笑)
報道じゃ困惑していたとも書かれていたが、実際は久しぶりだねーと心良く応対してくださったそうだ。
アイドル全盛期の貴重なお話や、此処じゃ書けそうにない内緒話も聞かせて頂き、大変勉強になります。
SALやJBAの方というのは、単なるファン気質だけでなく、同じ時代を共有した仲間意識が強いのでしょうね。
愛があるからこそ言える厳しい意見もあり、なかなか有意義な時間を過ごさせて頂きました。

又の機会がございましたら、宜しくお願いします。


brog592-1.jpg


アニー・メドレーが頭の中から離れず、徹夜で記事を書いたThin_Androidでした。



※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。

| ホーム |

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代