音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

45周年企画を実現させよう!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2012/07/28 (Sat) 17:23
潮騒はドラゴンへの道

カミングアウト記事にも書きましたが、私は桜田淳子主演映画を、当時は劇場で観たことはありません(後年、叶いますが)。それなのに何故か山口百恵主演の「潮騒」は観にいっております。

本当は百恵ファンだったんじゃないの?

という事はまったくありませんで、同時上映の「最後のブルース・リー/ドラゴンへの道」が観たかったんであります。当時の男子なら誰でもあこがれたブルース・リーの最後の主演作?これはぜったい観にいかねばと、同嗜好のイトコと一緒に映画館へ。しかし「ドラ道」より先に「潮騒」を最後まで鑑賞しなくてはならないのでした。

あの当時、映画は大体二本立てだった様に思いますが、何故「ドラ道」と「潮騒」がカップリングされたのか?

はっきりは、わかりませんが、
 ・地元には東宝系、東映系、洋画系の三つの映画館しか無かった
 ・東宝東和配給の映画は東宝系で公開していたが、大都市の上映が終わるまで数ヶ月待たされた
 ・少ない映画館で上映する作品をやりくりしていたので、時々変なカップリングになる
という理由などが推測されます。

地方では、他にも「ドラゴン怒りの鉄拳」には、女性ヌード満載の「空手アマゾネス」。「スター・ウォーズ」には、気色悪い「マニトウ」。「未知との遭遇」には、おっかない「サスペリア2」とか...もう勘弁してくれ的なカップリング満載でしたよ(笑)

松竹の映画などは、東宝系の劇場を借りて上映しておりましたので、「男はつらいよ」とその併映作品しか観る機会は無く、淳子ちゃんの「スプーン一杯の幸せ」「遺書・白い少女」などは、雑誌の情報だけで我慢するしかありませんでした。
そういえば、75年春に日劇で開催された「ひとり歩き/桜田淳子ショー」内でも「潮騒」上映したらしいですが(パンフにも書いてあるので間違いないでしょう)..幾ら日劇とは言え、そこは「スプーン一杯の幸せ」じゃないのか?

話を戻しますが、ブルース・リーが待ちどうしく、百恵さんにさほど興味がない私は、「潮騒」を観るのがちょっと苦痛で、ストーリーなど全く頭に入らなかったんですが、どういう訳が「焚き火のラブシーン」だけはしっかりインプットして帰りました。
昨年、BSで「潮騒」を放送していたので、そのシーンだけ(笑)、観直したんですが、16才の百恵さん、結構大胆だったんですね。このシーンに怒ったファンが、何かの事件を起こしたらしいですが、気持ち判らんでもないです。

尚、「潮騒」の(地方以外の)真の併映は、和田アキ子主演の「お姐ちゃんお手やわらかに」です、ハイ。

brog10.jpg

ドラゴンへの道 デジタル・リマスター版 [DVD]ドラゴンへの道 デジタル・リマスター版 [DVD]
(2005/06/24)
ブルース・リー、ノラ・ミャオ 他

商品詳細を見る

潮騒 [DVD]潮騒 [DVD]
(2000/10/25)
山口百恵、三浦友和 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

<< 劇場で観る 桜田淳子主演映画 | ホーム | ファン歴カミングアウト(最終回) >>

コメント

映画館は.....

そうですか〜ブルース・リーファンでしたか、どこまでも気が合いますね。
ノラ・ミャオも好きでした。誰も解らないでしょうが(笑)

閉所恐怖症だったのか閉じ込められる感じがして映画館という場所がとても嫌いで、学校卒業までの間に1回くらいしか行った事がありませんでした。
私が観に行った初アイドルものはと言うと当時好きだった原田知世ちゃんの「時をかける少女」。必死の覚悟で行きました(笑)
1983年にようやく映画館デビュー。
でもやはり苦手です、いまでも映画館。

Re: 映画館は.....

こんばんは。

知世さんは私も贔屓にしていました。確かに気が合いますね。
でも、ノラ・ミャオは違うんですねー。いずれブログに書きますが。

私は、映画館を憩いの場にするほど好きな頃がありましたね。
最近はたまにしか行かなくなりましたけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代