音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

2017年4月7日 - 「スクリーン・ミュージックの宴」開演!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/09/28 (Sat) 03:27
「Thanks 40 ~青い鳥たちへ」スペシャルDVD収録映像リスト

10/23発売「Thanks 40 ~青い鳥たちへ」スペシャルDVDの内容が公開されています。

詳細はコチラ → 桜田 淳子|Victor Entertainment


まずは「天使も夢みる」プロモーション映像×2、「天使の初恋」プロモーション映像に惹かれました。
放映当時以降は絶対観たことのない、アーリー淳子ちゃんのウルトラ貴重映像に間違い無いですから、期待が高まるというもの。
そもそも私は、この様なニュース映像の類が非常に好きだということもありまして、いつの日かスポニチクリエイツ社に映像を借りようかと本気で思っていたくらいなので(笑)、待った甲斐がありました。

しかし、アルバムテーマでもある「わたしの青い鳥」がニュース映像ONLYというは意外でしたね。
全員集合の映像が残っていないのか、或いは散々既出のレコ大新人賞映像をわざと外したのか?
(※失礼しました。この曲での全員集合への出演は無かった様です。又、レコ大は権利関係が厳しいと推察致します)
ニュース映像の「ひとさし指で魅了」というタイトルが気になりましたが、これは"クッククック♪"と歌う時のアクションの事ですかね^^

一般的に人気の高い(私も大好きな)「はじめての出来事」「ひとり歩き」「夏にご用心」「ねえ!気がついてよ」「リップスティック」が1曲ずつで「天使のくちびる」が無いのは少し淋しい気もしますが、全員集合の「はじめての出来事」が75年放送回であること、「笑って!笑って!60分」の映像が無い事から想像するに、同じTBSアーカイブから製作された「歌の妖精」とは被らない様に配慮した結果なのかも知れません。
「8時だヨ!全員集合」等で観たことはすっかり忘れているであろう、これら大ヒット曲の映像を喉から手が出るほどに待っていたので、今は嬉しくて仕方ないです。

又、期待の高かった「ザ・ベストテン」映像はすべて外れましたが(昨日の様な特番でも映像を使用しないのなら、商品化の許可を出して欲しいのだが)、「トップスターショー」も未だ映像が残っていると思いますので、ここは別企画での商品化に期待を繋げます。楽しみが残されたとも言えるでしょうか。

いずれにしても、デビューから歌手キャリア最後までを概ね網羅し、動画サイトを含めても観たことのある(覚えている)映像は少ししか無さそうですし、早く観たい気持ちに何の相違もございません。
「十七の夏」「気まぐれヴィーナス」「しあわせ芝居」「LADY」の3連発なんか溜らんです。
「たまりまセブン大放送!」「UFOセブン大冒険」なんて番組自体の存在を忘れていたし、「少女探偵スーパーW」「ミラクルTV大出動」って何でしたっけ?(笑)

改めて、商品化実現にご尽力くださった全ての方々に感謝です。


このDVDを満喫し、そして淳子さんの復活ステージを心待ちにして..........果たして2013年は、自分史上最高の秋となるのだろうか

brog291.jpg
忘れているなら、思い出して頂きます。倍返しで!


スポンサーサイト

<< 博品館への道は険し | ホーム | FM戸塚 - 桜田淳子特集オンエア日決定とのこと (10/8,10/12) >>

コメント

淳子さんの映像。

T.Aさん、

いつも速報を有難うございます。

しかし、ビクターの説明に誤りがありますので、先ずは訂正から。

①昭和50年5月20日、昭和50年6月24日、昭和50年8月5日放映の【歌のグランプリ】の放送局ははNHKです。

②昭和53年2月8日放映の【たまりまセブン大放送!】はNTVです。
淳子さんのこの番組へのご出演はこの回のみです。

③【UFOセブン大冒険】はピンクレディーがメインの番組であったと思います。
淳子さんのご出演は昭和53年6月1日のみです。

④【少女探偵スーパーW】は、大場久美子さん、榊原郁恵さんが努められた番組で、昭和55年5月に再放送がありました。
淳子さんがご出演されたのは、昭和54年6月21日のみです。

⑤【ミラクルテレビ大出動】も、上記③、④と同じ様な番組構成でしたが、メインパーソナリティーは忘れました。
淳子さんのご出演は、昭和54年12月6日のみです。

これら③~⑤は後に【たのきん全力投球!】へと引き継がれます。

⑥昭和56年10月15日にご出演された【たのきん全力投球!】での、【This is a ”Boogie”】は、当時驚かされました。
淳子さんのご出演は、この回のみです。

⑦【みどころガンガン大放送】も昭和52年4月13日~昭和52年9月28日と短期間のみの放送でしたが、淳子さんは昭和52年4月13日、6月15日、9月28日(VTRのみ)にご出演なされました。
③~⑥とは帯が違い、内容もしっかりしていました。

常に素敵な、素晴しい思い出と共に存在して頂いております。

こんにちは。

一番楽しみが「十七の夏」の3連発でしょうか、、、

「はじめての出来事」は、「歌の妖精」や動画サイトの映像と
被らないことを祈りますが、、、

あと、残念なのが、「天使も夢みる」「わたしの青い鳥」が、歌番組からの映像でないとことです。「わたしの青い鳥」は、レコード大賞以外の映像を希望していたので、、、

楽しみです

速報ありがとうございます。
夜の皇帝は伊達ではありませんね(^∇^)ノ

それにしてもKAZUさんはすごいです。
淳子さん関連の商品を出す場合は一度KAZUさんの監修が必要不可欠ですね。

Good job!

監修

T.Aさん、

こんにちは。


桜えびさん、

6年前の紙ジャケシリーズ発売の祭には、ビクターより様々な問い合わせを頂き、ある程度、完全なものに仕上がりました。

しかし、私たちがその4年前に作成した参加記念品に比べれば、まだまだ不十分です。

Re: 淳子さんの映像。

KAZUさん、こんばんは

> いつも速報を有難うございます。

いえ、どう致しまして

> しかし、ビクターの説明に誤りがありますので、先ずは訂正から。
>
> ①昭和50年5月20日、昭和50年6月24日、昭和50年8月5日放映の【歌のグランプリ】の放送局ははNHKです。

「歌のグランプリ」はTBSで間違いないと思いますよ。高島忠夫さん、鶴光さんらがメインホストを務められていました。一昨日の「金曜日のスマたちへ」のザ・ベストテン特集でも、黒柳さんの関連で少し映像が使われていましたので、ご確認ください。
尚、「TBS歌のグランプリ」と「歌のグランプリ」は混同されがちですが、同じTBSの別番組です。

> ②昭和53年2月8日放映の【たまりまセブン大放送!】はNTVです。
> 淳子さんのこの番組へのご出演はこの回のみです。
> ③【UFOセブン大冒険】はピンクレディーがメインの番組であったと思います。
> 淳子さんのご出演は昭和53年6月1日のみです。
> ④【少女探偵スーパーW】は、大場久美子さん、榊原郁恵さんが努められた番組で、昭和55年5月に再放送がありました。
> 淳子さんがご出演されたのは、昭和54年6月21日のみです。
>
> ⑤【ミラクルテレビ大出動】も、上記③、④と同じ様な番組構成でしたが、メインパーソナリティーは忘れました。
> 淳子さんのご出演は、昭和54年12月6日のみです。


上記もすべてTBSだと思います。
といいますか、今回のDVDはすべてTBSからの映像だそうですから。

「みどころガンガン大放送」→「たまりまセブン大放送」→「UFOセブン大冒険」はピンク・レディーをメインとした同じ流れを汲む番組で、その後「マジカル7大冒険」「少女探偵スーパーW」「ミラクルTV大出動」と榊原郁恵さん、大場久美子さんメインの番組に続いた様です。私はもう観ていませんでしたが。

>
> ⑥昭和56年10月15日にご出演された【たのきん全力投球!】での、【This is a ”Boogie”】は、当時驚かされました。
> 淳子さんのご出演は、この回のみです。

何か特別な演出だったという事でしょうか?


Re: タイトルなし

sjghdさん、こんばんは

> 一番楽しみが「十七の夏」の3連発でしょうか、、、

私もそうですね。
全員集合の映像は、間違いなく記憶が無いですから、新しい映像として楽しめそうです。
後の2本(歌のグランプリ)ですが、どんな映像でしょうね。
TBSでは"ザ・ハンダースをバックに従えたステージ歌唱"、"歌の妖精に収録されたステージ歌唱"が現存していると思いますが、それ以外の映像であれば、尚嬉しいのですが..

> 「はじめての出来事」は、「歌の妖精」や動画サイトの映像と
> 被らないことを祈りますが、、、

全員集合の「はじめての出来事」は、74年12月28日放送回と75年2月8日放送回がありまして、「歌の妖精」に収録されたのは前者の筈です。従って今回は、念願だったもう一つの映像だと思われますよ。

> あと、残念なのが、「天使も夢みる」「わたしの青い鳥」が、歌番組からの映像でないとことです。「わたしの青い鳥」は、レコード大賞以外の映像を希望していたので、、、

想像になりますが、レコ大とザ・ベストテンの映像は、今後も地上波の特番で使用する可能性が高いため、商品化の許可が出なかったのでは無いかと思われます。
又、両曲とも全員集合で歌っていない様なので、結果的にニュース映像での収録という形になったのでしょうね。
どの局を探しても「天使も夢みる」は、これ以上は無い気がします...残念ながら

私的には、歌唱時以外の表情が伺えるニュース映像は、大変有難いです。


Re: 楽しみです

桜えびさん、こんばんは

> 速報ありがとうございます。
> 夜の皇帝は伊達ではありませんね(^∇^)ノ

寝ようかと思った矢先に更新されている事を知って(笑)
土曜日で良かったですよ。

アルバムジャケットも何気にマイナーチェンジしてますね。


訂正の修正。

T.Aさん、

私の書き方が分かり難かった様で、誠に申し訳ありませんでした。

始めに訂正とさせて頂いたのは、
①【歌のグランプリ】がTBSではなく、NHKであると言うこと。
②【たまりまセブン】はTBSではなく、NTVであると言うこと。
この2つの番組だけです。

他はTBSで間違いありません。

分かり難い表現をしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。
誠に申し訳ありませんでした。

しかしながら、
①【歌のグランプリ】は同じ火曜日にNHKとTBSにて、存在していたことには気が付きませんでした。
NHKの火曜日20:00~20:45の同番組は、【NHK歌謡ホール】などに引き継がれ、現在は【NHK歌謡コンサート】として残っています。

②【たまりまセブン】に付きましては、淳子さんのご出演が昭和53年2月8日のみですので、今のところ、何とも申し上げられませんが、放送時間帯の変更はあったものの【みどころガンガン大放送】の後番組であった可能性は否定できません。

私の記憶の間違いであった可能性がありますので、再度、様々な方面からを検証を重ね、時間を要しますが、自分なりに確実に判定させて頂きます。

私の性格は、他の方から聞いたことは直ぐには信じず、先ずは自分を信じ、それを立証することことから始めます。

一番、手っ取り早いのは番組誌での確認ですが、1万冊を超える雑誌の中からの探索には時間が掛かり過ぎますが、必ず成し遂げます。

全ての様々なメディアからの誤った情報には、これからも対抗するだけの決意と信念を持たなければ、【桜田淳子記念館】の設立は夢と消えてしまいますから。

【たのきん全力投球!】での【This is a ”Boogie”】は、こちらでの書き込みは控えさせて頂きます。

皆様、楽しみにお待ち下さい。

Re: 訂正の修正。

KAZUさん、こんばんは

> 始めに訂正とさせて頂いたのは、
> ①【歌のグランプリ】がTBSではなく、NHKであると言うこと。
> ②【たまりまセブン】はTBSではなく、NTVであると言うこと。
> この2つの番組だけです。
>
> 他はTBSで間違いありません。
>
> 分かり難い表現をしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。
> 誠に申し訳ありませんでした。


いえ、こちらこそ書き方が悪かったのですが、当初よりその様に申されていると認識しています。

>
> しかしながら、
> ①【歌のグランプリ】は同じ火曜日にNHKとTBSにて、存在していたことには気が付きませんでした。
> NHKの火曜日20:00~20:45の同番組は、【NHK歌謡ホール】などに引き継がれ、現在は【NHK歌謡コンサート】として残っています。

NHKのその枠は何度もタイトル変更している様です。


> ②【たまりまセブン】に付きましては、淳子さんのご出演が昭和53年2月8日のみですので、今のところ、何とも申し上げられませんが、放送時間帯の変更はあったものの【みどころガンガン大放送】の後番組であった可能性は否定できません。

7:30と7:00の違いはありますが、実質的な後番組だと認識しています。
時間帯を7:00に変更したため、セブンというタイトルが付いたのですが、そのタイトルは同じTBS製作「ウルトラセブン」から拝借したのでは無かったかと。

>
> 私の記憶の間違いであった可能性がありますので、再度、様々な方面からを検証を重ね、時間を要しますが、自分なりに確実に判定させて頂きます。

> 私の性格は、他の方から聞いたことは直ぐには信じず、先ずは自分を信じ、それを立証することことから始めます。
>
> 一番、手っ取り早いのは番組誌での確認ですが、1万冊を超える雑誌の中からの探索には時間が掛かり過ぎますが、必ず成し遂げます。
>
> 全ての様々なメディアからの誤った情報には、これからも対抗するだけの決意と信念を持たなければ、【桜田淳子記念館】の設立は夢と消えてしまいますから。


お気持ちは理解しております。
しかし、公平な立場で言わせて頂くならば、今回のDVD化にご尽力された濱口さんを初めとする方々に失礼があってはなりません。
正確な事が判り次第、ご報告をお願い致します。


> 【たのきん全力投球!】での【This is a ”Boogie”】は、こちらでの書き込みは控えさせて頂きます。
>
> 皆様、楽しみにお待ち下さい。


では、視聴するまでの楽しみに取っておきます。


収録番組の内容。

T.Aさん、

収録される淳子さんの映像を、全て確認致しましたが、その中には貴重な映像が含まれていることが判明致しました。

①昭和52年5月19日放映【トップスターショー歌あるかぎり】での【気まぐれヴィーナス】における淳子さんの振り付けは、別ヴァージョンです。

②昭和52年12月24日放映、【8時だよ全員集合】での【しあわせ芝居】では、淳子さんの髪形が違います。

③昭和53年9月2日放映、及び昭和54年5月19日放映、【8時だよ全員集合】では、それぞれ【20才になれば】【Miss Kiss】は、淳子さんは生放送で初めて歌われました。

これを全てのことを考慮され、調べ上げての選択であるならば、敬意を表します。

Re: 収録番組の内容。

KAZUさん、こんばんは

かっての出演番組をチェックした上でTV局に問い合わせ、最も映像が多く残されているTBSから権利をクリアできた映像を厳選し、商品化した結果だそうです。

私や多くのファンにとっては、十分に敬意を表する内容に違いないと思います。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。