音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

2017年4月7日 - 「スクリーン・ミュージックの宴」開演!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/10/23 (Wed) 14:40
素晴らしきThanks 40の世界

昨日(11/22)の午前7:00頃、ファンの誰よりも一早くそれを手にしたいという自己顕示欲に駆られ、某所へ予約していた「Thanks40 ~青い鳥たちへ」をフライング気味に受け取りに出向いた。
その足で仕事場に直行したため開封したのは帰宅後になったが(意味無し)、夜通しで一通り堪能させて頂き、現在は深い余韻に包まれております。

brog306.jpg

- 人には言葉で言い表せない瞬間がある -

スポーツの大会で優勝した時、一生物の映画や音楽に出会った時、仕事で大きな成果を成し遂げた時.....私にとっては昨日もその様な一日だった。

結論から申せば、今回のアルバムは渾身の傑作だ。
この小さなパッケージの中に、"桜田淳子"が溢れんばかりに詰まっている。

具体的にどこが傑作なのかと聞かれれば、実は上手い表現が見つからない。
感情と感性のみでこのアルバムを楽しんでしまっているため、理屈っぽく述べても上手く伝わらないだろうと思われる。
人の数だけ人生があり、ファンの数だけ独自の思い入れがある様に、視聴した方それぞれによって受け止め方が異なるが、誰もが深い感銘と喜びを享受し、すべからく大事な宝物になる...そんな作品なのではないだろうか。

観たくて堪らなかった淳子さんの秘蔵映像と彼女にとって思い入れの深い楽曲群が、70年代~80年代初頭のノスタルジーを呼び起こしつつ、リアルタイムに淳子さんを楽しんでいる意識とシンクロし、嬉しい様な、気恥ずかしい様な、切ない様な、あらゆる感情が複雑に交錯する.....いや、やはり上手く表現できない。

ツンデレな淳子さんから「ちょっと大げさじゃないの?しっかり仕事しなさい」と説教の一つも頂きそうですが、あれから40年が経過した現在も貴女に傾倒している事は、その人に(私に)とって立派な人生の一部です。

brog309.jpg

■ブックレット
オールカラー80ページの豪華仕様で、淳子さんのメッセージ、福田名誉顧問との対談、収録曲のライナー、数点の写真(2003年のBOXに付属した写真集と概ね同じ)、シングルジャケット写真で構成されていた。
福田さんとの対談では、初めて聞くエピソードも満載で、現役時代の淳子さんの様子や、当時感受されていた事が良く理解できるし、現在の淳子さんの素顔も今まで以上に良く表れている。淳子さんの自己評価とファンの評価が符合する箇所を見つけたり、人伝で聞いていたエピソードが正しかったと証明された箇所もあり、読み応え十分。

しかしながら、メッセージを読めばその凛とした志に、対談を読めば高潔さと優しさと自尊心の高さと謙虚さとチャーミングさが綯い交じったお人柄を感じ取れると同時に...何故か自分自身が恥ずかしく感じてくるから不思議だ。彼女の事を深く知れば知るほどその様に思うのだから、実に強力な浄化装置である。
普段はさほど恥ずかしい人間では無いと一応思っているのですが(笑)、生き方は違えども、根っこの部分では淳子さんに共感する部分も多いからこそ、彼女の言葉を聞くと身が引き締まる思いがするのだろう。

そんな事を考えながら、対談形式のインタビュー部分を読み耽った。

又、淳子さんはもとより、すさまじい記憶力と軽妙なトークが楽しい福田さん、対談の進行を務められた濱口さんの力量にも感服です。

■DVD
発売前から期待の高かったニュースフィルムでいきなり思考が停止。
「天使も夢みる」でエンジェルハットを被っていないフイルムが存在した事が意外だったが、初々しいなんてものでは無いearly-Junkoサンと、時代を感じる愛すべきナレーションは、全米、いや全視聴者が泣ける事請け合いでしょう。

リマスタリング効果で超美麗に生まれ変わったであろう貴重極まりない映像の数々は、一気に視聴する事を躊躇ってしまう程に神々しい。私は1/3見終えたところで意識的に止めてしまった。

個人的な新発見としては、セミロングヘアスタイルへの移行期が「三色すみれ」から始まっていたという事だ。
この時期のビジュアルの可憐さには、本当に息を飲んでしまう。

■CD
CDについては、全収録曲が2007年~2008年に復刻済みの為、人によっては新鮮味に欠けると思われているかも知れない。
最新リマスタリングはされているとは思うが、私の所有する安価な音響システムで一聴した限りに於いては、紙ジャケ盤との大きな音質の違いは感じられなかった。この辺りは耳の肥えた方の意見もお聞かせ願いたいところ。

しかし、全ての曲が頭の中で解っていても、実際に収録順に聴き込んで、淳子さんご自身によるライナーノートに目を通すことで、これも言葉では言い表しにくいが、ファンにとって重要な何かを感じ取れるのでは無いかと思うのです。


■シリアルナンバー
これが、ファン垂涎のシリアルナンバーの正体(ナンバーが記載されたチラシ)
brog310.jpg


11:00を過ぎたので、早速申し込んでみました。
抽選結果は11月08日(金)18:00 ~まで待たなければならないが、それでも緊張してしまった。入力ミスが無い様にしなければ。
brog307.jpg
当選しますように...



さあ、記事も書き終えたことだし、またDVDの世界に浸ろうか

↑ビクターエンタテイメントYouTube公式映像です

P.S
本日の日本テレビ「ミヤネ屋」で20分に及ぶ特集が放送されました。
又、ニッカンスポーツの1面では、奇しくも昨日放送終了が発表された「笑っていいとも」関連の記事で、淳子さんの写真が掲載されています。

10/22付オリコンデイリーチャート20位にランクイン!
http://www.oricon.co.jp/rank/ja/d/2013-10-22/more/3/

→速報を頂きました。オリコンウィークリーチャートで33位です。快挙!

スポンサーサイト

<< 「Thanks 40」- 歌謡史に残る傑作アルバム Part1 | ホーム | 禁断症状 >>

コメント

こんばんは。

GETしたのは、T.Aさんが一番、早かったようですね、、
その手があったとは、考えつきませんでした。。

やはり、素晴らしい文章を書きますね、、、

人伝で聞いていたエピソードが正しかったのは、あれですね、、、
しかし、福田さんは、よく当時のことをよく覚えていますね、、
(歳を言うと失礼ですが、、、)

DVDは、初期画像が、持っていないせいか、大感動でした。
まだ1回しか見ていませんが、週末にゆっくり観ながら祝杯です。

CDは、まだ、聴く時間が全然ありません。
まずは、電車の中で、聴きます。
音の違いは、私には、わからないと思います。

日刊スポーツは、毎日買っているので、GETしています。
10/23日は、淳子さんデーですね、、

Re: タイトルなし

sjghdさん、こんばんは

> GETしたのは、T.Aさんが一番、早かったようですね、、
> その手があったとは、考えつきませんでした。。

発売日前日のam7:00に商品が到着したのはラッキーでした。
今の時代、フラゲが当たり前とは露知らず、休む日を間違えましたけど(笑)

> やはり、素晴らしい文章を書きますね、、、

とんでもありません。発売元からもアクセスが来ている様なので、変な文章は書けないなと思い、既に最初の更新から5回くらい手直ししている始末ですよ。

> 人伝で聞いていたエピソードが正しかったのは、あれですね、、、

あれです。

> しかし、福田さんは、よく当時のことをよく覚えていますね、、
> (歳を言うと失礼ですが、、、)

驚きますよね。淳子さんの何倍の淳子さんの事を覚えている。
「玉ねぎむいたら...」の所は記憶違いがあった様ですが。

> DVDは、初期画像が、持っていないせいか、大感動でした。
> まだ1回しか見ていませんが、週末にゆっくり観ながら祝杯です。

「はらぺこ同志」の時も一気に鑑賞されてましたよね。
この辺は性格の違いですかね。私はゆっくり噛みしめながら観たいタイプで。

> CDは、まだ、聴く時間が全然ありません。
> まずは、電車の中で、聴きます。
> 音の違いは、私には、わからないと思います。

MP3変換したらもう解らないと思います。
だれか高級オーディオで比較視聴してほしい(笑)

> 日刊スポーツは、毎日買っているので、GETしています。

「笑っていいとも」の件は偶然なのかと勘繰ってしまいますね。
叶うか否かは解りませんが、最終回に淳子さんへオファーは行くでしょう。
一年越しで初夢が当たるかな(笑)

> 10/23日は、淳子さんデーですね、、
昨日から今日にかけて、淳子さんの話題沸騰ですね。
こんな日が来るとは、感慨深くて泣けてきます。


こんばんは。
今日夕方届いて、ビニール残すように開けて、早速、42インチTVでご堪能~(^^)
もう、ウルウルしながら観てました。…一気に最後まで。

Produced by 桜田淳子ってクレジットされてていいですね。

CDリマスターは多分以前の分で終わってるので今回は監修くらいではないかな?と…。多分CDでは限界があると思われるし…。
映像もリマスターされて綺麗でした。

慣れない申し込みもドキドキしながらしました。

Re: タイトルなし

ひろさん、こんばんは

> 今日夕方届いて、ビニール残すように開けて、早速、42インチTVでご堪能~(^^)
> もう、ウルウルしながら観てました。…一気に最後まで。

42インチいいですね。
私はいつも24インチのPCディスプレイで鑑賞しているので、TVの画質には叶わないです。
今度の休日にでも、家族がいない時を見計らって、居間の32インチで観なければ...

ひろさんも一気鑑賞派でしたか。
止まらなくなってしまう気持ちも判ります。

> Produced by 桜田淳子ってクレジットされてていいですね。

さしずめセルフプロデュースってところですね。
ビクターさんは気が利いているなと思いました。

> CDリマスターは多分以前の分で終わってるので今回は監修くらいではないかな?と…。多分CDでは限界があると思われるし…。

クレジットにはリマスター担当者が記載されているし、少し手直ししたのではと思ったのですが。
ヘボな耳ですが、もう少し違いを追跡したいと思います。

> 映像もリマスターされて綺麗でした。

こちらは凄い効果が出ていますね。本当に美麗なVTRで驚きです。
現代の映像補正技術のたまもので、有難いことです。

> 慣れない申し込みもドキドキしながらしました。

私もです。お互い当選出来たら良いですね。


何だかとても・・・

こんばんは。おっと、おはようさんでしょうか?(^O^)ノ

先程DVD見終えました。
ずっと、なかなか「もう一度だけふり向いて」から先に進めませんでした。
ゆっくり鑑賞する時間が無かったのと、見始めるにはどうしても最初から見たくなるので(^^ゞ

最初は感激し、うるうるきて、気がつきゃ手拍子してて(笑)
突然「秋は寂しいですね」と話しかけられて我に返り、見ているうちに、30周年のDVDもそうなんですが何だか寂しい気持ちになり、こんなにたくさん淳子さんを見れて幸せなのに、「淳子さんどこかに行かないで!」みたいになってしまいました。

ブックレットは最初だけちょっと読んだだけなので、これは寝て起きてから・・・。

思い過ごしでしょうが、11月の“ファン感謝DAY”は、

「皆さん今までありがとうございます。桜田淳子はいつまでも皆様と一緒です。私は今まで通り東淳子として生きていきます。皆様もそれぞれの人生を生きていって下さい。」

なんてピリオド(引導)を渡されるんじゃないかと不安になりました。
(*≧∀≦*)

まあ、そうゆう事も鑑みても11月には行けたらいいなと思った次第です。

なんか盛り上がっているところを水を差すようで申し訳ありません。

Re: 何だかとても・・・

桜えびさん、こんにちは

> 先程DVD見終えました。
> ずっと、なかなか「もう一度だけふり向いて」から先に進めませんでした。

> 突然「秋は寂しいですね」と話しかけられて我に返り、見ているうちに、30周年のDVDもそうなんですが何だか寂しい気持ちになり、こんなにたくさん淳子さんを見れて幸せなのに、「淳子さんどこかに行かないで!」みたいになってしまいました。

良く解ります。
私はまだ79年で止まってます。いの一番に入手した筈なのですが、なんでしょうねこの遅さ(笑)
桜えびさんのお気持ちに近いのですが、ようやく訪れたreturn of 淳子の日々なので、DVDを観終わると魂が抜けてしまいそうで.....まだ博品館がありますけど。

> ブックレットは最初だけちょっと読んだだけなので、これは寝て起きてから・・・。

もう読まれましたか?
色々と感慨深いと思いますが、淳子さんが今時の言葉を良く知っていることに驚きませんでした?
意外にナウでヤングです(笑)

> 思い過ごしでしょうが、11月の“ファン感謝DAY”は、
>
> 「皆さん今までありがとうございます。桜田淳子はいつまでも皆様と一緒です。私は今まで通り東淳子として生きていきます。皆様もそれぞれの人生を生きていって下さい。」
>
> なんてピリオド(引導)を渡されるんじゃないかと不安になりました。
> (*≧∀≦*)

淳子さんの心は真っ白な状態じゃないかな。
女性自身でも仰ってましたが、ステージに立って、ファンの声援を聞いて、どんな気持ちになるかをご自分で確認したいのだと推察します。

> まあ、そうゆう事も鑑みても11月には行けたらいいなと思った次第です。
>
> なんか盛り上がっているところを水を差すようで申し訳ありません。

いえいえ、桜えびさんらしい、ファンの素直な感想だと思いました。


様子、見に来ました

飛鳥野妹子です。こんばんは。もうDVDは全部見ましたか?

sjghdさんのところでやってる「ベストソングオブDVD」の人気投票、私は「自分なら何を選ぶかな」と考えてるうちに、なかなか面白いもんだなと思って投票してみました。
みんさん(なんだか本気で)苦渋の決断をしています。
気が向いたらT.Aさんのベストを教えてケロ?
あ、でも、投票するまでもなくあれなんですよね?
たぶん・・・

それから「笑っていいとも」の最終回のゲスト出演者の件、ネットで検索してみたけど、私たちのような発想をしてる人は、全く居ないようですねぇ。かなりユニークみたいです。
嬉しいような・・・あんまりユニークだとみんなの目に留まらないので、それも考え物だと思ったりして。

あ、それと時々来ていただいてるようでありがとうございます。今後もよろしくお願いします。(ペコリ:おじぎの音だよ♪)

Re: 様子、見に来ました

妹子さん、こんばんは

DVDは昨日観終わりまして、現在は2週目(摘み食い)を楽しんでいるところです。

> sjghdさんのところでやってる「ベストソングオブDVD」の人気投票、私は「自分なら何を選ぶかな」と考えてるうちに、なかなか面白いもんだなと思って投票してみました。
> みんさん(なんだか本気で)苦渋の決断をしています。
> 気が向いたらT.Aさんのベストを教えてケロ?
> あ、でも、投票するまでもなくあれなんですよね?
> たぶん・・・

凄く盛り上がってますね。
今回の40年企画で、今でも熱い淳子さん人気が確認でき、本当に嬉しく思っています。
昨年までの静かな状況を考えたら、夢の様かな。
sjghdさんの企画には先程投票してきましたが、実は妹子さんの所で仄めかした曲とは土壇場で変えてしまいました。基本的に素直じゃないので(笑)

> それから「笑っていいとも」の最終回のゲスト出演者の件、ネットで検索してみたけど、私たちのような発想をしてる人は、全く居ないようですねぇ。かなりユニークみたいです。
> 嬉しいような・・・あんまりユニークだとみんなの目に留まらないので、それも考え物だと思ったりして。

淳子さんと吉永さんのどちらかと言う声は多いですが、二人共という意見は少ないみたいですね。
30年続いた番組の最終回なんだから、最高潮の終わり方をして頂きたいところです。
(ちなみに、当初のテレフォンショッキングは吉永小百合さんに辿り着くのが目的だったという記事が出回っている様ですが、タモリさんは「伊藤つかさ」さんだと言っていた筈です。淳子さん→つかささん)

> あ、それと時々来ていただいてるようでありがとうございます。今後もよろしくお願いします。(ペコリ:おじぎの音だよ♪)

こちらこそ、これからも宜しくお願いします。
60's~70'sの特撮映画話とかも(笑)


怪獣映画の話・・・

こんにちは、今日は怪獣映画の話をしに・・・来たわけでなく(いずれそんな話もしたいですが)、またご挨拶に来ました。先週から今週にかけては嬉しい出来事の連続で、興奮して、ちょっと疲れました。
明日は、ブログの更新もしたいし、外出もしたいし、と迷ってるところ。早くブログを書きたい気持ち強くて、本当にどうしようかなと迷ってます。あらためてCDも聞いてみたいしね。とくに比較的聞かないことの多いCD2のほう。

T.Aさんはどうしますか? その時になってみないと分からない?

Re: 怪獣映画の話・・・

妹子さん、こんばんは

>こんにちは、今日は怪獣映画の話をしに・・・来たわけでなく(いずれそんな話もしたいですが)、またご挨拶に来ました。先週から今週にかけては嬉しい出来事の連続で、興奮して、ちょっと疲れました。

私の方は日々帰宅が遅い上、昨日は仕事終わりに外で飲酒してちょっと大変な事になってました。
何とか淳子さん情報は拾ってますけど、あー本当に疲れた(笑)

> 明日は、ブログの更新もしたいし、外出もしたいし、と迷ってるところ。早くブログを書きたい気持ち強くて、本当にどうしようかなと迷ってます。あらためてCDも聞いてみたいしね。とくに比較的聞かないことの多いCD2のほう。
> T.Aさんはどうしますか? その時になってみないと分からない?

私も記事書きたいのですが、上記のような状況でなかなか文章を考えられていません。
CD2は聴いてますよ(むしろCD1は余り聞いてない)
DVDは色んな方が絶賛されてますので、そちらにお任せして、CDの感想を書こうかなと思ってたところです。

しかし休日も色々忙しくて...トホホです



Re2: 怪獣映画の話・・・(くれぐれもご慈愛下さい)

おはようございます。
お体、ご慈愛下さい。本当に!

「ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗:著者 円谷英明 講談社現代新書 ISBN978-4-06-288215-6 定価740円(税別)」という本を買いました。まだ拾い読みしかしていませんが、円谷一さんや円谷英二さんが、比較的短命で世を去ったのは仕事で無理を重ねたことが原因だったようです。とくに長男の円谷一さんは、仕事で無理を重ね、仕事を取るため酒に付き合い、家庭は崩壊、41歳の若さで急逝します。
円谷プロも会社経営という観点では最初からムチャクチャだったようです。
早晩、円谷プロは潰れると判断したTBSは、早々に円谷プロから離れてしまいます。東宝も特技監督の名称を与えていた円谷英二への著作権料の支払いはしなかったそうです。
現実の問題になると会社や組織は冷たいです。

参考になる情報が満載ですので、ぜひご一読下さい。

ちなみに、あのスピルバーグもジョージルーカスもツブラヤを「師匠」としていた!事まで明かされています。クロサワだけではなかったんです。

そしてもう一つ、例によって植木等の話題ですが、主演映画の中で植木さん演じるモーレツ社員が「会社のため? オール自分のため!」というセリフがあるようです。

いい事言うなあ~と関心して本屋さんで立ち読みしてました。

我々も、全てを総合的に判断して「オール自分のため!」となるように頑張りましょう。

くれぐれも無理なさらないように。返信も忙しい時はしなくて結構ですから。

全ては「オール自分のため!」でいきましょう。
では。

Re: Re2: 怪獣映画の話・・・(くれぐれもご慈愛下さい)

妹子さん、こんにちは

> おはようございます。
> お体、ご慈愛下さい。本当に!

どうもありがとうございます。
体を気遣ってくださるなんて、嬉しいですよ。

> 「ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗:著者 円谷英明 講談社現代新書 ISBN978-4-06-288215-6 定価740円(税別)」という本を買いました。まだ拾い読みしかしていませんが、円谷一さんや円谷英二さんが、比較的短命で世を去ったのは仕事で無理を重ねたことが原因だったようです。とくに長男の円谷一さんは、仕事で無理を重ね、仕事を取るため酒に付き合い、家庭は崩壊、41歳の若さで急逝します。

一氏のご子息でシャイダーを演じられた円谷浩氏も早世されてますね。
三代目社長の円谷皐氏も90年代にお亡くなりになられました。

> 円谷プロも会社経営という観点では最初からムチャクチャだったようです。
> 早晩、円谷プロは潰れると判断したTBSは、早々に円谷プロから離れてしまいます。東宝も特技監督の名称を与えていた円谷英二への著作権料の支払いはしなかったそうです。
> 現実の問題になると会社や組織は冷たいです。
>
> 参考になる情報が満載ですので、ぜひご一読下さい。

ご紹介ありがとうございます。
私も少し興味はありましたが、賛否両論ある本の様なので二の足踏んでました。
円谷プロに対しては、子供の頃の夢を壊したくない事もありまして。

もう少し余裕が出来たら、読んでみたいと思います。


> ちなみに、あのスピルバーグもジョージルーカスもツブラヤを「師匠」としていた!事まで明かされています。クロサワだけではなかったんです。

「スター・ウォーズ」「未知との遭遇」公開当時から、二人とも「ゴジラ」が好きだと仰っていた様に記憶しています。東宝の怪獣映画と言えば本多猪四郎監督なのに、世界的には"ツブラヤ"だったのですね。


> そしてもう一つ、例によって植木等の話題ですが、主演映画の中で植木さん演じるモーレツ社員が「会社のため? オール自分のため!」というセリフがあるようです。
>
> いい事言うなあ~と関心して本屋さんで立ち読みしてました。

植木さんの無責任/日本一シリーズもそろそろ真剣に観なくてはと思ってました。
昔何本か観っきりなのですが、サラリーマン真っ盛りの今だからこそ痛快に楽しめそうな気がしています。
妹子さんとお話していると益々。

>
> 我々も、全てを総合的に判断して「オール自分のため!」となるように頑張りましょう。
>
> くれぐれも無理なさらないように。返信も忙しい時はしなくて結構ですから。
>
> 全ては「オール自分のため!」でいきましょう。
> では。

突き詰めれば自分のために違いないですが、一応部下がいる身ですから、彼らを守らなければならない事もあります。自己犠牲で会社に尽くす気などありませんが、近くにいる人間に対してまでドライに割り切る事は難しいですよね。
まあ、どちらかと言うと、我儘で横柄な顧客企業に怒りを覚える方が多いですけど(笑)

ブログについても、存在価値が無いと感じた時はバットを置いて引退しますが(笑)、期待してくださる方がいらっしゃる内は、何とか頑張りたいと思っています。
但し、更新間隔はマイペースでお許し頂きたいですが。


これは失礼しました。頼りがいのある親分でいてあげて下さい

おはようございます。

失礼しました。そこまでお分かりでしたら大丈夫ですね。
いろいろ事情を知らずに勝手な事を言って申しわけないです。
可愛い子分のためなら、ぜひ良い親分で居てあげて下さい。

でも本当に体力の限界を感じた時は、自分のほうを優先して下さいね。そうでないと、結局、子分の面倒を見てあげる事もできなくなってしまいますから。

「ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗」を読んでも、自分は子供の頃の夢が壊れるなんてことはなかったので大丈夫だと思います。

円谷英二や円谷一は私生活の面では、金銭的にルーズなんてことは書いてなかったですよ。ただ、とくに英二さんのほうですが、会社経営には向いていなかった、というだけです。

アマゾンのブックレビューは84件も投稿されてましたが、あまりよく書けているものは無さそう。84件全部よむのは、かったるくて無理でしたが。それに意外にも、みなさん基本的な事をご存知なかったようで・・・自分からみると「え? そんなことも知らなかったの?」と思うところも少なくなかったです。


私の驚いたのは、ウルトラマンの実際の制作費が初めて具体的に書かれていた事でした。TBSが円谷プロに支払っていたのは当時の金額で550万円だったのに対して、実際の制作費は1000万円を超えていたこと。

出来上がる作品も本来30分番組なのに、粗編集段階で1時間を超える作品が出来上がってしまっていたことです。

1966年当時の1000万円が、今のお金に換算するといくらになるのか、正確に換算するのは難しいですが、ざっと見積もって1億円かそれ以上になると思います。

現在のNHKの大河ドラマの制作費が1本(45分)あたり6000万円というのを読んだことがありますから、当時の円谷プロは、今のNHKでも出来ない事を、民放でやっちゃってたという事になります。

TBSや東宝の人たちが青くなるのは当然です。

まあ、そんな事が書いてあります。
余裕が出来たら、読んで見て下さい。

植木さんの無責任/日本一シリーズも、お薦め作品がありますので、それもまた余裕ができた時に紹介させてもらいます。

今はとにかく、かわいい部下のためそしてご自分のために時間を使って下さい。

それから、これもついでの話ですが「女性セブン」の今週号に桜田淳子さんの最新情報が掲載されていました。実際に読んで見ましたが、意外にもしっかりした記事だったので、今回だけは「女性セズン」購入しました。

11月26日の博品館のファン感謝デーで、桜田淳子さんが何をしようとしているか、どんな準備をしているかも、ちょっとだけ書いてありましたので気になったら読んでみてください。

この女性セブンの記事は、いい内容なのに、残念ながらネットでは読めないみたいです。

だからネットの世界では、あいかわらず意地の悪い記事ばかりが大量にコピペされ続けています。

でもネットの世界ではない、現実の世界では、風向きがだいぶ変わってきているようですよ。

ネットの仮想世界にばかりいると「現実の世界」の変化に気がつかないみたいですね。

これも読むのは余裕があったらでよいです。私、今週の女性セブンは手元にありますので、あとでご紹介することもできますので。 それにブログにも書こうと思ってますから。

では、お体、大切にして下さいね。

続 これは失礼しました。頼りがいのある親分でいてあげて下さい

すいません、
「これは失礼しました。頼りがいのある親分でいてあげて下さい」
を書いたのは、飛鳥野妹子でした。(汗)

続々 これは失礼しました。頼りがいのある親分でいてあげて下さい

誤)制作費は1000万円を超えていた 正)経費は一本1000万円近くかかり

何度もすいません。コメントの編集画面が私のPCではうまく表示されなくて・・・・m(_ _)m

妹子

Re: これは失礼しました。頼りがいのある親分でいてあげて下さい

妹子さん、こんばんは

> 失礼しました。そこまでお分かりでしたら大丈夫ですね。
> いろいろ事情を知らずに勝手な事を言って申しわけないです。
> 可愛い子分のためなら、ぜひ良い親分で居てあげて下さい。

まあ、向こうは何と思っているか知りませんけどね(笑)

> でも本当に体力の限界を感じた時は、自分のほうを優先して下さいね。そうでないと、結局、子分の面倒を見てあげる事もできなくなってしまいますから。

意外とタフなので大丈夫じゃないかな。
10年前は、倒れない方が不思議な生活をしていた時期もありますし。

> 「ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗」を読んでも、自分は子供の頃の夢が壊れるなんてことはなかったので大丈夫だと思います。

そうですか。それなら安心。

> 私の驚いたのは、ウルトラマンの実際の制作費が初めて具体的に書かれていた事でした。TBSが円谷プロに支払っていたのは当時の金額で550万円だったのに対して、実際の制作費は1000万円を超えていたこと。

円谷さんは作品に情熱をかけていたことが良く解りますね。
第二次ブームの頃はさらに予算が削られてしまったそうで、作品の質が低下してしまったのも無理は無いと思いました。

> 植木さんの無責任/日本一シリーズも、お薦め作品がありますので、それもまた余裕ができた時に紹介させてもらいます。

お願いします。

> それから、これもついでの話ですが「女性セブン」の今週号に桜田淳子さんの最新情報が掲載されていました。実際に読んで見ましたが、意外にもしっかりした記事だったので、今回だけは「女性セズン」購入しました。

もう読みましたよ。他社記事の流用が少し気になりましたが、今までとは視点が少し違っていて興味深く読まさせて頂きました。

> この女性セブンの記事は、いい内容なのに、残念ながらネットでは読めないみたいです。

NEWポストセブンで少しだけ読めるんじゃないかな


> だからネットの世界では、あいかわらず意地の悪い記事ばかりが大量にコピペされ続けています。
>
> でもネットの世界ではない、現実の世界では、風向きがだいぶ変わってきているようですよ。
>
> ネットの仮想世界にばかりいると「現実の世界」の変化に気がつかないみたいですね。

あれは目障りですよね。インターネットは情報過多なので、有益な情報だけ得られる様にしないと、嘘や誤解がまかり通る世界になってしまいます。
しかし残念ながら、下世話な憶測記事に反応する人もまだまだ多い様で。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。