音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

2017年4月7日 - 「スクリーン・ミュージックの宴」開演!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/01/17 (Fri) 07:57
スポニチ秘蔵アイドル全集

もう皆さん購入されたことと思いますが、私の記事は随分いい加減な事を書いてましたね。
通勤電車と仕事の休憩時間を使って仕上げた記事なので仕方ないか。
帰宅後に一通り読み終えたので、数か所の訂正とネタバレよろしく所感などを追記しておきます。



本日(1/17)より発売開始となった、電子書籍「スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子」を早速購入してみました。

購入先は、紀伊国屋書店(KINOKUNIYA WEB STORE)。
使用する端末のOSは、Windows7とAndoroid。

①まずはトップページから会員手続き。引き落としを希望するのであれば、この時にキャッシュカードを登録
②トップページから「電子書籍」タブをクリックすると、 電子書籍Kinoppyのページへ
③電子書籍リーダーKinoppyをインストール
④「スポニチ」あるいは「桜田淳子」でキーワード検索すれば、当該商品が表示される
(「スポニチ」で検索した結果の一覧は、デフォルトで売れている順に表示される)
⑤商品を選択して、後は手順に従って購入するだけ

スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子

書籍データ自体はローカル端末にダウンロードされるため、一度ログインすれば、次回からは再ログイン不要。オフラインでも(LANケーブルを引っこ抜いても)閲覧できます。但し、kinoppyが定期的(数か月に一回等)にログインを求める可能性があるので、退会はしない方がベターでしょうか。この辺りは未だ良く解っていませんが、心配な方は御自分の責任において何なりと対策すると言うことで。
尚、将来パソコンを買い替えても無料で再ダウンロードできますし、スマートフォンでも同期(スマホにダウンロード)してくれます(データサイズが大きいため、パケット通信量に制約がある方は注意)。

只今通勤電車で閲覧中ですが、これは期待に違わぬ内容。

1973年の歌謡大賞新人賞受賞から、1992年秋田市内での講演の様子まで、総勢65回分(PCで333ページ、スマートフォンで598ページのボリューム)のスポニチ掲載記事が読めるようになっており、芸能界における桜田淳子さんの活躍を駆け足で振り返ることが出来ます。

以下、年次別記事数と所感と記事へのツッコミ(笑)

■表紙:映画「スプーン一杯の幸せ」撮影時の合間に撮られた松竹大船撮影所でのモノクロスナップショット

■1973年:1記事

■1975年:6記事
→表紙に使用された写真が1975年8月19日と記載されてますが、撮影日だとしたらおそらく間違い。撮影は2~3月頃の筈だ。

■1976年:5記事
→「遺書 白い少女」の製作発表記事。記事の内容からすると、この時点では相手役(田中健氏)は決まって無かった様な雰囲気。淳子さんは撮影に入ってから相手役が誰なのか知ったと、特集本で読んだ記憶あり。又、同記事でキャストに挙がっていた内藤武敏さんはご出演されていないが、長門裕之さんもしくは木村功さんの役のどちらかに予定されていたのでしょうか。製作発表後の配役変更はちょくちょくある様で、「スプーン一杯の幸せ」でも、相手役が夏木陽介さんから黒沢年男さんに変更されたと記憶している。
→国立競技場(国立霞ヶ丘陸上競技場)で行われた「ひとりぼっちのオリンピック」の様子は、スターどっきりマル秘報告でも放送された(確か小野ヤスシさんにインタビューを受けていた)。記事では渋谷と書かれてますが、国立霞ヶ丘陸上競技場は新宿区。来年から(次の東京オリンピックへ向け)解体工事が始まるそうです.....なんだかな。
→「若い人」製作発表会記事で、1977年東宝映画ラインアップが載っているが、「ゴジラの復活」「新・日本沈没」って何だろか(笑)
→先日、女性自身の百恵さん記事でも取り上げられ、当ブログでも度々話題になる「花の高3トリオ卒業記念植樹」は1977年1月3日に催されたと信じていたのに(記念碑にもそう書かれている)、12月にエキストラまで使って撮影していたとは軽くショックだ(笑)


■1977年:9記事
→「若い人」で淳子さんと吉永小百合さんのツーショット。二人並ぶと姉妹の様です。
→日劇GW公演記事の衣装は、近年の週刊誌で良く見かける「気まぐれヴィーナス」の衣装と同じだ。中野ブラザースとのレッスンシーンは、やはり「スターどっきり」で放送されました。後、発売されたばかりの写真集という行も気になる。そんなモノありましたっけ?
→断髪式を兼ねた「気まぐれヴィーナス」発表会が高輪プリンスホテルと書かれているが、赤坂プリンスホテルの間違いだと思われる。


■1978年:7記事
→NHK「愛1つ、こい5つ」と言う番組には全く聞き覚えが無い。共演の赤塚不二夫さんのコスチュームはバカボンのパパだろうか?これ物凄く観たいのですが(笑)
→「リップスティック」新曲キャンペーンで資生堂の口紅モデルを務めたという記事。淳子さんのアイドル時代の活動記録は散々読み漁ったつもりだったのに、全くの初耳。この様な記事が新たに拝める事に、本書の価値の高さが伺えるというものだ。


■1979年:7記事
→1980年公開の「動乱」のクラインクインが1979年の5月とは意外。高倉健宅に伺うシーンは池袋で撮影されたとか...一応探してみるか(笑)。本編には採用されなかったシーンのスナップもなかなか貴重。
→たびたび財布を盗難されると書かれている記事あり。そう言えば「スターどっきり(この番組の話が多いな)」でも財布盗難をネタに騙された事があったが、普段から同様の事件に逢っていたため、あのドッキリには頭に来たとか。


■1980年:2記事
→「レッツゴーヤング」で披露したと言うウェディングドレス姿。今回最もグッと来た写真だ (´~`ヾ)ポリポリ・・・

■1981年:3記事
■1982年:2記事
■1983年:2記事
■1984年:2記事
■1986年:2記事
→「独眼竜政宗」のキャスティングで、片倉小十郎=滝田栄と書かれている。記者会見のうつむき加減の写真がいい表情。淳子さんの愛姫は本当に良かった。

■1987年:5記事
→現在でも存在すると耳にする「さくら会」の始まりについて書かれた記事あり。

■1988年:3記事
→父君の葬儀の様子はプライベートに関する唯一の記事か。ファン感謝デー直後に女性誌に掲載された記事が出鱈目だったと良く分かる。

■1989年:1記事
■1990年:2記事
■1991年:5記事
→小林桂樹大先生との対談にて「タバコは苦手」と仰っている。そうでしたか、じゃ禁煙するか自分(笑)

■1992年:1記事

レコード大賞(最優秀新人賞、大衆賞)というニュースバリューが高い関連記事が全く掲載されていないが、此処にも権利問題が絡んでいるという事だろうか。
又、1974年のバースデーイベント、初リサイタル、紅白歌合戦初出場等の主要な記事がバッサリ落とされている様な気がします。
新聞社たるもの過去記事を紛失する事は凡そ考えられないため、芸能生活20年をバランス良く取り上げたかったのと、スポニチ65周年に引っ掛けて65記事に収めた結果だろうと推測します。



1973年のレコード大賞最優秀新人賞、1974年の紅白初出場というニュースバリューが高い記事や、1974年のバースデーイベント等のメジャーな記事がバッサリ落とされている様な気がしています。
新聞社たるもの過去の紙面は厳重に保管されていると思われるが、「秘蔵アイドル全集」と銘打っている割に、芸能活動初期の記事が割愛されているのは疑問だ。
今回の書籍化に対し、感謝こそあれ大きな不満は無いものの、初期記事が掲載されなかった疑問を解消すべく(少年期のもう一人のアイドルで、淳子さんよりデビューの古い)小柳ルミ子篇を購入し、淳子篇と照合してみました。
ルミ子さんの方は57記事(PCで267ページ)と淳子さんよりも記事数が少なく、また年次別記事数を数えてみると、デビュー時の1971年が7記事、歌謡大賞受賞の1972年が3記事なのに対し、1973年~1975年がスッポリ抜けており、1976年は6記事という物凄い偏り方。
結局良く分からなかったのですが、スポーツニッポン社では1973年~1974年頃のネガ写真の管理状態が宜しくない等の理由があり、今回の書籍化から見送られた可能性も考えられます。
どなたか森昌子篇を購入して、同様の件を確認して下さいませんかね(笑)


尚、芸能活動に関係する記事のみピックアップされているため(1箇所除く)、1992年の途中でニュースがストップしている。
勿論それで良いのだが、敢えて言うなら昨年のファン感謝デーの記事で締め括られていれば、ドキュメンタリー本としてより深い感銘を享受出来たと思うのですが、その辺は如何でしょうか。

まあ、それらを差し引いても、本書籍が素晴らしい出来であることに相違ありません。
当時の新聞切抜きを収集していた方はには物足りないかも知れないが、そんな人はごく稀ですから、桜田淳子ファンなら購入必至のアイテムだ。
記事の内容もさることながら、この本のためにネガ起こししたと思われる初蔵出しを含む美麗な写真の数々は(多くのファンにとって)大半が初見だと思われますし、735円と言うリーズブルな価格、一度購入すれば複数端末にダウンロードできる利便性、何れを取っても購入を躊躇する理由は無さそうですね。

まだ数ページしか読んでいないが、これからジックリと楽しませて頂きます。


淳子さんにも購入をオススメしたい(笑)
brog345.jpg
この写真は、今回紹介した書籍と全く関係御座いません


1/18現在、紀伊国屋書店で「スポニチ秘蔵アイドル全集」を売れている順番でソートすると淳子さんが1位、さすがです。
 ⇒ 桜田淳子>森昌子>小柳ルミ子>小泉今日子>荻野目洋子>工藤静香>堀ちえみ>早見優


スポンサーサイト

<< 駄菓子屋ブロマイドを追い求めて | ホーム | 桜田淳子出演情報(2014年1月-2014年2月) >>

コメント

早速ですか!

おはようございます。

早速と言うか、もうご堪能中ですか。(;゚Д゚)!
楽しみです。
僕はいつもの通りマイペースで行きます。

写真の淳子さん「十七の夏」の衣装ですね。
「うれしいワ」のポーズですね(・∀・)
あるいは、必殺スペクトル・ジュンビームを出す瞬間ですか?
(*≧∀≦*)
隣は西城さんですな。歌番組の楽屋かな...

再びのスポニチ。

T.Aさん、

想像を遥かに凌ぐ、素晴しい内容でした。

画像は、前回の週刊実話平成25年11月14日号ですね。
昭和50年8月25日放映のNTV【紅白歌のベストテン】だと思われます。

各位への感謝の気持ちは、一つ前のコーナーに書かせて頂きました。

Re: 早速ですか!

桜えびさん、こんばんは

> 早速と言うか、もうご堪能中ですか。(;゚Д゚)!

夜中の3時くらいまで購入できなかったので諦めて寝たのですが、朝起きたら発売開始になってまして。
取り急ぎPCで購入後、電車内でスマートフォンに同期し、流し読み。
そのまま電車の中でブログを書くと言う(笑)

> 楽しみです。

私たちの様なアナログ世代相手なのだがら、製本して出版して欲しいですけどね。やっぱり。


> 僕はいつもの通りマイペースで行きます。

実は私もこれから真面目に読むのです。
既に記事に間違いがある事に気が付いたので修正せねば、あーメンドイ(笑)


> 写真の淳子さん「十七の夏」の衣装ですね。
> 「うれしいワ」のポーズですね(・∀・)
> あるいは、必殺スペクトル・ジュンビームを出す瞬間ですか?
> (*≧∀≦*)

「私の新聞記事を纏めた本が出たのよ。嬉しい」と喜んでるんじゃないですかね(笑)


> 隣は西城さんですな。歌番組の楽屋かな...

全く判りません。
今回の書籍にも西城氏とのツーショットがありましたので、それに引っ掛けてみました。


Re: 再びのスポニチ。

KAZUさん、こんばんは


> 想像を遥かに凌ぐ、素晴しい内容でした。

女優時代の記事が思ったよりも充実していた印象です。


> 画像は、前回の週刊実話平成25年11月14日号ですね。
> 昭和50年8月25日放映のNTV【紅白歌のベストテン】だと思われます。

写真の出処はそうですが、何故【紅白歌のベストテン】だと?
私には、スタジオ収録に見えますが。


> 各位への感謝の気持ちは、一つ前のコーナーに書かせて頂きました。

ご丁寧に速報をどうもです。


スポニチ、電子書籍。

T.Aさん、

私はまだこの度の【スポニチ秘蔵アイドル全集】殆ど拝読してはいませんが、
T.Aさんの記事にお応えさせて頂きます。

今回、平成25年11月14日号【週刊実話】の淳子さんの画像は、確信がある訳ではありませんので、今度調べます。


昭和52年

①日劇ワンマンショーでの中野ブラザーズさんと稽古風景は、
昭和52年4月28日放映の【スタードッキリ〇秘報告】で紹介されました。
エレベーター、ゴリラ登場ドッキリ付きで。

そうです。
この日劇での衣装が、
先日の【週刊実話】平成25年11月14日号にも掲載された、
後に【気まぐれヴィーナス】でも2度着られた衣装です。

この年の日劇は、
ゲスト歌手が日替わりでいらっしゃいました。
宏美さんの日をどうしても購入したかったのですが、
やはり人気が高く、行けたのは内藤やす子さんの日でした。(涙)

②写真集とは、
近代映画者発行の淳子さんデビュー5周年記念写真集だと思われます。

③断髪式は、高輪プリンスホテルではなく赤坂プリンスホテルです。


昭和53年

①NHK【愛一つ、恋五つ】は昭和53年6月3日~7月1日まで放映されました。
《コメディ公園通り》の時間枠で、大変思い出深いドラマです。

堺正章さん、井上順二さんたちとの忘れられない共演でした。

以前、桜えびさんが、どちらかで書かれていましたが、
その《コメディ公園通り》の主題歌が、またとても良いのです。

『誰が運んだ青い鳥よ、それはあなたよ~~誰が見つけた青い鳥よ、それは私よ~~カッコウ時計がそう言った。』

今度、CD化しなければなりません。

②盗難ドッキリは、昭和53年6月1日【スタードッキリ〇秘報告】です。
スターの盗難事件が多発しているとのことで、
4万円盗んだ犯人と警察官が淳子さんの楽屋に入り、
警察官が犯人を殴ったり、ブラジャーを取り出して、
これも貴方のですかと胸に当てようとし、
淳子さんはカーテンの裏に逃げ込み、泣かれました。

そして、VTRをご覧になられた淳子さんが、
『これは19才の時ですから、今はもう20才なので泣きませんよ!』
と仰られていたのが、忘れられることなどできません。


昭和54年

【動乱】の撮影場所が池袋ですか。
私は昭和55年2月16日に、池袋東映で拝見致しました。

本日は、池袋で【第26回桜田淳子の会】を開催致しますが、
ゆかりの地である撮影場所の確定は・・・・・。

T.Aさん、宜しくお願い致します。


昭和55年

昭和55年6月1日放映の【レッツゴーヤング】での
《ハワイアンウェディング》を歌われた時のお写真ですね。

翌年、昭和56年6月7日にも【レッツゴーヤング】にてウェディングを歌われました。


その他、

電子書籍は、百恵さん、宏美さんが出れば直ぐに購入しますが、
森昌子さんは購入致しません。

私も、これから、ゆっくり、じっくりと拝読させて頂きます。

堪能中

半分ほどじっくり読みまして、一息ついてマス。
写真は一通り見ました。
突っ込みたいどころ多すぎて、イヤ、初めて見る淳子さんの表情が多すぎて、まさにThanks40 Part2 ですね。ヽ(*´∀`)ノ

特に「澪つくし」の発表時斜に構えた表情が
“たまらない♡”ッス!

淳子さんの仰っていることは昔から“変わらない”、ブレてないですね。
感謝DAYで仰っていたことがそのまま載っていました。

桜田淳子ってやっぱりトップアイドルでありトップスターと実感いたしました。

残りの記事は夜かな...

T.Aさんが仰るようにファン感謝DAYで締めてくれれば決まったんですけどネ!(・ωー)~☆

またやっちゃった!

失礼しました。

>桜田淳子ってやっぱりトップアイドルでありトップスターと実感いたしました。

淳子さん、
呼び捨てにしてしまった・・。
まことにすみません。

Re: スポニチ、電子書籍。

KAZUさん、こんばんは

> ①日劇ワンマンショーでの中野ブラザーズさんと稽古風景は、
> 昭和52年4月28日放映の【スタードッキリ〇秘報告】で紹介されました。
> エレベーター、ゴリラ登場ドッキリ付きで。


その通りです。さすが良くご存じ。


> この日劇での衣装が、
> 先日の【週刊実話】平成25年11月14日号にも掲載された、
> 後に【気まぐれヴィーナス】でも2度着られた衣装です。

コメント欄で度々話題にしている衣装ですね。
最近、サブカル系出版社で使い回しされている写真です。


> この年の日劇は、
> ゲスト歌手が日替わりでいらっしゃいました。
> 宏美さんの日をどうしても購入したかったのですが、
> やはり人気が高く、行けたのは内藤やす子さんの日でした。(涙)

岩崎さんがゲストの回があったのですね。豪華です。
「思い出ぽろぽろ」もいいじゃないですか。


> ②写真集とは、
> 近代映画者発行の淳子さんデビュー5周年記念写真集だと思われます。


そうかなとは思ったのですが。日劇でも販売していたのですか。


> ③断髪式は、高輪プリンスホテルではなく赤坂プリンスホテルです。

その通りです。


> 昭和53年
>
> ①NHK【愛一つ、恋五つ】は昭和53年6月3日~7月1日まで放映されました。
> 《コメディ公園通り》の時間枠で、大変思い出深いドラマです。


ああ、そうでしたね。
思い出しました。


> 堺正章さん、井上順二さんたちとの忘れられない共演でした。
>
> 以前、桜えびさんが、どちらかで書かれていましたが、
> その《コメディ公園通り》の主題歌が、またとても良いのです。
>
> 『誰が運んだ青い鳥よ、それはあなたよ~~誰が見つけた青い鳥よ、それは私よ~~カッコウ時計がそう言った。』


オープニングの歌は観たことがあります。


> ②盗難ドッキリは、昭和53年6月1日【スタードッキリ〇秘報告】です。
> スターの盗難事件が多発しているとのことで、
> 4万円盗んだ犯人と警察官が淳子さんの楽屋に入り、
> 警察官が犯人を殴ったり、ブラジャーを取り出して、
> これも貴方のですかと胸に当てようとし、
> 淳子さんはカーテンの裏に逃げ込み、泣かれました。


後年、あれは嫌なドッキリだったと仰っていました。


> 【動乱】の撮影場所が池袋ですか。
> 私は昭和55年2月16日に、池袋東映で拝見致しました。
>
> 本日は、池袋で【第26回桜田淳子の会】を開催致しますが、
> ゆかりの地である撮影場所の確定は・・・・・。
>
> T.Aさん、宜しくお願い致します。


あの映像だけでは、おそらく無理でしょう(笑)


> 昭和55年6月1日放映の【レッツゴーヤング】での
> 《ハワイアンウェディング》を歌われた時のお写真ですね。


それ観たいですねえ。






Re: 堪能中

桜えびさん、コニャニャチワ

> 半分ほどじっくり読みまして、一息ついてマス。
> 写真は一通り見ました。
> 突っ込みたいどころ多すぎて、イヤ、初めて見る淳子さんの表情が多すぎて、まさにThanks40 Part2 ですね。ヽ(*´∀`)ノ

記事に間違いが多くて、突っ込みたいところは沢山あります(笑)
しかし、写真は美麗だし、倉庫に眠っていたものもある様なので、相当貴重な資料です。
こんな良い企画、他紙もやって頂きたい。


> 淳子さんの仰っていることは昔から“変わらない”、ブレてないですね。
> 感謝DAYで仰っていたことがそのまま載っていました。

「男は女に媚を売る必要が無い」ってところですか?


> 桜田淳子ってやっぱりトップアイドルでありトップスターと実感いたしました。

紙面がルミ子篇の1.5倍でしたからね。売れ行きも只今一番の様です。


> T.Aさんが仰るようにファン感謝DAYで締めてくれれば決まったんですけどネ!(・ωー)~☆


購入前に、それを期待していたんですけどね。
ルミ子篇も1992年までの収録でした。何か理由があるのかな?


スターリバイバル

おはようございます、

昨夜放送された「ザ・スターリバイバル」第12回「森昌子」をみました。
帰宅してから夜中にうとうとしながら見ていたんですが、気が付いたらそのままソファで寝てました。
今、起きてもう一度、会話場面だけ見直しましたが、特に新しい話はなかったですね。
淳子さんの名前も昌子さんから一度出ただけした。
まあ、それはしょうがないですけど。


オフィシャルサイトの方は復活していますが、
次回放送が『1月25日(土)21:00~21:55 第1回「八代亜紀」 ※再放送』
になっています。
これは何を意味するのか、ちょっと嫌な予感がします。
まだ、期待は捨てていないですが。

Re: スターリバイバル

shout83さん、こんにちは

> 昨夜放送された「ザ・スターリバイバル」第12回「森昌子」をみました。
> 帰宅してから夜中にうとうとしながら見ていたんですが、気が付いたらそのままソファで寝てました。
> 今、起きてもう一度、会話場面だけ見直しましたが、特に新しい話はなかったですね。
> 淳子さんの名前も昌子さんから一度出ただけした。
> まあ、それはしょうがないですけど。

昌子さんはトーク番組に出演されると花のトリオのお話を良くしてくださいますが、目新しい話は滅多にされないですね。本番前にトイレに隠れたお話は、福留さんが当時の現場のパニックぶりも思い出されていたので、いつもよりリアリティを感じましたが。

又、一昨日は「スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子」「同 森昌子」が発売され、昨日はCSで「初恋時代」「涙の卒業式〜出発」の放送後に、当番組で昌子さんが仲良しエピソードや解散時の心境をお話されたので、この週末は"花のトリオ回顧日"だなと思いながら感慨深く観ていました。


> オフィシャルサイトの方は復活していますが、
> 次回放送が『1月25日(土)21:00~21:55 第1回「八代亜紀」 ※再放送』
> になっています。
> これは何を意味するのか、ちょっと嫌な予感がします。
> まだ、期待は捨てていないですが。

そうなんですよね。
放送前には次回がリピート放送だと分かっていましたので、昌子さんで「最終回」なのかと心配してましたが、その様な雰囲気はありませんでした。
収録が追い付かなかったためのインターミッションだと思いたいです。


スポニチ秘蔵アイドル全集

こんばんは、

「ザ・スターリバイバル」は、まずは来月も継続されるのかどうかというところですね。


「スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子」、
私も発売日の朝起きてすぐ購入しました。
kinoppyは数日前にインストール済みだったので、
パソコンで購入後、すぐiPhoneにも同期しました。
朝の電車は、超混みなのでさすがに見れませんでしたが、
昼休みと帰りの電車でとりあえず、最後まで流し読みして、
帰宅してから、ゆっくり写真を見ました。
全体的には金額も含めて、充分満足できるものでした。
ただ、やはり、1973年~1974年の記事がほとんどないのが残念です。
もうひとつ、新聞記事ということでしょうがないのかもしれませんが、
1980年代後半以外の写真が白黒なのが残念です。
これがすべてカラーであればさらに素晴らしいものになったと思います。
値段も上がるかもしれませんが。


2月の歌謡ポップスチャンネルで
「藤井隆の胸キュン!アイドル天国#7 金谷幹夫(元「明星」編集者)」が2/27(木)に放送されます。
テーマは「『明星』編集者がみたアイドル」となっていて、
淳子さんと百恵さんのことが取り上げられるようです。

Re: スポニチ秘蔵アイドル全集

shout83さん、こんばんは

> 「スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子」、
> 私も発売日の朝起きてすぐ購入しました。
> kinoppyは数日前にインストール済みだったので、
> パソコンで購入後、すぐiPhoneにも同期しました。
> 朝の電車は、超混みなのでさすがに見れませんでしたが、
> 昼休みと帰りの電車でとりあえず、最後まで流し読みして、
> 帰宅してから、ゆっくり写真を見ました。
> 全体的には金額も含めて、充分満足できるものでした。
> ただ、やはり、1973年~1974年の記事がほとんどないのが残念です。
> もうひとつ、新聞記事ということでしょうがないのかもしれませんが、
> 1980年代後半以外の写真が白黒なのが残念です。
> これがすべてカラーであればさらに素晴らしいものになったと思います。
> 値段も上がるかもしれませんが。

当時のスポーツ紙の写真は皆モノクロでしたから、写真もモノクロしか無いのでしょうね。
電子本を良く見ると古い写真ほど、剥げた様なキズが散見されるので、新たなネガ起こしでは無く、資料室の写真を引っ張り出してきたのでしょうね。
私も30年前に某新聞社でバイト経験がありますが、当時の資料室の写真は漏れなくモノクロでした。

おそらくですが、73年~74年の写真は見つかっていない可能性が高い気がします。

> 2月の歌謡ポップスチャンネルで
> 「藤井隆の胸キュン!アイドル天国#7 金谷幹夫(元「明星」編集者)」が2/27(木)に放送されます。
> テーマは「『明星』編集者がみたアイドル」となっていて、
> 淳子さんと百恵さんのことが取り上げられるようです。

凄いですね。その情報は公式サイトにもまだ予告されて無いでしょう。
shout83さん、もう私の代わりに出演情報コーナー担当しませんか?(笑)

金谷さんはファン感謝デーにもいらしゃった方です。
福田さんに続いて、歌謡ポップスチャンネルは淳子さん関係者を良く取り上げますね。
これ偶然なんでしょうか?

貴重な情報ありがとうございます。
またまた記事に追加させて頂きます。


スカパー

おはようございます、

前のもそうですが、今回の情報もたまたま見つけたんです。


福田さんの回もあるので
結局、2週間お試しを使用していないB-CASカードは使わずに
スカパー再加入してしまいました。
もうすぐ解約して1年になるし、どうせ加入月は解約できないんで、
来月契約して再来月空振りするよりは、今でしょ(もう古いか(笑))と思って。

Re: スカパー

こんばんは

> 前のもそうですが、今回の情報もたまたま見つけたんです。

shout83さんのブログは情報強者でなきゃ書けそうにない内容ですし、
拡散している情報の取り方がお上手なんだと思いました。


> 福田さんの回もあるので
> 結局、2週間お試しを使用していないB-CASカードは使わずに
> スカパー再加入してしまいました。
> もうすぐ解約して1年になるし、どうせ加入月は解約できないんで、
> 来月契約して再来月空振りするよりは、今でしょ(もう古いか(笑))と思って。

前にも書きましたが、今月から来月にかけて淳子さんの出演番組が特別多いですしね。
CSはリピート放送も多いですが、歌謡ポップスチャンネルがここまで取り上げてくれる(未だ観てないですが)とは予想外でした。3月以降もこの流れが続けばいいですね。

スカパーは、よくばりパックですか?
私はそうなのですが、観るチャンネルって限られますね。
かと言って、厳選したところで値段は余り変わらないしで。


大奥

こんばんは、

「大奥」2話分をみました。
時代劇はあまり好きじゃないので、どうかなと思ったけど、結構良かったです。
淳子さんもきれいだったし。


私のサイトはブログではなくていわゆるホームページなんです。
あるきっかけでサイトをつくることになったんですが、
どうせ作るなら長く続けられるものがいいかなと思って好きな音楽のサイトにしました。
自分で言っちゃいますけど、あまり見栄えと使い勝手はよくないと思います。
技術的な勉強も兼ねていろいろな仕掛けを実験的に試しながらガリガリ書きました。(大した仕掛けではないですけど)
ブログも始めようと思って用意まではしたんですけど
ブログだと更新頻度とかも重要なじゃないかと勝手に考えて
ずぼらな自分にはハードルが高いなと思い断念しました。
本当はホームページでももう少し更新したいんですけど(せめて月1回ぐらいは)、中々できません・・・
(ネタはいっぱいあるのに)


スカパーは再加入してとりあえず歌謡ポップスチャンネルだけの契約です。
来月は、「閨閥」があるのでTBSチャンネルも追加します。
10年くらい前までは、自宅で仕事していたのでプロ野球セットを契約して野球観ながら仕事したりしてました。
通勤するようになって解約しました。
2年ぐらい前からは淳子さんの出演があるときだけチャンネルごとに契約してます。

Re: 大奥

shout83さん、こんばんは

> 「大奥」2話分をみました。
> 時代劇はあまり好きじゃないので、どうかなと思ったけど、結構良かったです。
> 淳子さんもきれいだったし。

観られましたか。
私は数年前の放送で拝見済みでしたから、今回はスルーしました。
ストーリーはかなり忘れましたが、淳子さんらしい役柄だった様に記憶しています。
近年再放送された淳子さん出演時代劇は、大奥'83を含めて7作品くらいありますね。
結構多いです。

> 私のサイトはブログではなくていわゆるホームページなんです。

そうでしたね。失礼しました。


> あるきっかけでサイトをつくることになったんですが、
> どうせ作るなら長く続けられるものがいいかなと思って好きな音楽のサイトにしました。
> 自分で言っちゃいますけど、あまり見栄えと使い勝手はよくないと思います。
> 技術的な勉強も兼ねていろいろな仕掛けを実験的に試しながらガリガリ書きました。(大した仕掛けではないですけど)

誠実で正統派なページだと感心しましたよ。
聞きたい曲も探し易い等、使い勝手も悪くない印象です。


> ブログも始めようと思って用意まではしたんですけど
> ブログだと更新頻度とかも重要なじゃないかと勝手に考えて
> ずぼらな自分にはハードルが高いなと思い断念しました。

私と逆パターンですね。
私は構成を考えるのが面倒なのと、好きな事を好きな様に書くためブログフォーマットにしていました。
仰る通り、ブログの欠点は更新頻度が重要で過去ログが埋もれやすい事ですね。
そろそろ、その苦労から脱却したくて、ホームページ移設を検討しているのですが、いつ実現できる事やら...

> 本当はホームページでももう少し更新したいんですけど(せめて月1回ぐらいは)、中々できません・・・
> (ネタはいっぱいあるのに)


元ネタコーナーが特に好きなので、次の更新に期待してますね。

>
> スカパーは再加入してとりあえず歌謡ポップスチャンネルだけの契約です。
> 来月は、「閨閥」があるのでTBSチャンネルも追加します。
> 10年くらい前までは、自宅で仕事していたのでプロ野球セットを契約して野球観ながら仕事したりしてました。
> 通勤するようになって解約しました。
> 2年ぐらい前からは淳子さんの出演があるときだけチャンネルごとに契約してます。

まさに淳子さんを観る為のスカパーですね。
サラリーマンにはテレビを観る時間が余り無いので、パックセットは無駄と言えば無駄かも知れません...
しかし私は、淳子さん以外の番組も観ますし(地上波は余り見ませんけど)、解約と契約を繰り返すのが面倒なので(笑)、よくばりパックを続けています。



淳子さん出演の時代劇

こんばんは、

淳子さん出演の時代劇、最近放送だけでも7作品あるんですか。
私がファンに復活してから見たものは、
「忍の一字」、
「独眼竜政宗」(放送ではなくDVDで)、
「天下の副将軍 水戸光圀~徳川御三家の激闘」(昨年放送のとVHSビデオ化されたものも手に入れました)、
と「大奥」の4作品です。
他にはどのような作品が放送されたのかよかったら教えていただけますか。


私の愚サイトをお褒めいただきまして恐縮です。
元ネタコーナーにもまだネタはありますので、少しづつ出していこうと思ってます。
淳子さんの曲でも、もう1曲あります。
ファンの方々はご存じのものかもしれませんが・・・
淳子さんの曲は「あきらめて」「天使の唇」を続けて紹介したんですが、
なるべく一人のアーティストに偏らないようにするためあえて2つで止めました。
最近になってT.Aさんに教えていただいた「サマーガール」で3曲になりました。
其の節はありがとうございました。

Re: 淳子さん出演の時代劇

shout83さん、こんばんは

> 淳子さん出演の時代劇、最近放送だけでも7作品あるんですか。
> 私がファンに復活してから見たものは、
> 「忍の一字」、
> 「独眼竜政宗」(放送ではなくDVDで)、
> 「天下の副将軍 水戸光圀~徳川御三家の激闘」(昨年放送のとVHSビデオ化されたものも手に入れました
)、
> と「大奥」の4作品です。
> 他にはどのような作品が放送されたのかよかったら教えていただけますか。

ここ4~5年だと
・人見おんな物語〜鳥影の関(1983年)
・水戸黄門 第13部 第8話「悲願を秘めた蜆売り・吉田」(1982年)
・ご存知!旗本退屈男III~疑惑渦巻く大奥!謎の美女に将軍のお世継ぎが…幕府転覆か!決闘!八丈島!! (1989年)
を放送しました。ストーリー的には仇討みたいな話が多いです。

後、私は観れていませんが、ビートたけし版の浮浪雲 第22話 「春の風景」(1991年)もかってTBSチャンネルで放送された筈ですね。

いずれも、今後の放送は有り得ると思います。


> 私の愚サイトをお褒めいただきまして恐縮です。
> 元ネタコーナーにもまだネタはありますので、少しづつ出していこうと思ってます。
> 淳子さんの曲でも、もう1曲あります。
> ファンの方々はご存じのものかもしれませんが・・・
> 淳子さんの曲は「あきらめて」「天使の唇」を続けて紹介したんですが、
> なるべく一人のアーティストに偏らないようにするためあえて2つで止めました。
> 最近になってT.Aさんに教えていただいた「サマーガール」で3曲になりました。
> 其の節はありがとうございました。

いえいえ、どう致しまして。
「あきらめて」「天使の唇」はどちらも元ネタに気が付きませんでしたから目から鱗でした。
淳子さんのもう一曲が楽しみです。

日本人同士なら南沙織の「ともだち」、ピンク・レディー「SOS」がイントロそっくりですよね。

--
歌謡ポップスチャンネルの福田さん、淳子さんのお話を沢山されました。
Thanks40のライナーに載っているエピソードが多かったですが、福田さんは博品館でお見かけしたばかりでしたから、感慨深く観させて頂きました。


【同胞(はいから)】

T.Aさん、

こんにちは。
一つ前の話題ですが、こちらにて失礼させて頂きます。


桜えびさん、アスカさん、

ご案内を頂きました、山田洋次監督の【同胞(はいから)】を、
本日、購入することが出来ました。

近々、拝見させて頂きます。

ご紹介を頂き、誠に有難うございました。

Re: 【同胞(はいから)】

KAZUさん、こんばんは

拝見されたら感想を教えてください。
宜しくお願い致します。

あちゃー!

こんばんは。

あげ足を取る気は毛頭ない(ハゲじゃないよ)ですが、

【同胞(はらから)】です。m(_ _)m

昔の映画なので当たり前ですが、役者さん達若くて、
市毛良枝さんみたいなマドンナが青年団に居るようでいなく、あの雰囲気は懐かしいです。実に楽しい時期でした。
しかし僕にとって桜田淳子さんから少し離れていた時期でもありました・・・。

情報ありがとうございます

こんばんは、

旗本退屈男は主演が北大路欣也さんのものですね。今、ネットで調べました。
北大路さんとの共演は「はらぺこ同志」「独眼竜政宗」に続き3度目になるんでしょうか。

「浮浪雲」にもゲスト出演されていたんですね。
「浮浪雲」は渡哲也さんのは見ていましたが、ビートたけしさんのは見ていませんでした。


「ともだち」と「SOS」は私も気づいていていずれ紹介しようと思っていました。
作編曲は、筒美京平さんと都倉俊一さんですよね。
お二人とも洋楽の要素をうまくとりいれた作曲とアレンジをされます。
筒美京平さんは自分の曲もパロディにしてしまいます。
GSバンド=オックスの「ダンシング・セブンティーン」のイントロをちょっと変えたのが
郷ひろみさんのデビュー曲「男の子女の子」で
映画「GSワンダーランド」の中でオックスがモデルなんじゃないかと思われる
ザ・タイツメンというバンドが歌う「海岸線のホテル」は
「男の子女の子」のイントロを微妙に変えて使っています。
これぞ筒美京平ワールドで遊び心にあふれていると思います。


「藤井隆の胸キュン!アイドル天国」見ました。
話し的には目新しいものはなかったと思いますが、
淳子さんの話の時間が一番長かったように思うのでうれしかったです。

【旗本退屈男】【浮浪雲】

T.Aさん、

【同胞 はいから】は、鑑賞後に感想を書かせて頂きます。

ご紹介を頂いた、DVDマガジンを購入したのですが、はやり開封には勇気と気合が必要です。

今暫くお待ち下さい。


shout83さん、

夏の時代劇スペシャル【ご存知!旗本退屈男Ⅲ】は、平成元年8月10日に放映になりました。

北大路欣也さんとのご共演は、3度目の作品です。
それ以降のご共演はありません。

何時の日かご覧頂ければと存じます。

【浮浪雲】は平成3年3月28日に、最終回にゲスト出演されていらっしゃいます。

T.Aさんが仰られるように、
またCSにて放映されることと思います。

Re: あちゃー!

桜えびさん、こんにちは

> あげ足を取る気は毛頭ない(ハゲじゃないよ)ですが、
>
> 【同胞(はらから)】です。m(_ _)m


同胞さんが通る(笑)
「はらから」という古い読み方には馴染みがありませんから、私も気が付きませんでした。


> しかし僕にとって桜田淳子さんから少し離れていた時期でもありました・・・。

Run around Mr.Sakura Ebiだった訳ですね?
誰でも誘うの~♪ってね


Re: 情報ありがとうございます

shout83さん、こんにちは

> 旗本退屈男は主演が北大路欣也さんのものですね。今、ネットで調べました。
> 北大路さんとの共演は「はらぺこ同志」「独眼竜政宗」に続き3度目になるんでしょうか。

詳しくは存じませんが、その様ですね。
「独眼竜政宗」では義理の親子役ですが、他の2本は微妙な恋愛関係の役どころでした。


> 「浮浪雲」にもゲスト出演されていたんですね。
> 「浮浪雲」は渡哲也さんのは見ていましたが、ビートたけしさんのは見ていませんでした。

初代(渡さん)は最近もチャンネル銀河で放送していましたが、たけしさんのverはなかなか観る機会がありません。TBSチャンネルも一昨年から2局化しましたから、早めの次回放送に期待したいところです。


> 「ともだち」と「SOS」は私も気づいていていずれ紹介しようと思っていました。
> 作編曲は、筒美京平さんと都倉俊一さんですよね。
> お二人とも洋楽の要素をうまくとりいれた作曲とアレンジをされます。

やはりご存知でしたか。
お二人とも、洋楽に比べてイマイチ垢抜けなかった歌謡曲からの脱却を図った功労者だと思います。


> 筒美京平さんは自分の曲もパロディにしてしまいます。
> GSバンド=オックスの「ダンシング・セブンティーン」のイントロをちょっと変えたのが
> 郷ひろみさんのデビュー曲「男の子女の子」で
> 映画「GSワンダーランド」の中でオックスがモデルなんじゃないかと思われる
> ザ・タイツメンというバンドが歌う「海岸線のホテル」は
> 「男の子女の子」のイントロを微妙に変えて使っています。
> これぞ筒美京平ワールドで遊び心にあふれていると思います。

さすが、お詳しいですね。
一通り確認させて頂きました。勉強になります。

尚、請売りで恐縮なのですが、以前お話しました「サマーガール」の元ネタはロネッツ版というよりも、筒美京平氏率いるDr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレスの「BABY I LOVE YOU」と言った方がより正確かも知れません。ハッキリ言ってソックリです(笑)

>
> 「藤井隆の胸キュン!アイドル天国」見ました。
> 話し的には目新しいものはなかったと思いますが、
> 淳子さんの話の時間が一番長かったように思うのでうれしかったです。

そうですね。
少しチャラけた演出が好きではないですが、前半を淳子さん中心の構成にして頂いたことは素直に嬉しく思います。福田さんの表情を見ていると、もうプロダクションを離れてしまったタレントに対しても変わらぬ愛情の深さをお持ちの様で、改めてサンミュージックの社風の良さを感じました。


Dr.ドラゴン

T.Aさん、こんばんは、

Dr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレスの「BABY I LOVE YOU」
聴いてみました。
参考にしたのはこちらのようですね。
ディスコサウンドということも含め細かい部分は別にしてアレンジもかなり似てます。
特にイントロはほぼ同じですね。(笑)
結果ロネッツのオリジナルが元ネタではなくなってしまいましたが、
私のサイトの方は、
ロネッツを知らない人に聴いてもらいたいという思いも込めてそのままで行きたいと思います。

ついでに浅野ゆう子さんの「セクシー・バス・ストップ」も聴いちゃいました。懐かしい~
私は当時この曲を洋楽の日本語カバーだと思って聴いてました。
後になって筒美京平さんが変名で作曲されたと知りました。
このあたりにも筒美京平さんのセンスの良さが感じられます。


「ザ・スター リバイバル」どうやら今月の放送は全て再放送みたいです。
(西城秀樹さん、小柳ルミ子さん、五輪真弓さん、伊東ゆかりさん)
まあ、終了しないだけ、まだ淳子さんの回の可能性が残っていると思った方がいいんでしょうかね。


KAZUさん、T.Aさん、

「ご存知!旗本退屈男Ⅲ」「浮浪雲」の情報ありがとうございます。
スカパーで放映されることを期待します。
私は淳子さん出演のドラマは未見のものが多いので、
見れる可能性がある番組が増えていくようでうれしいです。

Re: Dr.ドラゴン

shout83さん、こんばんは

> Dr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレスの「BABY I LOVE YOU」
> 聴いてみました。
> 参考にしたのはこちらのようですね。
> ディスコサウンドということも含め細かい部分は別にしてアレンジもかなり似てます。
> 特にイントロはほぼ同じですね。(笑)

同じです(笑)
「サマーガール」を最初に聴いたときは「ロネッツかよ」と突っ込んだものですが、割と近年「Dr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレス」が元ネタだと教えて頂き、そのソックリぶりに驚きました。


> 結果ロネッツのオリジナルが元ネタではなくなってしまいましたが、
> 私のサイトの方は、
> ロネッツを知らない人に聴いてもらいたいという思いも込めてそのままで行きたいと思います。

まあ、大本はロネッツですからね。


> ついでに浅野ゆう子さんの「セクシー・バス・ストップ」も聴いちゃいました。懐かしい~
> 私は当時この曲を洋楽の日本語カバーだと思って聴いてました。
> 後になって筒美京平さんが変名で作曲されたと知りました。
> このあたりにも筒美京平さんのセンスの良さが感じられます。

同感です。
それにしても、Dr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレスのアルバム良さげですよね。
ディスコサウンドはあまり趣味じゃないですが、これは買いかな。

> 「ザ・スター リバイバル」どうやら今月の放送は全て再放送みたいです。
> (西城秀樹さん、小柳ルミ子さん、五輪真弓さん、伊東ゆかりさん)
> まあ、終了しないだけ、まだ淳子さんの回の可能性が残っていると思った方がいいんでしょうかね。

予想に自信が無くなってきましたが、まだ諦めないで待つことにします。
何気に公式サイトの「ご意見・ご感想」欄からリクエストなども(笑)


> 「ご存知!旗本退屈男Ⅲ」「浮浪雲」の情報ありがとうございます。
> スカパーで放映されることを期待します。
> 私は淳子さん出演のドラマは未見のものが多いので、
> 見れる可能性がある番組が増えていくようでうれしいです。

それよーく解りますよ。
私の場合、5年くらい前から淳子さん映像を渇望し続けて、どんな再放送でも自分にとっては新番組みたいなものでしたから、放送予定を見つける度にテンションが上がって.......その結果が今の有り様です(笑)

リクエストしました

こんばんは、

早速、ご意見・ご感想からBSフジにリクエストしちゃいました。

リクエストの効果は別にして3月以降の放送予定が出るのを待ちたいと思います。

Re: リクエストしました

shout83さん、こんにちは

> 早速、ご意見・ご感想からBSフジにリクエストしちゃいました。

さっすがです!
ただ待つだけじゃなく、そういう熱意を示していくことが重要ですね。
ついでに日本映画専門チャンネルへも如何ですか?
あそこはリクエスト内容が開示されるので、私の書き込みも掲載されてますよ(笑)

日本映画専門チャンネル

こんばんは、

日本映画専門チャンネルにもリクエストしました。
まだ表示されていません。

ハンドルネームの70年代主義さんがT.Aさんですか?
淳子さん関連のリクエストは一つだったので、
多分そうだと思うんですが。

タイトル、かぶっちゃいました。(笑)

リクエストした作品には既にソフト化されているものや、私が最近見たものも入っていますが、
特集によって淳子さんを知らない人たちにも淳子さんの作品を見てもらいたいので
あえて大量にリクエストしてみました。


Re: 日本映画専門チャンネル

shout83さん、こんばんは

> 日本映画専門チャンネルにもリクエストしました。
> まだ表示されていません。

shout83さんは行動が早いですね。
表示は2~3日後になると思われます。


> ハンドルネームの70年代主義さんがT.Aさんですか?
> 淳子さん関連のリクエストは一つだったので、
> 多分そうだと思うんですが。


当たりです。
あそこへはもう何度かリクエストしており、その度ハンドルネームを変えていますが、ホスト名でバレバレかも知れません(笑)
以前は私以外にも多くの淳子さん主演映画のリクエストがありましたが、最近は見かけなくなりました。
衛星劇場へは、2年前に他のファンの皆さんと一緒にリクエストを集め、「遺書 白い少女」の放映に繋がったことがありますから、又実現すると信じたいですね。

尚、東宝作品なら日本映画専門チャンネル、松竹作品なら衛星劇場が実現性が高いと思われます。


衛星劇場も

こんばんは、

皆さんの頑張りのおかげで「遺書 白い少女」が観れたんですね。
遅ればせながら私も、
西川きよしさんではないですが
「小さなことからコツコツと」って感じです。

今回は、まとめて「日本映画専門チャンネル」にリクエストしましたが、
松竹作品は近いうちに「衛星劇場」にリクエストしたいと思います。


Re: 衛星劇場も

shout83さん、こんばんは

> 皆さんの頑張りのおかげで「遺書 白い少女」が観れたんですね。

リクエストした時期と放送した時期を考えれば、そうだったのかなと自惚れています(笑)
もちろん全くの偶然かも知れませんが。


> 遅ればせながら私も、
> 西川きよしさんではないですが
> 「小さなことからコツコツと」って感じです。
>
> 今回は、まとめて「日本映画専門チャンネル」にリクエストしましたが、
> 松竹作品は近いうちに「衛星劇場」にリクエストしたいと思います。

是非宜しくお願いします。
近年に限れば、淳子さんのアイドル時代の主演映画を放送した局は、東宝作品も含めて衛星劇場とCSのフジテレビだけだそうです。
今後も衛星劇場が最も実現性が高そうなのですが、日本映画~にも頑張って頂きたいですね。


お客様の声

こんばんは、

「日本映画専門チャンネル」のお客様の声、今、確認したら出ていました。
何かしらの回答があればいいんですけど・・・


ちなみに、CSのフジテレビで放映された作品は何ですか?

Re: お客様の声

shout83さん、こんばんは

> 「日本映画専門チャンネル」のお客様の声、今、確認したら出ていました。
> 何かしらの回答があればいいんですけど・・・

読まさせて頂きました。説得力ある文章がいいですね。
あそこの今までの対応を観る限り、青字のコメントが無い時は(残念ながら)前向きな検討がされていない時だと思います。私が最初にリクエストした際は「編成に伝えます」と丁寧なコメントを頂いたのですが、あれから早4年...

でも希望は捨てませんよ。


> ちなみに、CSのフジテレビで放映された作品は何ですか?

桜えびさん曰く「若い人」だそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。