音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

45周年企画を実現させよう!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2015/05/05 (Tue) 02:21
夢のあとさき

先日、淳子さんが約40年前に主演した映画のロケ現場を再び訪れる機会があった。
ロケ地探しが概ね終了した「スプーン一杯の幸せ」「花の高2トリオ 初恋時代」「遺書 白い少女」の3作品。

最後に廻った場所が「初恋時代」のオープニングシーンが撮影された西新宿だったのだが、あろうことかデパートの屋上として使用された築古マンションが既に解体されており、大変なショックを受けてしまった。

brog511.jpg

老朽化で取り壊すしか無かったのかも知れないし、オーナーが土地の再活用を考えるのは至極当然だろう。
しかし好きな映画のフィルムに刻まれた印象的な風景は、私みたいな庶民には夢の様な場所といっていい。
その夢の場所へ実際に行くことが出来る喜びを失った喪失感。
自分の大切な何かが、建物と一緒に取り壊されたような気がしてならないのだ。

brog513.jpg
brog512.jpg
※或りし日の「栄マンション」

私が今まで訪れた場所に限定すれば、70年代に淳子さんが主演した映画のロケ現場の内、当時のままの姿を残している建物は決して多くない。

「スプーン一杯の幸せ」なら、歩道橋の一部・寺・駅・バトミントン部が使用した体育館。
「遺書 白い少女」なら、歩道橋、教会、スキー場のコテージ、喫茶店、病院の中庭。
「花の高2トリオ 初恋時代」に至っては、もう何も残っていないだろう。

まだ捜索していない淳子さん主演映画のロケ地はまだ存在するのだから、楽しみは未だある。
しかしそれは、一刻も早く探し出さなければ夢の地へ訪れる機会が年々減少することを同時に意味する。

重い腰が再び上がる日は来るだろうか。

.........................

TBSチャンネルでは、単発ドラマ枠だった頃の東芝日曜劇場がリバイバル放送されており、先日も淳子さんが80年代に主演した作品が放送された。
日曜劇場には淳子さんの主演作が何本もあるため、他の作品の放送に期待がかかる。

NHKアーカイブスのサイトでは「街~若者たちは、今~」第1話の3分間ダイジェストが自由に観れる様になっていた。
こちらも、オンデマンドでの視聴開始に期待がかかる。

brog509-1.jpg

しかし私にとっての桜田淳子は、やっぱり「歌手」だ。
ドラマや映画ばかりでは少し寂しい。

TBSチャンネルでは、最近「サウンド・イン"S"」「トップスターショー・歌ある限り」という70年代歌謡曲ファン垂涎の番組を放送中だが、どうやら厳選した回のみ放送するスタイルらしい。
それぞれ淳子さんがメインゲストを務めた回は飛ばされそうな気もするのだが、それでも気長に待っていたい.................というかリクエストするか。

NHK放送センターの方では、なんと1975年5月5日に放送した「第1回ヤング・歌の祭典」が初お目見え。
「ひとり歩き」の衣装で唄う「はじめての出来事」等の貴重なシーンが視聴可能となっている。
1976年以前の歌番組は紅白歌合戦以外ほとんど残されていないと思われたが、これはNHKが数年前に立ち上げた発掘プロジェクトの成果だ。

リンク : 「NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト」

brog508-1.jpg

TBSもNHKも過去資産の重要性を理解し、発掘作業に力を注いでいる。
テレビマンでなくても、自分で出来る範囲で何かできれば良い。
埋もれている貴重な資産は早く探し出さないと、時間の経過と共に消えてしまう事もあるのだ。
私は縁の地捜索が趣味の一つだが、機が熟せば取り組んでみたい別の発掘案件もある。

「変わらないから美しい」とは天女の言葉。

自分がリアルタイムで体験出来た素晴らしい文化は、今も記憶の中で生き続けている。
しかし、過去の記憶だけで終わりにする事はまだ出来ない。


夢のあとさき ~ 物語は時を越え続いていくのです。


スポンサーサイト

<< メインストリートのならず者 | ホーム | 梅村乃里子の一日 >>

コメント

残念・・(´・_・`)

おはようございます。

先日は参加できませんで申し訳ないです。
参加しなかったばかりに、ビルの跡地を見ることができませんでした。
とりあえず風船を持って、クロベエの真似をしたかったのですが・・笑

T.Aさんのブログが備忘録となり、現実や脳内の記憶が無くなっても、いつでも思い出せるのはありがたいです。

バーベーキューと言えば、僕のG・Wはバーベキューで始まったのですが、ワインを飲みすぎてダウン(寝ちゃった)してしまいました。
おかげで嫁さんからワイン禁止令が出てしまいました(*≧∀≦*)

今では写真のように地面に直火で出来るところは無いでしょうね。
写真の右端のちょうど切れているところにT.Aさんが、サングラスをかけて、コークハイを飲んでいるのでしょうか?(゚Д゚)ノ”

その下の写真もいいですが靴がちょっと合わない気がします。
バーベキューの写真の下なので、「髪が油っぽいわ」のポーズでしょうか?・・・違うか!

「おーい春子」は見ました?

Re: 残念・・(´・_・`)

桜えびさん、こんにちは


> 先日は参加できませんで申し訳ないです。
> 参加しなかったばかりに、ビルの跡地を見ることができませんでした。
> とりあえず風船を持って、クロベエの真似をしたかったのですが・・笑


御遠方ですから、なかなか機会がありませんね。
いずれ、また宜しくお願いします。
跡地では訪れた甲斐が無いですが、日石前の歩道の方はまだ名残があって感慨に耽ることが出来ると思います。


> バーベーキューと言えば、僕のG・Wはバーベキューで始まったのですが、ワインを飲みすぎてダウン(寝ちゃった)してしまいました。
> おかげで嫁さんからワイン禁止令が出てしまいました(*≧∀≦*)


毎年、GWはバーベキューなんですね。場所は川縁ですか?
私家の近辺では気軽に出来る場所がなくて。車で行くと飲めないし。


> 今では写真のように地面に直火で出来るところは無いでしょうね。


そうなんですか。もう随分長い間バーベキューに参加していないので、事情に疎いですが。


> 写真の右端のちょうど切れているところにT.Aさんが、サングラスをかけて、コークハイを飲んでいるのでしょうか?(゚Д゚)ノ”


淳子さんを車で送り迎えする役目なので、ジュース飲んでいると思います(笑)
アッシー君と呼んでください。


> その下の写真もいいですが靴がちょっと合わない気がします。


今観ると違和感ありますが、ベルボトムにヒールアップされたシューズやサンダルは、昔の芸能人の定番
ファッションだった様に思いますよ。


> バーベキューの写真の下なので、「髪が油っぽいわ」のポーズでしょうか?・・・違うか!


良くそういう事思いつきますね(笑)


> 「おーい春子」は見ました?


そういえば、まだでした。


偶然にも・・・

こんにちは、

しょうがないこととはいえ、T.Aさんが書かれているように桜田淳子さん出演映画のロケ地が時の流れとともに変貌して行くのは本当に寂しいことです。


今回のブログは、昨日5月5日の朝に拝見させていただきました。
全くの偶然ですが、昨日は、横浜周辺で撮影された日本テレビの『火曜サスペンス劇場「危機一髪の女」』の撮影場所探しを予定していて行ってきました。
1982年に放送されたドラマで撮影からは30年以上が経過していて横浜も大分変っているので当時と全く同じとは言えませんが面影が残っている箇所を幾つか見つけることができました。

どこの地域でも同じですが、街は年々変わっていきます。
来年訪れた時に同じ風景があるとは限りません。

T.Aさんにはご多忙とは思いますが、是非桜田淳子さん出演映画のロケ地探しを再開していただきブログで紹介していただければと思います.
一桜田淳子さんファンとしての勝手なお願いです。


もう一つ、紹介していただいた「第1回ヤング・歌の祭典」を、折角、近くまで行ったので「NHK放送センター番組公開ライブラリー」に寄って観てきました。
昨日は奇しくも放送日の1975年5月5日放送から丁度40年後にあたる5月5日のこどもの日でした。

桜田淳子さんの登場シーンをだけを観ましたがT.Aさんが書かれているように夜ヒットで観たことのある「ひとり歩き」の衣装での「はじめての出来事」歌唱シーンは大変貴重だと思いました。
紹介ありがとうございます。

淳子さんは、何人かの出演者と一緒に大きな折り紙で鯉のぼりを折るシーンと女性アイドル数人での洋楽の日本語カバーメドレーにも登場します。
曲は確か、オーシャンの「サインはピース」と、もう1曲は何だったか忘れました。

その他の出演者も懐かしい人たちばかりでしたが、印象的だったのは、左腕に包帯をしている西城秀樹さんです。
おそらくドラマ『寺内貫太郎一家』の撮影中に父親役の小林亜星さんに投げ飛ばされた時のけがによるものだと思います。


その後帰宅してから『NHKアーカイブスの番組発掘プロジェクト』のページを確認したら1978年放送の「NHK花のステージ サブタイトル(SFバラエティ宇宙最前線)」も4月から観れるようになったことが書いてありました。
桜田淳子さんも出演しているようなので、こちらも近いうちに「NHK放送センター番組公開ライブラリー」に行って観てこようと思います。


「第1回ヤング・歌の祭典」の映像も元NHKアナウンサーの山川静夫さんが所有されていたらしいですし、こうやって少しでも多くの淳子さんの映像がサルベージされていくといいですね。

Re: 偶然にも・・・

shout83さん、こんにちは

> しょうがないこととはいえ、T.Aさんが書かれているように桜田淳子さん出演映画のロケ地が時の流れとともに変貌して行くのは本当に寂しいことです。
>
>
> 今回のブログは、昨日5月5日の朝に拝見させていただきました。
> 全くの偶然ですが、昨日は、横浜周辺で撮影された日本テレビの『火曜サスペンス劇場「危機一髪の女」』の撮影場所探しを予定していて行ってきました。
> 1982年に放送されたドラマで撮影からは30年以上が経過していて横浜も大分変っているので当時と全く同じ>とは言えませんが面影が残っている箇所を幾つか見つけることができました。
> どこの地域でも同じですが、街は年々変わっていきます。
> 来年訪れた時に同じ風景があるとは限りません。


当然ながら、年代で変貌度合に随分と差がありますよね。
ロケ地を捜していて感じたことは、80年代バブル期の建築ラッシュで様相がかなり変わった印象があること、東京郊外であれば比較的当時の建物が残されていること。
後者は観光名所が利用されるケースが多い事も理由の一つかと思います。

90年代の「ゴミが捨てられない」「8時50分」なんかは、かなりの確率で当時の建物が見つかりますから、絶滅危惧種になりつつある70年代を急がなくてはいけないでしょうね。

私は「危機一髪の女」は探していませんが、年代的にも当時の風景はギリギリな感じがしますので、早い内に訪ねられたのは正解だと思います。


> T.Aさんにはご多忙とは思いますが、是非桜田淳子さん出演映画のロケ地探しを再開していただきブログで紹介していただければと思います.
> 一桜田淳子さんファンとしての勝手なお願いです。


そうですね。
時間の制約が多すぎて諦めていましたが、初恋時代に使用されたマンションが取り壊された現状を知ってからは、少しずつ再開できればと考え始めたところです。


> もう一つ、紹介していただいた「第1回ヤング・歌の祭典」を、折角、近くまで行ったので「NHK放送センター番組公開ライブラリー」に寄って観てきました。
> 昨日は奇しくも放送日の1975年5月5日放送から丁度40年後にあたる5月5日のこどもの日でした。


いつも思う事ですが、行動が早いですね。


> 桜田淳子さんの登場シーンをだけを観ましたがT.Aさんが書かれているように夜ヒットで観たことのある「ひとり歩き」の衣装での「はじめての出来事」歌唱シーンは大変貴重だと思いました。
> 紹介ありがとうございます。
>
> 淳子さんは、何人かの出演者と一緒に大きな折り紙で鯉のぼりを折るシーンと女性アイドル数人での洋楽の日本語カバーメドレーにも登場します。
> 曲は確か、オーシャンの「サインはピース」と、もう1曲は何だったか忘れました。


ニール・ダイアモンドの名曲「スイート・キャロライン」ですね。
後、確か渚ゆう子さんの「月の夜は」という曲で、フラダンスを踊っていらっしゃいました。


> その後帰宅してから『NHKアーカイブスの番組発掘プロジェクト』のページを確認したら1978年放送の「NHK花のステージ サブタイトル(SFバラエティ宇宙最前線)」も4月から観れるようになったことが書いてありました。
> 桜田淳子さんも出演しているようなので、こちらも近いうちに「NHK放送センター番組公開ライブラリー」に行って観てこようと思います。


リップスティックの歌唱シーンが観れます。
家庭用VTRで録画したものでしょうか、映像の質は余り良くない感じでした。
それでも70年代の貴重な映像ですから、大変有難いです。


> 「第1回ヤング・歌の祭典」の映像も元NHKアナウンサーの山川静夫さんが所有されていたらしいですし、こうやって少しでも多くの淳子さんの映像がサルベージされていくといいですね。


第2回は以前動画サイトにUPされていましたから、個人所蔵品こそ宝の山ですね。
放送局よりも個人から提供してもらう方向性を示したNHKの発掘プロジェクトは素晴らしいと思います。
今後に期待したいですね。
アーカイブがもう少し鑑賞しやすい環境になればより素晴らしいですが、インフラや権利関係等で難しいのでしょうか...


スイート・キャロラインでしたね

こんばんは、

>いつも思う事ですが、行動が早いですね。

たまたま、予定した撮影場所探しの日の朝に、「第1回ヤング・歌の祭典」の情報をご紹介いただいた記事を見たので、折角傍まで行くなら観に行こうと思い立っただけです。
これも、偶然ですが情報をいただいたことに感謝しています。


>ニール・ダイアモンドの名曲「スイート・キャロライン」ですね。

そうでしたね。
思い出しました。
「スイート・キャロライン」~「サインはピース」でした。
ありがとうございます。
私は、「スイート・キャロライン」はエルヴィス・プレスリーのラスベガスでのライヴ・ヴァージョンしか持ってませんが、好きな曲です。
勿論、ニール・ダイアモンドの作だということは知っています。


>後、確か渚ゆう子さんの「月の夜は」という曲で、フラダンスを踊っていらっしゃいました。

これは、見逃してます。
スクロールバーをクリックして出てそうなところだけ再生したので気が付きませんでした。
次回行ったときに観るかもしれません。


>リップスティックの歌唱シーンが観れます。

放送日が「リップスティック」発売日の少し前だったのでたぶんそうかなとは思ってましたが、確実ではなかったので、ありがとうございました。


>第2回は以前動画サイトにUPされていましたから、個人所蔵品こそ宝の山ですね。

これは私も観ました。
「泣かないわ」と「ビューティフル・サンデー」ですね。


画質がいいに越したことはないですが、たとえ多少画質が悪くても、観たことのない、又は観たけど忘れてる桜田淳子さんの映像があれば観たいですね。
今後のお宝発掘に期待しましょう。

Re: スイート・キャロラインでしたね

shout83さん、こんばんは


> たまたま、予定した撮影場所探しの日の朝に、「第1回ヤング・歌の祭典」の情報をご紹介いただいた記事を見たので、折角傍まで行くなら観に行こうと思い立っただけです。
> これも、偶然ですが情報をいただいたことに感謝しています。


タイミングが良かった様で何よりです。
住んでいる場所にもよりますが、行く機会はなかなか作れないものですし。


> そうでしたね。
> 思い出しました。
> 「スイート・キャロライン」~「サインはピース」でした。
> ありがとうございます。
>
> 私は、「スイート・キャロライン」はエルヴィス・プレスリーのラスベガスでのライヴ・ヴァージョンしか持ってませんが、好きな曲です。
> 勿論、ニール・ダイアモンドの作だということは知っています。
>

私もニール・ダイアモンドに思い入れは無いのですが、この曲は相当好きです。


> >後、確か渚ゆう子さんの「月の夜は」という曲で、フラダンスを踊っていらっしゃいました。
>
> これは、見逃してます。
> スクロールバーをクリックして出てそうなところだけ再生したので気が付きませんでした。
> 次回行ったときに観るかもしれません。


私の場合、逆に「サインはピース」を良く覚えていませんでした。
1時間しか視聴できないのと早送りの精度が余り良くないので、つい見逃しがちになりますね。


> >第2回は以前動画サイトにUPされていましたから、個人所蔵品こそ宝の山ですね。
>
> これは私も観ました。
> 「泣かないわ」と「ビューティフル・サンデー」ですね。

動画サイトはチェックが厳しくなりましたから、お宝映像を観る機会が減ってきました。
見る手段が余り無い中で、その映像を世に出したい人の好意をただ規制するのではなく、何か良い方法はないものかといつも感じます。
取りあえず最初の投稿者の方は、NHKに申し出たら素晴らしいのにと勝手ながら思ったりもしますが。


> 画質がいいに越したことはないですが、たとえ多少画質が悪くても、観たことのない、又は観たけど忘れてる桜田淳子さんの映像があれば観たいですね。
> 今後のお宝発掘に期待しましょう。


いずれにしてもテレビ局や多くの一般方のお蔭で、数百本に上る淳子さんの映像を今でも鑑賞できる機会が生まれた訳ですから、感謝に堪えません。
それでも収録された全ての映像の1割にも満たないのでしょうね。
後どのくらい鑑賞できる機会があるのか判りませんが、これからも追い続けて行きたいと思っています。



縁の地

T.Aさん、

先日は淳子さんご出演の3つの映画の撮影場所のご案内を頂き、有難うございました。

もう新宿へは一人で行けますのでご安心下さい。

今後、新宿に行く度に必ず訪れる地がまた一つ増えました。


昭和50年5月5日放映NHK【第1回ヤング・歌の祭典】のご紹介を有難うございます。

淳子さんのご出演シーンは所有致しておりますが、番組全てを所有している訳ではないので、思い出深き渋谷公会堂と共に行って参ります。

昭和53年5月25日放映NHK【花のステージ】では、淳子さんがお姉さん役、百恵さんが妹役でご出演されました。
こちらは全て所有致しております。

淳子さんと百恵さんのテレビでの共演は意外と少ないので大変貴重です。

淳子さんのご出演番組であれば、
昭和50年以降昭和54年までは9割程度、
昭和55年以降は全て所有致しておりますので何時の日か必ず纏めさせて頂きます。

勿論、販売などする訳はありませんので、
信頼のおける方々には感謝の気持ちを込めてプレゼントさせて頂きます。

意外と近くにあるものですよ。

今後とも、末永くよろしくお願い致します。

Re: 縁の地

KAZUさん、こんばんは


> 先日は淳子さんご出演の3つの映画の撮影場所のご案内を頂き、有難うございました。
>
> もう新宿へは一人で行けますのでご安心下さい。
>
> 今後、新宿に行く度に必ず訪れる地がまた一つ増えました。


必ず行かれますか(笑)
マンションの解体は残念でしたが、日石前のT字路はまだ名残があって感慨深いですからね。


> 昭和50年5月5日放映NHK【第1回ヤング・歌の祭典】のご紹介を有難うございます。
>
> 淳子さんのご出演シーンは所有致しておりますが、番組全てを所有している訳ではないので、思い出深き渋谷公会堂と共に行って参ります。


凄いですね。1975年の映像を個人所有されているとは。


>
> 淳子さんのご出演番組であれば、
> 昭和50年以降昭和54年までは9割程度、
> 昭和55年以降は全て所有致しておりますので何時の日か必ず纏めさせて頂きます。
>
> 勿論、販売などする訳はありませんので、
> 信頼のおける方々には感謝の気持ちを込めてプレゼントさせて頂きます。
>
> 意外と近くにあるものですよ。


本当に良く収集されたものです。9割っていったら大概の映像はありますね。
見つけるのが相当大変そうですが。

私の様な凡人には視聴できなければ存在しないのと余り変わらないので...........ゴニョゴニョ(笑)


仲間達

T.Aさん、

そうですね。

集会の仲間達7人の方々よりお借りしました。

また以前はオークションでも密かに購入できたものです。

時系列に収録することもさほど大変ではなくなりましたので必ずや。

『お引越し』DVDの特典映像について

こんにちは、

>私の場合、逆に「サインはピース」を良く覚えていませんでした。

私は、「スイート・キャロライン」と同じく「サインはピース」もエルヴィスのヴァージョンしか持ってないんですが、「公開ライブラリー」で、このメドレーを視聴したとき、選曲した人はエルヴィス・プレスリーが好きなのかな?と一瞬思ったのを思い出しました。


>1時間しか視聴できないのと早送りの精度が余り良くないので、つい見逃しがちになりますね。

そうですね、「NHK放送センター番組公開ライブラリー」は、パソコンのアプリなので、インターフェースはマウスとキーボードで操作性もあまり良くないです。
最初に使ったときはスクロールバーのスライダーを無下に扱ったせいでフリーズしてしまい、初期画面からやり直す羽目にもなりました。
以後は気を付けて優しく操作するようにしています(笑)
一方、「放送ライブラリー」は専用端末なんで操作性もそれなりでストレス無く使えます。


それから先日、メールでお話しした『お引越し』DVD収録の「森のくまさん」の別ヴァージョンの件で、ちょっと教えていただきたいんですが・・・

今回発売された『お引越し (HDリマスター版)』の特典映像「特別番組「メイキング・オブ・映画「お引越し」」のダイジェスト版」には、電車内での桜田淳子さんと田畑智子さんの「森のくまさん」輪唱シーン撮影映像とともに映画では使われていない淳子さんのアドリブ音声が入っていました。

私は、動画サイトで「メイキング・オブ・「お引越し」」を見たことが有るんですが、同じメイキング映像での「森のくまさん」輪唱の音声にはアドリブ部分は入っていないと思います。
他の映像も今回ののもとは違う部分が使われていました。

私は持っていないんですが過去に発売されていた『お引越し デラックス版』DVDに、特典映像としてメイキング映像が収録されていたらしいので、おそらく私が動画サイトで観たメイキング映像はそれと思われます。

だとすると、今回発売のDVDに収録のメイキング映像は最初に読売テレビで放送された時を除けば初メディア化と言うことになりますか?
T.Aさんは、『お引越し デラックス版』DVDをお持ちかと思いますので教えて欲しいんですが「森のくまさん」のアドリブ音声は入っていますでしょうか?

Re: 仲間達

KAZUさん、こんばんは


> また以前はオークションでも密かに購入できたものです。


そう言えば、随分前に大量の映像テープが出品されていたのを覚えています。
高額な上、リスキーなので購入は考えませんでしたが。


> 時系列に収録することもさほど大変ではなくなりましたので必ずや。


そうですか.....ゴニョ。


Re: 『お引越し』DVDの特典映像について

shout83さん、こんばんは


> そうですね、「NHK放送センター番組公開ライブラリー」は、パソコンのアプリなので、インターフェースはマウスとキーボードで操作性もあまり良くないです。
> 最初に使ったときはスクロールバーのスライダーを無下に扱ったせいでフリーズしてしまい、初期画面からやり直す羽目にもなりました。
> 以後は気を付けて優しく操作するようにしています(笑)
> 一方、「放送ライブラリー」は専用端末なんで操作性もそれなりでストレス無く使えます。


放送ライブラリーは、設備自体が映像視聴のためにあるのでしょうからレベルが違うのでしょうかね。
NHKの方はハートプラザ内のオマケみたいな扱いだし。
放送ライブラリーはかねてから行きたいと思っているのですが、なかなか。
横浜に住んでいる時に行っておくべきでした.....もっとも当時は設備の存在を知りませんでしたが(笑)


> 今回発売された『お引越し (HDリマスター版)』の特典映像「特別番組「メイキング・オブ・映画「お引越し」」のダイジェスト版」には、電車内での桜田淳子さんと田畑智子さんの「森のくまさん」輪唱シーン撮影映像とともに映画では使われていない淳子さんのアドリブ音声が入っていました。
>
> 私は、動画サイトで「メイキング・オブ・「お引越し」」を見たことが有るんですが、同じメイキング映像での「森のくまさん」輪唱の音声にはアドリブ部分は入っていないと思います。
> 他の映像も今回ののもとは違う部分が使われていました。
>
> 私は持っていないんですが過去に発売されていた『お引越し デラックス版』DVDに、特典映像としてメイキング映像が収録されていたらしいので、おそらく私が動画サイトで観たメイキング映像はそれと思われます。
>
> だとすると、今回発売のDVDに収録のメイキング映像は最初に読売テレビで放送された時を除けば初メディア化と言うことになりますか?
> T.Aさんは、『お引越し デラックス版』DVDをお持ちかと思いますので教えて欲しいんですが「森のくまさん」のアドリブ音声は入っていますでしょうか?


残念ながら私はDVDを所有していないので、正解はお答えできないのですが、
shout83が以前ご覧になったという約20分のダイジェストには、確かに森のくまさんのアドリブ輪唱はありません。動画サイトのメイキング映像はデラックス版からの可能性大ですから、今回のメイキング映像とは内容が異なるのは間違いないのでしょうね。
そもそもデラックス版とは販売元も特典内容も異なりますから、メイキングも元ネタを再編集したと考えるのが妥当そうです。それで淳子さんのシーンが増えているのなら大変良い傾向ですね。


ありがとうございます

こんばんは、

お忙しい中、お手数をおかけしました。

私が動画サイトで観たものは『デラックス版』のものと言うことでほぼ間違いなさそうですね。

今回のものと『デラックス版』のものと思われるメイキングは、編集はもとよりナレーションも全く違うので、やはり同じ素材を使った別物と言っていいと思います。

『デラックス版』のものと思われるメイキングは残念なことに桜田淳子さんの映像が最小限になるように編集されているふしが見受けられます。
父親役の中井貴一さんは、ナレーションでの紹介と、テロップでも名前が表示されますが、桜田淳子さんはそれすらもありません。
残念ですが意図的と思われます。

それに比べて、今回発売の特典映像は淳子さんの出演箇所も多いですし、監督から演技指導を受けるところまで映っているので大満足です。
さらに「森のくまさん」の別ヴァージョンまであり、自称レアリティーズ発掘人としてもは嬉しい限りです(笑)

Re: ありがとうございます

引き続き、こんばんは、


> 今回のものと『デラックス版』のものと思われるメイキングは、編集はもとよりナレーションも全く違うので、やはり同じ素材を使った別物と言っていいと思います。
>
> 『デラックス版』のものと思われるメイキングは残念なことに桜田淳子さんの映像が最小限になるように編集されているふしが見受けられます。
> 父親役の中井貴一さんは、ナレーションでの紹介と、テロップでも名前が表示されますが、桜田淳子さんはそれすらもありません。
> 残念ですが意図的と思われます。
>
> それに比べて、今回発売の特典映像は淳子さんの出演箇所も多いですし、監督から演技指導を受けるところまで映っているので大満足です。


仰ると通り、前回のメイキングダイジェストは準主役の淳子さんが余り映らなく、欲求不満を掻き立てる編集でした。
幾らリマスターされていても、CS/BSで盛んに放送する作品だし、特典まで目新しさがなければ購買意欲をそそりませんから、今回の販売元は良く心得ていらっしゃいます。
ダイジェスト版じゃなく全編復刻されているともっと良いですが、1枚組じゃ収録出来ないから難しそうですね。

> さらに「森のくまさん」の別ヴァージョンまであり、自称レアリティーズ発掘人としてもは嬉しい限りです(笑)


別テイクはレアリティ音源集の定石だと思いますから、今回は良かったですね。
私も聴かせて頂きましたが、アドリブが入った方が好きだったりして(笑)



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代