音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

2017年4月7日 - 「スクリーン・ミュージックの宴」開演!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/10/18 (Sun) 17:45
「若い人」鑑賞記

花のトリオ共演も含めれば、全部で7本撮影された桜田淳子主演映画。

近年でも名画座やCS等(或いは商品化)でその大半を鑑賞する事が可能だったが、何故か「若い人」のみ2006年を最後にその機会が訪れない。ファンの中でも主演映画では最高傑作の呼び声が高いと思うのだが、鑑賞機会を切望している人も多いことでしょう。

ご存知の通り、石坂洋次郎の原作で、これが4度目の映画化だ(テレビドラマを除けば、現時点では最後のリメイク)。
浅田美代子や山口百恵も本作品への主演を企画していたそうだが、何かしらの事情で断念。このどちらかが実現していれば、桜田淳子版は無かったのかもしれない。

brog_wakai1-1.jpg

主人公である江波恵子(桜田淳子)は、父親不在の私生児。
飲食業を営む母親の異性関係を嫌悪し、世間に反抗的な面が強いものの、心の中では愛情に飢えている。
これは前作「遺書 白い少女」の中原亜砂子と同じ性格設定だ。(そもそも歌手時代の淳子さんが主演した映画やドラマは、父親か母親あるいは両親とも不在で何かしらのコンプレックスを抱いているという役柄ばかり)

不良娘と言いつつも、結局は甲斐甲斐しい女性にしか見えなかった前作に比べ、本作では世に対して拗ねている少女を最後まで演じきっている。だからこそ数少ないコミカルなシーンが面白おかしく、時折見せる無邪気さが大層愛らしく見えたのだろうか。
最初は好意的な印象を持てず、淳子さんがこんな役柄.....と少々陰鬱になるが、物語が進展するにつれて、間崎先生(小野寺昭)と同時進行で江波恵子に惹かれていることに気が付かされる。
現在では他愛も無い話かも知れないが、原作の発表当時は相当センセーショナルな内容と受け止められており、映像作品としては若手女優の登竜門的な作品のひとつだった本作。映画化にあたっては政治的なメッセージを排除している為、江波恵子というキャラクターに魅力を感じれるか否かがすべての作品じゃないだろうか。

brog_wakai2-1.jpg

brog-wakai3-1.jpg

いや、これはなかなか良い映画だと思うな。ファンの評価が高かったのも頷ける。

表現に制約はあったものの、扱うテーマ自体には性的な内容も含んでおり、人気絶頂期の清純派アイドルが主演する映画としては際どくて重たい。原作があるせいかシナリオもしっかりしていたし、映像全体を覆う雰囲気も軽薄なものでは無かった。個性派俳優の左幸子と室田日出男が登場すると一気にやさぐれたムードを醸し出すが、違和感を特に感じないのだから、これはアイドル映画の域を超えている。
制作側も桜田淳子ファンだけが観る作品と言う意識を捨てて望んだのだろうか、この辺りが大人の鑑賞にも十分耐えられる理由ではないか。

brog-wakai5-1.jpg

映像化される度に時代背景も変えていた様だが、ラストシーンについても原作や吉永小百合版(1962年)と異なっていた。
本作で江波恵子が選択した結末は、共感しにくくて難解だ。
結局のところ、江波恵子という人は救われていないとしか思えないから、鑑賞後に切ない気分に浸れること請け合いだろう。

また本作の淳子さん、本人は意図して演じた訳では無いだろうが、何だかいつもより艶っぽく映し出されている。
似つかわしくない役柄にハラハラさせられ、切ない結末で胸が詰まる様な気持ちにもさせられ、更にあんな艶っぽさを見せられた当時のファンは、やり場のないモヤモヤ感に苦しんだことは想像に難くない。
モヤモヤ感の解消をテレビの淳子さんに求めてみたら、そこには髪をバッサリ切り落としてボーイッシュにイメチェンした姿があったという................

brog-wakai6-1.jpg
おお、さすがと言うべきか(笑)


さて、映画を観た後は自分恒例のロケ地探しとなるわけですが、長崎が舞台の割に意外と都内での撮影が多かった模様。
大体の場所は判っているので、近い内に巡礼して参ります。

※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。



スポンサーサイト

<< 桜田淳子映画ロケ地ガイド (花の高2トリオ 初恋時代) Part5 | ホーム | サッカー小僧の憧憬 >>

コメント

こりゃまいったぜ!

こんばんは。
前の記事にどうコメントしようか考えている内、時が過ぎ...

何と今度の記事は『若い人』で来るとは!
いや、待ってましたよ、この時を。
淳子さんのロケ地で自分が行った数少ない場所ですし(^ω^)

僕は公開当時は見ていなくてCS放送で録画してやっと鑑賞できた
不甲斐ない者ですが、多分公開当時見ていたら・・分かりませんが、トラウマに近いものを持ったかもしれません(@_@;)

しかしおっさんになってから見てみたら、手応えがあり、
「淳子さん、Good job!」という感じでした。

この映画は4回作られているようですが、本作品を見る前に市販(レンタル)されている前作の吉永小百合さんVer.を先に見てました。1作目・2作目は未見です。
 淳子さんVer.とは対照的ですね。
間崎先生視点と江南景子視点、晴れた日の登校シーンと雨の日の下校シーン、母親のビンタが唇をかすめている。と思いっきり頬に入っている(淳子、かわいそう)、etc..

僕は恵子が割り箸を折るシーンが一番印象深いです。間の取り方といい。

押し入れのシーンは本当に頭をぶつけているのでしょうか?
買い物袋のシーンはかわいいです。年頃の娘的な...

ああ、カンコー繋がりの記事でもあったわけですね?ん?前の記事はこの記事の布石?やりますな。^^

今はこの長崎港の風景も、学校からの風景も変わっちゃってます。
(あたりまえですけどね)

東京でのロケ地シーンでは、まずは国会議事堂前で紙飛行機飛ばすのでしょうか(*≧∀≦*)

書きたいことはたくさんありますが、既に支離滅裂っぽいので、この辺で。
バイナラ。



Re: こりゃまいったぜ!

桜えびさん、こんばんは。
ブロバイダ変更された様で。


> 何と今度の記事は『若い人』で来るとは!
> いや、待ってましたよ、この時を。
> 淳子さんのロケ地で自分が行った数少ない場所ですし(^ω^)


桜えびさんは「若い人」派ですもんね。


> 僕は公開当時は見ていなくてCS放送で録画してやっと鑑賞できた
> 不甲斐ない者ですが、多分公開当時見ていたら・・分かりませんが、トラウマに近いものを持ったかもしれません(@_@;)


私はもっと不甲斐ないですが.....
この映画の鑑賞機会の少なさは、淳子ファンにとって不幸せな事ですね。
でも、確かに公開当時観れた人は大変だったんじゃないかなと思いました
「この切ない気持ちをどうしたらいいんじゃ!」と。


> しかしおっさんになってから見てみたら、手応えがあり、
> 「淳子さん、Good job!」という感じでした。


主演映画の中では、本作の演技が一番素晴らしいと思いました。
「葛飾立志篇」同様、監督の手腕もあるでしょうけど。


> この映画は4回作られているようですが、本作品を見る前に市販(レンタル)されている前作の吉永小百合さんVer.を先に見てました。1作目・2作目は未見です。
>  淳子さんVer.とは対照的ですね。
> 間崎先生視点と江南景子視点、晴れた日の登校シーンと雨の日の下校シーン、母親のビンタが唇をかすめている。と思いっきり頬に入っている(淳子、かわいそう)、etc..


名前も違うんですか(笑)
同じくバッドエンディング気味ですが、吉永版は間崎先生から振るんですよね確か。


> 僕は恵子が割り箸を折るシーンが一番印象深いです。間の取り方といい。


渋いですね。
私はマネキンのシーンが好きです。


> 押し入れのシーンは本当に頭をぶつけているのでしょうか?


めぞん一刻の四谷さんみたいなアレですか。
頭ぶつけているかはわかりませんけども、唯一のコミカルなシーンで微笑ましかったですね。


> 買い物袋のシーンはかわいいです。年頃の娘的な...


拗ねた表情ばかりでしたから、あれはグッときます。
あのデートシーンで、観ている側も恵子に惹かれ始める様な気がしました。


> ああ、カンコー繋がりの記事でもあったわけですね?ん?前の記事はこの記事の布石?やりますな。^^
>
> 今はこの長崎港の風景も、学校からの風景も変わっちゃってます。
> (あたりまえですけどね)


近い内にブログで話題にする予定ですが、何処に行ったのか詳しく聞かせてください。


> 東京でのロケ地シーンでは、まずは国会議事堂前で紙飛行機飛ばすのでしょうか(*≧∀≦*)


国会議事堂には既に行きましたが、衛視の目が厳しくて紙飛行機は飛ばせませんでしたね(笑)
でも東京ロケの始まりはあそこでは無いのです。


それでは。


わしとしたことが・・・

名前間違えてしもうた。(@_@;)
×景子 〇恵子

>でも東京ロケの始まりはあそこでは無いのです。

もしかすて(秋田弁風)、レストランかな?たしかイラスト入りでレポート記事があったような。

楽しみにしてます。

Re: わしとしたことが・・・

こんばんは

> 名前間違えてしもうた。(@_@;)
> ×景子 〇恵子

上げ足取ってごめんなさい。
でも江波恵子ですよ。


> >でも東京ロケの始まりはあそこでは無いのです。
>
> もしかすて(秋田弁風)、レストランかな?たしかイラスト入りでレポート記事があったような。


ネタバレになるので、この辺で。

「遺書 白い少女」「初恋時代」「スプーン一杯の幸せ」も新たな場所が見つかってますし、どちらを優先して巡礼するか嬉しい悩みです。


いやはやなんとも

め、目が節穴じゃ。(T▽T)(キャプチャーの淳子さん状態)
×江南 〇江波

ご指摘ありがとうございます。m(_ _)m
もっと僕のパソコンを桜田淳子仕様にしなくては・・
なんてね。(^_-)☆

おやすみなさい

Re: いやはやなんとも

> め、目が節穴じゃ。(T▽T)(キャプチャーの淳子さん状態)
> ×江南 〇江波
>
> ご指摘ありがとうございます。m(_ _)m
> もっと僕のパソコンを桜田淳子仕様にしなくては・・
> なんてね。(^_-)☆


日本語漢字変換ツールで最初に出てこなくちゃね(笑)

それでは、お休みなさい。


「若い人」来ましたね!

こんばんは、

「スプーン一杯の幸せ」のロケ地紹介の記事の時に”77年以降の作品・・・”みたいなこと書いてあったので次は「若い人」かなと思ってましたけど、やっぱり来ましたね(^_^)

私は「若い人」は桜田淳子さん主演映画の中でも特に好きな作品です。
当時、映画館とたしか日劇のワンマンショーでの計2回観ました。
私はちょうど同じ頃日活映画(もちろんポルノじゃない頃の(笑))にもはまっていて吉永小百合さんが江波恵子を演じた1962年版を先に観ていたんで桜田淳子さんが自身とは全く正反対とも思える江波恵子をどう演じるか不安半分で観に行ったんですけど観終わってすごく感動したのを覚えています。
日活版は石原裕次郎さんが主演で印象が違うというのを差し引いても淳子さん主演作の方が遥かに出来がいいと思います。
映画としても良く出来ていると思いますけど、それ以上に何と言っても桜田淳子さんの女優魂を感じます。
ちなみに「遺書 白い少女」の亜砂子も不良キャラでしたけど純愛映画らしく清純な面もあったのでそれほど淳子さんと違うとは思いませんでした。

それから日活映画っていうことで言うと吉永小百合さん主演の「泥だらけの純情」も好きな映画だったんですけど山口百恵さん主演でリメークされました。
個人的にはお金持ちの令嬢役の淳子さんを見たかったのでこちらも桜田淳子さんの主演でリメイクして欲しかったなと思いました。

とにかく「若い人」は名作なので早期のメディア化を望みたいです。

それでは「若い人」ロケ地探しも楽しみにしています。

Re: 「若い人」来ましたね!

shout83さん、こんばんは

> 「スプーン一杯の幸せ」のロケ地紹介の記事の時に”77年以降の作品・・・”みたいなこと書いてあったので次は「若い人」かなと思ってましたけど、やっぱり来ましたね(^_^)


ええ、前フリが好きなもので(笑)


> 私は「若い人」は桜田淳子さん主演映画の中でも特に好きな作品です。
> 当時、映画館とたしか日劇のワンマンショーでの計2回観ました。


日劇は「はばたけ!若い人」ってショーですか?
映画を鑑賞後に淳子さん本人にも会った訳ですか。それは羨ましい。


> 私はちょうど同じ頃日活映画(もちろんポルノじゃない頃の(笑))にもはまっていて吉永小百合さんが江波恵子を演じた1962年版を先に観ていたんで桜田淳子さんが自身とは全く正反対とも思える江波恵子をどう演じるか不安半分で観に行ったんですけど観終わってすごく感動したのを覚えています。
> 日活版は石原裕次郎さんが主演で印象が違うというのを差し引いても淳子さん主演作の方が遥かに出来がいいと思います。


私は1962年版を鑑賞していないので分かりませんが、原作に近いのはそちらの様ですね。
男性を中心とした三角関係をもっと掘り下げていると言いますか。


> 映画としても良く出来ていると思いますけど、それ以上に何と言っても桜田淳子さんの女優魂を感じます。
> ちなみに「遺書 白い少女」の亜砂子も不良キャラでしたけど純愛映画らしく清純な面もあったのでそれほど淳子さんと違うとは思いませんでした。


演技素人なアイドル歌手の拙い演技じゃなかったですからね。
あの市川崑監督がロケを見学して淳子さんの演技に関心したと言いますし(病院坂~出演のキッカケとも)、何より淳子さん自身、主演作の中でこの映画が一番好きだったそうですし。


>それから日活映画っていうことで言うと吉永小百合さん主演の「泥だらけの純情」も好きな映画だったんですけど山口百>恵さん主演でリメークされました。
>個人的にはお金持ちの令嬢役の淳子さんを見たかったのでこちらも桜田淳子さんの主演でリメイクして欲しかったなと思いました。


確かにそういう役柄が無いんですよね。本人のイメージ的には不良少女よりも近いのに。

小説「若い人」の考察本が出ているのですが、五年後に二人が再開する続編も構想されていた様です。
それを淳子さん主演で観てみたかったと思いました。


> とにかく「若い人」は名作なので早期のメディア化を望みたいです。


メディア化もそうですが、何故かこの作品だけ(近年)名画座で上映されていないのが不満です。


> それでは「若い人」ロケ地探しも楽しみにしています。


当時の建物は余り残ってない様ですが、出来るだけ多くの場所を歩いてみたいと思っています。


【若い人】

T.Aさん、

色々と取り込み中で遅くなり、失礼致しました。

撮影地巡り、楽しみに致しておりますが、私が長崎へ行けるのは再来年になりそうです。

また、沢山ご案内頂いた様々な場所も殆ど行けていません。

新宿のEneosさえ発見できなかった方向音痴ですので。
また、ご一緒頂ければと存じます。

百恵さんに映画【若い人】の企画がありましたが、事務所が止めにした理由は私生児役だったことにあります。

そして同じ先生と生徒の恋愛物語【エデンの海】となりました。

【エデンの海】は嫌いではありませんが、様々な意味で、訳の分からない事務所です。

この年の日劇【はばたけ!若い人】では、公演終了後に映画【若い人】が上映されました。

私が参りましたのが昭和52年4月27日ですので、映画公開日の前だったのですね。

この年の日劇は、日替わりゲストが出演されました。
宏美さんもそのお一人だったのですが、並ぶのが遅くなり前列は売り切れでしたので、最も空きの有ったゲストの方にしました。

日劇公演は様々な問題がありました。
チケット販売不合理性、
入れ替えの不用心さです。

私は、映画【若い人】を、
日劇公演終了後と一般公開後には映画館で2度、11回拝見致しました。

淳子さんが【11PM】にて小野寺さんとご出演され、正に淳子さんらしいお気持ちを話されていらっしゃいます。

【淳子さんご出演映画DVD化計画】には一緒に収録します。

また、明朝にお邪魔致します。

若い人の原作

こんばんは、

>日劇は「はばたけ!若い人」ってショーですか?

そうです。
結果的に今のところ私が最後に観た桜田淳子さんのコンサートになっています。
この後の1年間ぐらいはピンク・レディーのコンサートにばかり行ってましたね(笑)


>私は1962年版を鑑賞していないので分かりませんが、原作に近いのはそちらの様ですね。

そうなんですか、私は淳子さんの方が原作に近いんじゃないかと想像していたんで反対だったんですね。
どちらが原作に近いのか気になって原作の単行本は買ったんですけど、思いのほか分厚い本なのでまだ読みだせないでいます(笑)
ちなみに原作では北海道の女子高が舞台になっているらしいです。


Re: 【若い人】

KAZUさん、こんばんは


> 撮影地巡り、楽しみに致しておりますが、私が長崎へ行けるのは再来年になりそうです。


長崎はお任せしますが、都内は一通り巡ってみようかと思います。


> 新宿のEneosさえ発見できなかった方向音痴ですので。
> また、ご一緒頂ければと存じます。


わかりました。


> 百恵さんに映画【若い人】の企画がありましたが、事務所が止めにした理由は私生児役だったことにあります。
>
> そして同じ先生と生徒の恋愛物語【エデンの海】となりました。
>
> 【エデンの海】は嫌いではありませんが、様々な意味で、訳の分からない事務所です。


そうでしたか。
余談ですが、浅田美代子さんも74年か75年に(おそらく東宝)で本作を撮る予定だった様ですが、
結局、同じ原作者の「陽のあたる坂道(主演は三浦友和氏)」に変更された様です。
作者である石坂さんの意向(江波恵子のイメージへの拘り)が良く噂されるのは、この辺にあるのでしょうか?


> 淳子さんが【11PM】にて小野寺さんとご出演され、正に淳子さんらしいお気持ちを話されていらっしゃいます。
>
> 【淳子さんご出演映画DVD化計画】には一緒に収録します。


11PMですか!
であれば観ていた可能性が高いですが、もう忘れてしましました。


Re: 若い人の原作

shout83さん、こんばんは


> >日劇は「はばたけ!若い人」ってショーですか?
>
> そうです。
> 結果的に今のところ私が最後に観た桜田淳子さんのコンサートになっています。
> この後の1年間ぐらいはピンク・レディーのコンサートにばかり行ってましたね(笑)


さては裏切り者ですね(笑)


> >私は1962年版を鑑賞していないので分かりませんが、原作に近いのはそちらの様ですね。
>
> そうなんですか、私は淳子さんの方が原作に近いんじゃないかと想像していたんで反対だったんですね。


失礼しました。
先程ネットで確認したら、吉永さんの方が後半のストーリーを大幅変更していた様です。
石原さんと吉永さんという二大スターに配慮したのか..良く分かりませんが。
しかしながら原作に近づけた結果、橋本先生をないがしろにし過ぎたのが淳子さんバージョンで、そこが原作と乖離していると思った次第です。


> どちらが原作に近いのか気になって原作の単行本は買ったんですけど、思いのほか分厚い本なのでまだ読みだせないでいます(笑)
> ちなみに原作では北海道の女子高が舞台になっているらしいです。


もっとの原作に近いのは、市川崑さんが撮った第2作という話もあります。
だんだん全部観たくなってきました(笑)。
舞台を長崎にしたのは、日活の吉永版を踏襲したという事でしょうかね?


原作、読んでみます

こんばんは、

>さては裏切り者ですね(笑)

どこかに共犯者いないですかね(笑)



>先程ネットで確認したら、吉永さんの方が後半のストーリーを大幅変更していた様です。

やっぱりそうでしたか、日活版は最後に急に展開が変わり無理やりハッピーエンド的な終わり方にしたように感じていました。


>石原さんと吉永さんという二大スターに配慮したのか..良く分かりませんが。

なるほど、最後を変えた理由にはその可能性も有りますね。
それと企画的に石原裕次郎さんと浅丘ルリ子さんという2枚看板に若手で人気上昇中の吉永小百合さんを絡ませるという設定だったのもあるんじゃないでしょうか。


>しかしながら原作に近づけた結果、橋本先生をないがしろにし過ぎたのが淳子さんバージョンで、そこが原作と乖離していると思った次第です。

仰る通り淳子さん版は桜田淳子さんと担任役の小野寺昭さんの関係が中心になって三林京子さん演じる橋本スミ子先生は少し下がって描かれています。
こちらは何と言ってもアイドル桜田淳子が一枚看板の映画だということは間違いないですね。

結局は映画会社の企画の違いと言うことになるんでしょうか。


折角なんで、これを機に買ったのに躊躇していた原作を読んでみようと思います。
いい機会を与えてもらい感謝します(笑)


>舞台を長崎にしたのは、日活の吉永版を踏襲したという事でしょうかね?

これは理由分からないですけど、そうかもしれませんね。

Re: 原作、読んでみます

引き続きこんばんは


> >さては裏切り者ですね(笑)
>
> どこかに共犯者いないですかね(笑)


ハイ、ここにいますw


> >先程ネットで確認したら、吉永さんの方が後半のストーリーを大幅変更していた様です。
>
> やっぱりそうでしたか、日活版は最後に急に展開が変わり無理やりハッピーエンド的な終わり方にしたように感じていました。


或るサイトの所感では、吉永版はバッドエンドの含みを待たせていると書かれていました。
何にしろ、いずれ鑑賞してみようと思いますが。


> >石原さんと吉永さんという二大スターに配慮したのか..良く分かりませんが。
>
> なるほど、最後を変えた理由にはその可能性も有りますね。
> それと企画的に石原裕次郎さんと浅丘ルリ子さんという2枚看板に若手で人気上昇中の吉永小百合さんを絡ませるという設定だったのもあるんじゃないでしょうか。


そうですね。本来は3人が主役の話みたいですし。
また時代的なこともあり、映画では生徒と先生の関係を柔らかく描いたのだろうともご本人が仰っています。


> >しかしながら原作に近づけた結果、橋本先生をないがしろにし過ぎたのが淳子さんバージョンで、そこが原作と乖離していると思った次第です。
>
> 仰る通り淳子さん版は桜田淳子さんと担任役の小野寺昭さんの関係が中心になって三林京子さん演じる橋本スミ子先生は少し下がって描かれています。
> こちらは何と言ってもアイドル桜田淳子が一枚看板の映画だということは間違いないですね。


そう思いますね。


> 折角なんで、これを機に買ったのに躊躇していた原作を読んでみようと思います。
> いい機会を与えてもらい感謝します(笑)


私も読んでみたいところですが、最近読書は苦手になってきているので(すぐに眠くなる:笑)、
いつか感想などお聞かせ願えればと思います。


【11PM】

T.Aさん、

ご一緒頂けますか!!!
有難うございます。
よろしくお願い致します。

長崎には仲間が居ますので、方々訪れてみます。


【11PM】はご覧になられてたのですか。
淳子さんご出演の時は真面目な内容でしたが、かなりのオマセさんですね。

昭和52年2月15日放映、クランクアップ直後でした。

私は高校1年生の終わりでしたので、翌日クラスの仲間達や先輩とお話ししたのを思い出します。

DVDかブルーレイにて、楽しみにお待ち下さい。

土曜日はEneosと歩道橋、ABBAなどを周って来ます。

Re: 【11PM】

Re: 【11PM】

こんばんは


> 【11PM】はご覧になられてたのですか。
> 淳子さんご出演の時は真面目な内容でしたが、かなりのオマセさんですね。


勿論、真面目な特集の時だけ観ていたんですよ


> 昭和52年2月15日放映、クランクアップ直後でした。
>
> 私は高校1年生の終わりでしたので、翌日クラスの仲間達や先輩とお話ししたのを思い出します。
>
> DVDかブルーレイにて、楽しみにお待ち下さい。


それは是非拝見させて頂きたいですね。
宜しくお願いします。


> 土曜日はEneosと歩道橋、ABBAなどを周って来ます。


Dancing Queen~♪(笑)




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。