音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

2017年4月7日 - 「スクリーン・ミュージックの宴」開演!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2016/04/03 (Sun) 00:57
桜田淳子映画ロケ地ガイド (若い人) Part4

桜田淳子さん1977年の主演映画「若い人」のロケ地紹介も、一気にラストスパート。

brog_wakai300.jpg

今回は、修学旅行の最終目的地である東京を中心に調査してみました。


①バス内から国会議事堂に向かって紙飛行機を投げる江波恵子(桜田淳子)。
brog_wakai301.jpg

②国会議事堂と言っても幾つか入口が存在するが、此処は"衆議院南門"だと思われます。
私も恵子の様に、国会議事堂へ紙飛行機を投げつけてやろうと企んでいたのですが、警備員の威圧的な視線に負けて写真を撮るのが精一杯(笑)。
brog_wakai302.jpg

③宿泊先の旅館から自由行動に出かける女子生徒たち。
brog_wakai303.jpg

④石川啄木が宿泊したとされる「太栄館」(旧蓋平館別荘)があった「新坂」と呼ばれる路地。 (東京都文京区本郷6-10-12)
brog_wakai304.jpg

⑤間崎先生(小野寺昭)を旅館から強引に連れ出す恵子。
brog_wakai305.jpg

⑥こちらが「太栄館」の現状...........................。
劇中にも映し出されていた玄関脇の石川啄木由縁の碑すら、跡形もなく撤去されていました。
brog_wakai306.jpg
2014年6月に閉館し、1年前までは建物は現存していた模様。在りし日の姿は幾つかのトラベルサイトで拝見できます。
⇒ link: フォートラベルHP

⑦路上のマネキン人形と戯れる恵子。原宿パレフランス1Fにあったオープンカフェ「ROYAL」(ファミリーレストラン ロイヤルホストの源流)が面する歩道にマネキンを配置して撮影された。
brog_wakai307.jpg

⑧現在の様子。またもや取り壊されていたのか、ワナワナ﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏
brog_wakai308.jpg
実は神宮前計画と称される建設工事の為、パレフランスは2004年から2005年にかけて解体されていた様です。しかしながら長い間工事が中断しており、写真を撮った2015年10月の段階では未だ更地のままでした。最近になって漸く工事再開したそうなので、様子は変わっているのかも。パレフランス、ROYALの在りし日の姿は下記サイトで拝見できます。
⇒ link: 昭和50年代写真帖

⑨煙草に火をつける間崎先生の手元を風除けする恵子。同じくROYAL前の歩道。
brog_wakai309.jpg

⑩現在の様子。恵子の後に映る東郷神社の石垣も、右後方に見える歩道橋も健在で、少しだけ安堵。
brog_wakai310-1.jpg

⑪横断報道を駆け抜ける間崎先生と恵子。
brog_wakai311.jpg

⑫神宮前交差点にて、表参道を横切っていた様だ。
brog_wakai312.jpg

⑬レストランで乾杯する間崎先生と恵子。
brog_wakai315.jpg

⑭旅館で恵子が持っていたマッチに「赤坂東急ホテル」と書かれていたが、実際に同じホテル(現・赤坂エクセルホテル東急)で撮影されている。「遺書 白い少女」のオープニングでも映し出されているホテルだ。
当時、最上階(建物上部の出っ張っている領域)に入店していた「ゴンドラ」という高級レストランで撮影されたものと思われます。
brog_wakai316.jpg

「ゴンドラ」は1999年に姿を消しましたが、代わりに開店した「なだ万」に当時の面影を感じることが出来ます。
⇒ link: 赤坂ジパング スーパーダイニング「なだ万」

~以上、修学旅行・東京編でした。

⑮いきなりエンディングまで進みます。聖・ソフィア女学院の卒業式に出席する江波恵子。
brog_wakai_317.jpg

本シーンは、渋谷にある「東京山手教会」4階の礼拝堂で撮影されました。さすがに写真撮影は気が引けるので、興味のある方はHPからどうぞ。
⇒link:日本基督教団 東京山手教会


東京ロケの残された場所は、冒頭の写真(二人がデートした喫茶店)と、間崎先生のアパートの二箇所。
しかしながら、どちらも特定することが非常に困難なため、本作品のロケ地巡りは事実上これでおしまいとなりそうです。

brog_wakai319.jpg
続ける.............続けない................


4月23日は、桜田淳子版「若い人」の公開から丸39年。
その日を記念して、今年のGWに "Thanks 江波恵子の会" が開催される...........................................................................かも知れません(笑)



※使用している画像の権利は全て原権利者に帰属します。

スポンサーサイト

<< プリンセス淳子の誕生日 | ホーム | 桜田淳子映画ロケ地ガイド (若い人) Part3 >>

コメント

おおぅ!

こんにちは。

映画での私服に着替えた時の淳子さんの笑顔はいいですね。
映画のシーンでは女子高生らしさが出てますが、グラビアで見ると大人っぽいです。まあ実際の年齢は高校生ではなかったですけど(^_-)☆

おや?①は紙飛行機飛ばすフリをして、T.Aさんからの指令を受けてますね(笑)気がつかなかった。流石スペクトル・ジュ〇。

警備員の前に1万円札の紙飛行機を飛ばせば、面白い写真が来たかも・・
(*≧∀≦*)

宿泊先の旅館は由緒ある所だったんですね。小学生の時に修学旅行で泊まった旅館のロビーに似ているな・・位にしか思いませんでした。
でもロビーは時代を感じます。

映画での淳子さんの私服はお洒落ですが、外に出た時目立ちますね。
よくドラマとかでは赤い服だったりと、ちょっとありえない感じがしたりしますが、さすがに女子高生に赤い服は無いですからね。

大量のマネキンも地方者から見ると都会的な演出と思うのは僕だけでしょうか。(田舎コンプレックス?じゃないよ)
でも、マネキンの中の淳子さんを見た時、「初恋時代」を思い出したのは僕だけではありますまい・・・。

⑩の3人はT.Aさん演出のマネキンですか?
警備のおじさんは⑨の右の看板が時代を経て人間になったのか?
・・・違うか!(笑)

おっ?⑪ではT.Aさんが営業車で淳子さんを見張ってますね。
しかし、僕はたとえ東京に住んでても場所は見極められないです。

淳子さんは赤坂に縁がありますね。
レストランのシーンで吉永さんとの絡みも見所です。

エンディングの泣きながら歌っているシーンでは顔が張っているように見えます。
この涙も意味がありますね・・・。何の涙なのか。

見終わってスッキリする映画ではないですが、心に残ります。
僕は放映当時に見てませんが、当時見てたら現在のような印象ではなかったと思います。
しかしそれはそれで、再び年を得て見た時にどう感じたのかな?とも思います。

今年は“Thanks39 江波恵子”でしたか。
サンクス・サンキューですネ。キリは悪いがゴロはイイ。(^ω^)
集合場所はやはり国会議事堂前か博品館ですか?
なんてね。

お疲れ様の、ありがとうございました。






Re: おおぅ!

桜えびさん、こんばんは


> 映画での私服に着替えた時の淳子さんの笑顔はいいですね。
> 映画のシーンでは女子高生らしさが出てますが、グラビアで見ると大人っぽいです。まあ実際の年齢は高校生ではなかったですけど(^_-)☆


撮影時はギリギリ高校生の年齢だったのでは?
まあ現代の感覚から言えば、この頃の淳子さんは大人っぽいです。


> おや?①は紙飛行機飛ばすフリをして、T.Aさんからの指令を受けてますね(笑)気がつかなかった。流石スペクトル・ジュ〇。


何を指令したのか記憶にございません(笑)


> 警備員の前に1万円札の紙飛行機を飛ばせば、面白い写真が来たかも・・
> (*≧∀≦*)


警察呼ばれて写真没収されますって。


> 宿泊先の旅館は由緒ある所だったんですね。小学生の時に修学旅行で泊まった旅館のロビーに似ているな・・位にしか思いませんでした。
> でもロビーは時代を感じます。


由緒はあるのですが、東京の修学旅行で良く利用された大衆的な旅館みたいですよ。
その感覚は合っていると思います。


> 映画での淳子さんの私服はお洒落ですが、外に出た時目立ちますね。
> よくドラマとかでは赤い服だったりと、ちょっとありえない感じがしたりしますが、さすがに女子高生に赤い服は無いですからね。


映画のあの洒落た洋服、映画では黄色く見えますが、写真では鮮やかなオレンジですね。
「もう一度だけ振りむいて」とか、あの頃のステージ衣装にも少し似ています。
淳子さんの好みなのか、衣装担当(何とかってカタカナの人)の趣味なのか。


> 大量のマネキンも地方者から見ると都会的な演出と思うのは僕だけでしょうか。(田舎コンプレックス?じゃないよ)
> でも、マネキンの中の淳子さんを見た時、「初恋時代」を思い出したのは僕だけではありますまい・・・。
>
> ⑩の3人はT.Aさん演出のマネキンですか?
> 警備のおじさんは⑨の右の看板が時代を経て人間になったのか?
> ・・・違うか!(笑)


映画を初めて観た時は、昔の原宿は道路にマネキンを置いていたのかと勘違いしました。
撮影時に、何も知らないドライバーがビックリしていたそうです。
クレージーキャッツの映画にも、似たようなシーンがありました。
何にせよ、原宿近辺は昔の方がオシャレな気がしますね。
今は単にゴミゴミしているだけで。


> おっ?⑪ではT.Aさんが営業車で淳子さんを見張ってますね。
> しかし、僕はたとえ東京に住んでても場所は見極められないです。


この頃から淳子さんのロケウオッチャーだった訳じゃないですよ(笑)


> 淳子さんは赤坂に縁がありますね。
> レストランのシーンで吉永さんとの絡みも見所です。
>
> エンディングの泣きながら歌っているシーンでは顔が張っているように見えます。
> この涙も意味がありますね・・・。何の涙なのか。
>
> 見終わってスッキリする映画ではないですが、心に残ります。
> 僕は放映当時に見てませんが、当時見てたら現在のような印象ではなかったと思います。
> しかしそれはそれで、再び年を得て見た時にどう感じたのかな?とも思います。


以前にも書きましたが、この映画のラストは少し難解だと思います。
観る人の感性に訴えると言う手法は、映画で良く利用される演出ではありますけど。
淳子さん自身も、女優時代に「アイドル時代の主演作では、この映画だけが印象に残っている」とインタビューで答えられてました。


> 今年は“Thanks39 江波恵子”でしたか。
> サンクス・サンキューですネ。キリは悪いがゴロはイイ。(^ω^)
> 集合場所はやはり国会議事堂前か博品館ですか?
> なんてね。


“Thanks 江波恵子”です。39がダブらないように。

千本鳥居がある例の神社で集合して、原宿の東郷神社へ行き、最後は赤坂の豊川稲荷へ。
これじゃ只の社寺巡りか(笑)


> お疲れ様の、ありがとうございました。


いえいえ、いつもコメントありがとうございます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代