音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

45周年企画を実現させよう!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

2012/07/26 (Thu) 01:03
ファン歴カミングアウト(その4)

淳子ちゃんに興味を失っていく過程など書いても、ちっとも面白くないんですが、この私小説はもう少し続きます(笑)

1977年5月、何の前触れもなく、淳子ちゃんはショートカットに変身して新曲「気まぐれヴィーナス」を披露します。ワタクシがそれを最初に見たのは紅白歌のベストテン。「桜田淳子BOX」に収録されていた映像がそれかも知れないと思ってるんですが。

ショックだったなー。

派手めの衣装・振り付けも含めて「淳子ちゃんがピンク・レディーみたいになっちゃった」と思ったものです。
淳子ちゃんはあのセミロングが似合ってたし、いつまでも少女然とした雰囲気で居て欲しかったので、イメージチェンジに慣れるまで違和感バリバリでした...いや、今は好きになりましたけど。

そんな小僧の気持ちなど伝わることなく、彼女の大人化は進んでいくばかり。
「しあわせ芝居」「リップスティック」などの名曲を連発してくれた頃はまだ良かったものの、「20才になれば」以降の曲は、中学生には地味めに感じてピンとこなかったし...

「MISS KISS」の頃だと思いますが、夜のヒットスタジオにて「病院坂の首縊りの家」のヒロインの格好で、オープニングメドレーを歌った記憶があるんですが、(カツラとも知らずに)それを観た私は、何かが崩れていく感じがしたのです...いや、今は好きになりましたけど。

それ以降、彼女の思い出は余りありません。「玉ねぎむいたら」はちょっと観てたけども。考えてみれば、世間一般の淳子人気と自分の彼女への興味の振幅は、ほぼ一致しています。前回も書きましたが、民放2局ではTVへの出演回数が減ると、一気に観る機会を失ってしまうので、興味を左右されるんでしょうね。子供だったし。

今更ですが、後悔しております。


尚、80年代以降の音楽は(今に至るまで)余り好きではありません。それでも贔屓な方は多少いましたが、淳子さんと関係ないので割愛します。

そして時は過ぎ...やっぱり、To Be Continued

brog5.jpg

PS.写真の記事の続きに「映画撮影に入る前に、盲腸を切るかもしれない」との発言があります。どうなったんでしょうね、ご存知の方いらっしゃいませんか? 心配なので(笑)

気まぐれヴィーナス気まぐれヴィーナス
(2009/08/26)
桜田 淳子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

<< ファン歴カミングアウト(その5) | ホーム | ファン歴カミングアウト(その3) >>

コメント

イメージの変化

おはようございます。

そうですね〜髪型でイメージ変わりますしね。
ショートカットは最初とっても違和感ありました。
今では馴れましたが(笑)

曲の方は今でも馴れないのがあります。
やはり淳子さんは明るい曲が一番似合いますね。

結果論かもしれませんが、

こんばんは。
「気まぐれヴィーナス」でのショートカットは、驚きましたが、
淳子さんファンを続けていたので、その当時は、なんとなく受け入れていました。
今、思うに、淳子さんが失敗した曲は、「もう一度だけふり向いて」とか、「もう戻れない」とか、いろいろ言われていますが、「気まぐれヴィーナス」が、失敗して見誤った曲では、ないかと感じています。Thin_Androidさんが言うように、「髪をばっさり切ってこと」がマイナスだったし、、、
また、「気まぐれヴィーナス」が夏の勝負曲としては、詩、曲ともいまいちかと思っています。”去年のトマトは、青くて固かったわ。だけど如何、もう今年は赤いでしょう”という詩が、その当時、斬新で、一部では、評価されていましたが、自分は、いまいちかと思っています。「気まぐれヴィーナス」や次の「もう戻れない」を考えるに、阿久悠さん、淳子さんに対しては、ネタ切れ状態に陥っている感じがしました。
1977年の夏の勝負曲にセミロングで、別の歌では、少し、淳子さんの展開が変わったかと思っています。
そういう意味で、「気まぐれヴィーナス」がターニングポイントでした。。。。。

Re: イメージの変化

s-imgさん、こんばんは

淳子さんは髪型でものすごく印象が変わる人だなあと、昔から思ってました。
1974年の春と1978年春の彼女が別人だと言われたら信用しますもん。

女性にしては、成長期が遅かったのもありそうですが。

Re: 結果論かもしれませんが、

sjghdさん、こんばんは

私の場合、ここ数年で、彼女の歌や映像を一気に振り返った訳ですが、やっぱり1977年のイメージチェンジは加速しすぎな印象があります。ショートカットにしただけでなく、大人っぽい曲・メイク・喋り方・歌い方・・・すべて変わりましたよね。

今でこそ、それぞれの時代の彼女の魅力を楽しめる様になりましたが、当時は、自分を含めて、置いてけぼりにされたファンも多かったんだろうなと思います。

盲腸の件

たしか「夜ヒット」で触れていたような・・。
薬で散らしたとか言っていたような気がします。

「気まぐれヴィーナス」のショート・カットは僕も衝撃でした。
歌の方もあまり・・・という感じでした。
今はOK!ですよ。

Re: 盲腸の件

桜えびさん、こんばんは。

76年の冬に、盲腸を散らしたのは私も知っていたんですが、
ブログの写真は77年初夏のもので、「まだシクシク痛むので、手術しなくてはならない」
と書かれてます。でも、盲腸を切ったという話は聞いたことないし。

ショートカット以降のビキニの写真で、盲腸の傷跡ないか探して見ますか(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代