音楽 邦画 アイドル

プロフィール

Thin_Android

Author:Thin_Android
Alias:T.A
1964年生の普通の会社員 ♂
「新・桜田淳子を守る会」
自称会員No.1(笑)
thinandroid0525@gmail.com

2017年4月7日 - 「スクリーン・ミュージックの宴」開演!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/05/19 (Sun) 19:08
ピンク・レディーと淳子さん

当ブログでも時々書いております様に、私は12歳~14歳の一時期、ピンク・レディーが好きでした。
あれはまだ大ブレイク前夜のことでしたが、1976年暮れの各新人賞レースをTVで観ている時、パーティ会場で後ろを向いていたミーさんの肩幅に何故か魅せられて以来のこと(笑)。
桜田淳子さんとキャンディーズが好きだという人は結構多い様ですが、私の様に桜田淳子さんとピンク・レディーが好みという人は余り見かけません(まあ、判る気もしますが)。私にとっても物凄く思い入れが強いという程では無いのですが、70年代当時の記憶を鮮烈に呼び起こしてくれる重要アーチストの1組である事は間違い無いところです。

1976年8月25日にデビューした彼女達のパフォーマンスを「スター誕生」で見かけた時は、その衣装や奇抜なダンスに、正直なところB級感を得ずにいられませんでしたが、やはり思春期男子の好奇心を駆り立てる何かを持っていたのでしょう。新人賞レースに出続ける彼女達を見て、それまでの日本歌謡界では余り見たことが無いような音楽的/ビジュアル的なアプローチに、不思議な魅力を感じた事を覚えています。
今思えば、洋風でダンサンブルな曲群は、同じ阿久/都倉コンビの手による山本リンダ→フィンガー5の系譜だった様にも思いますが、淳子さんやキャンディーズの様な健康的でキュートなビジュアル面も取り入れ、アイドル色を強めた事が更なる大成功の要因だったのでしょうね。

歌謡曲ファンの中には「渚のシンドバット」~「ウォンテッド」の頃が最盛期という意見もありますが、私も概ね同じ印象で、最大のヒット曲「UFO」以降は絶大な子供人気に支えられた印象で、当時中学生だった私の周囲では、加熱ぶりも壱段落し始めていたことを覚えています。

私の場合、やはりレコードの1枚も買わない完全な隠れファンだったのですが、その頃になるとステレオラジカセを所有していましたので、さほど不自由はありませんでした。
現在は「コンプリートシングルコレクション」他、3組のCDを所有してまして、時折耳を傾けたりするのですが、彼女達のスタジオ盤アルバムは、1981年の解散までにわずか5枚。しかも歌謡曲カバーメインの1st、TV主題化集の2nd、アメリカで製作した4th、洋楽カバー集の5th等...日本で製作したまともなオリジナルアルバムは4th「ピンク・レディーの不思議な旅」のみであり、ライブアルバムの方が数多く発売されたというのだから、音楽好きには物足りない状況です。メガヒット曲を多数持たながらも(ちなみにB面も良い曲が多い)、音楽的な広がりが無さ過ぎて、直ぐに飽きてしまうのが難点でしょうか。
brog240.jpg

桜田淳子さんとPLは同じスター誕生出身で、歌手として活躍した時代も近いことから、数多くの共演があったと思いますが、中でも1977年に放送開始したドラマ「気になる季節」(テレビ朝日)では、淳子さんがPL2人の従妹という設定で1~3話と最終回に出演されています。
淳子さんの他にも百恵さん/昌子さん/西城さん/郷さんら錚々たるゲストが出演しており、近年の再放送も叶っていないため、「あこがれ共同隊」と同じく70's歌謡ファン垂涎の幻のドラマでもありまして、私も地元では放送されなかった為に未見であり、CS全盛の昨今、放送してくれるのを首を長くして待っているのですが、ゲスト出演者が多いことが逆にネックになっているのか、全くその気配はありません。
brog239.jpg

現在、2組の共演を最も簡単に拝見できるのは、2011年に発売された「ピンク レディー In 夜のヒットスタジオ: フジテレビ秘蔵映像集」というDVD-BOXだと思われます。
発売当時、「夜のヒットスタジオ」はCSで放送中でしたが、本商品発売を優先したがためにピンク・レディーがNG歌手になってしまう残念な出来事がありました。
PLが見れないのも不満でしたが、淳子さんが共演した回がすべて放送できなくなった事に、とりわけ怒りを覚えたものですが、結局は様々な誘惑に負けてしまい、後日DVD-BOXを購入してしまったという訳です。

桜田淳子さんの収録映像はごくわずかなものですが、自分用のインデックスとして、出演シーンを此処に書き出しておきますので、鑑賞の機会がありましたら参考にしてみてください。

■DISK1(夜のヒットスタジオ映像)
32:43~ 1977/10/03オンエア。
「ペッパー警部」歌唱中、淳子さん雛壇(視認やや困難)。
40:31~ 1977/12/12オンエア。
「UFO」歌唱中、淳子さん雛壇。
53:51~ 1978.4.10オンエア。
「渚のシンドバッド」マイクリレーで淳子さんからPLへ。
「渚のシンドバッド」OPメドレートリの背後、全員でダンス。
「サウスポー」歌唱中、淳子さん雛壇。
59:08~ 1978.5.15オンエア。
「UFO」OPメドレートリの背後、全員でダンス。
「サウスポー」歌唱中、淳子さん雛壇。

■DISK2(夜のヒットスタジオ映像)
00:57~ 1978.11.20オンエア。
「カメレオンアーミー」歌唱中、淳子さん雛壇。
17:45~ 1979.3.19オンエア。
「ジパング」歌唱中、淳子さん、雛壇。
30:49~ 1979.7.16オンエア。
「十七の夏」マイクリレーでPLから淳子さんへ。
「波乗りパイレーツ」歌唱中、淳子さん雛壇。
38:32~ 1979.10.08オンエア。
「KISS IN THE DARK」歌唱中、淳子さん雛壇。
41:56~ 1979.11.12オンエア。
「サウスポー」OPメドレートリの背後、全員でダンス。
「KISS IN THE DARK」歌唱中、淳子さん雛壇(視認困難)。

■DISK3(バラエティ番組映像)
36:07~ 1977.10.4オンエア。
第14回オールスター紅白大運動会の100M走で淳子さんとミーさん並走。
37:37~ 1978.2.7オンエア。
オールスター寒中水泳大会の開会式で、淳子さんとPLが選手宣誓。
39.38~ 1978.2.14オンエア。
オールスター雪の祭典のももひきレースで、淳子さんとミーさんが並走。
恐怖の90M級ジャンプに挑戦するミーさんに「がんばれ」と声援を送る淳子さん。
「UFO」歌唱シーンでも淳子さんが遠目にチラリ。

■DISK4
なし

CSでこんなに淳子さんの出演回が飛ばされたのかと思うと、改めて腹立しい気持ちにもなりますが(笑)、PL出演回が放送可能だった前々回のサイクルを真剣に観ていなかった自分にも非があるので、諦めるしかありませんね。
又、DISK2の1978.11.20放送回と、1979.11.12放送回はCSでも未放送だと思われますので、ほんの少し映し出された淳子さんの映像は貴重かも知れません。


ピンク・レディー in 夜のヒットスタジオ~フジテレビ秘蔵映像集~ [DVD]ピンク・レディー in 夜のヒットスタジオ~フジテレビ秘蔵映像集~ [DVD]
(2011/05/27)
ピンク・レディー

商品詳細を見る

↑ピンク・レディーにも興味がある桜田淳子ファンにはお勧めですが、淳子さん目当てで購入する程の商品ではございませんので、あしからず。


星から来た二人(紙ジャケット仕様)星から来た二人(紙ジャケット仕様)
(2006/08/23)
ピンク・レディー

商品詳細を見る

↑オリジナルアルバムで最も面白いと思うのは、TV番組主題歌とCMメドレーだけで構成した「星から来た二人」ではないかと思っています。

スポンサーサイト

<< 相澤秀禎会長の訃報に寄せて | ホーム | 桜田淳子映画ロケ地ガイド (花の高2トリオ 初恋時代) Part3 >>

コメント

いろいろ

こんばんは。

ピンクレディーは、キャンディーズより、好きでした。
ミニで、あっと言わせる振り付けで、引き付けられました。
よく紅白歌のベストテン、観ていました。
しかし、LPやシングルを買うまでは、いきませんでした。
1976年ですので、アイドルのレコード(LP)で買うのは、以前として、桜田淳子さんと山口百恵さんで、まったく浮気をしていませんでした。
Thin_Androidさんは、隠れピンクレディーだったということですが、自分も相当当時、興味は、ありましたね、、


CDは、ピンクレディーベストを持っています。

当時は、ケイちゃんよりミーちゃんでした。

曲としては、いいのは、やはり、ウオンテッドまででしょうか、、
一番好きなのは、SOSです。
UFO,サウスポー、モンスターなどは、ビッグヒットしましたが、子供向けになっていて、あまり好きでは、ありません。
後期の歌では、全米ヒットになった「Kiss In The Dark」と「マンデーモナリザクラブ」が好きです。

夜のヒットスタジオ、、、

「ピンク レディー In 夜のヒットスタジオ」買ったんですか、、百恵さんのは、持っていますが、、、
前々回、ピンクレディーは、しっかり録画しているので、、今のところ、買うまでには、至っていません。結構、DISK3で、淳子さん出ているんですね、、、


Re: いろいろ

sjghdさん、こんばんは。

> ピンクレディーは、キャンディーズより、好きでした。
> ミニで、あっと言わせる振り付けで、引き付けられました。
> よく紅白歌のベストテン、観ていました。
> しかし、LPやシングルを買うまでは、いきませんでした。
> 1976年ですので、アイドルのレコード(LP)で買うのは、以前として、桜田淳子さんと山口百恵さんで、まったく浮気をしていませんでした。
> Thin_Androidさんは、隠れピンクレディーだったということですが、自分も相当当時、興味は、ありましたね、、

少数派がここにも(笑)
私は歌謡曲のレコードは買わないタイプでしたので、当時はラジカセで十分でした。
淳子さんが好きな事もPLが好きな事も、おそらく誰にも言わなかったと思います。

> CDは、ピンクレディーベストを持っています。
>
> 当時は、ケイちゃんよりミーちゃんでした。

私もそうでしたね。まあ大半がそうだった様に思います。

>
> 曲としては、いいのは、やはり、ウオンテッドまででしょうか、、
> 一番好きなのは、SOSです。
> UFO,サウスポー、モンスターなどは、ビッグヒットしましたが、子供向けになっていて、あまり好きでは、ありません。

それも同意です。その頃の曲ならむしろB面の方が良いかも知れません。

> 後期の歌では、全米ヒットになった「Kiss In The Dark」と「マンデーモナリザクラブ」が好きです。

「マンデーモナリザクラブ」は名曲ですね。
「波乗りパイレーツ」も好きです。B面のUSA吹き込み盤のコーラスをザ・ビーチボーイズが担当していて、ビックリしたものです。

> 夜のヒットスタジオ、、、
>
> 「ピンク レディー In 夜のヒットスタジオ」買ったんですか、、百恵さんのは、持っていますが、、、
> 前々回、ピンクレディーは、しっかり録画しているので、、今のところ、買うまでには、至っていません。結構、DISK3で、淳子さん出ているんですね、、、

DISK3の淳子さん映像目当てで購入したのは私くらいのものでしょう(笑)。
しかしながら、各々少ししか映りません。
CS夜ヒットで未放送の「20才になれば」「パーティイズオーバー」の時の姿が少し観れますが、それも貴重ですね。
全て観れる日はやって来るのでしょうか?

夜のヒットスタジオ

こんばんは。

夜のヒットスタジオをすべて見れるのは、厳しいですね、、
ピンクレディーは、DVD発売になる前でも、1回目のCS放送では、だめだったと思いますし、、ピンクレディーは、厳しいかも、また、1978.11.20は、サザンで、放送は、無理でしょう。

あと、少数派と言うことは、ないと思います。PLは、あれだけ、売れましたので、、、

今は、ケーちゃんの方がいいかも、、、(キャンディーズでも今はミキちゃんがいいので、、大人になると、少し、変わりますね、、淳子さんや百恵さんや美代子さんは、不変ですが、、)

Re: 夜のヒットスタジオ

sjghdさん、こんばんは。

> 夜のヒットスタジオをすべて見れるのは、厳しいですね、、
> ピンクレディーは、DVD発売になる前でも、1回目のCS放送では、だめだったと思いますし、、ピンクレディーは、厳しいかも、また、1978.11.20は、サザンで、放送は、無理でしょう。

もう外タレとNG歌手はカット&ボカシでも良いので、何とかお願いしたいですねえ。
今回紹介した夜ヒットDVDもボカシが凄く入ってますし(笑)。

> あと、少数派と言うことは、ないと思います。PLは、あれだけ、売れましたので、、、

Twitterを始めて判ったことですが、淳子さんとキャンディーズが好きだという人が非常に多く、カルチャーショックを受けました。今考えればタイプ的に判る気もしますが、私は当時のキャンディーズはバラエティ番組のアシスタントガールのイメージが強すぎて、余り興味がありませんでしたね。

> 今は、ケーちゃんの方がいいかも、、、(キャンディーズでも今はミキちゃんがいいので、、大人になると、少し、変わりますね、、淳子さんや百恵さんや美代子さんは、不変ですが、、)

私は、その辺の趣味は今も変わらないです。

悲喜交々

こんばんは。

淳子さんとPLの記事ということでバックコーラスが変わるかとおもいきや、そこは桜田淳子ファンだけあって変えませんね~。
 そんなことしたら淳子さんが目をむいて口をへの字に曲げて、振り返りますからね(笑)。

PLのDVD見ては堪能し、淳子さん探しては「ああちょっとだけ」とがっかりし、これだけの淳子さん出演回が飛ばされたと怒り出し、しまいには淳子さんはひな壇芸人じゃない!と憤慨しながらピョンピョン跳ねて、気がついたらガラモンになっていた?それとも怪獣ブースカに?・・
おっと、また悪い癖が(*≧∀≦*)

僕は以前にも書いたような気がしますが、PLは同郷ということで親近感はありましたがそれだけでした。
弟がファンだったってのもありますが。

キャンディーズは好きでした。友人が蘭ちゃんファンというのもあり、よく聞きましたしLPも借りました。
解散が決まってから僕の街にもコンサートに来て、結構な人数が学校を休みました。

特に何とも思っていなかったPLですが、何故か「Kiss In The Dark」のシングル盤持ってます(^^ゞ

「気になる季節」は知りませんでした。DVD化かCSで放送してもらいたいです、
貴重な写真ですね。
淳子さんの隣にいるラーは・・・じゃなくて((*≧∀≦*)人は坂本スミ子さんですね。

P・S
東京では三社祭りだったみたいですね。ニュースで映像見ました。
Thin_Android さんがロケ地巡りをしている途中で立ち寄り、
マルベル堂で淳子さんのプロマイドを買っておでこに貼り、
練り歩いているか探したのですが判りませんでした。(^∇^)ノ

Re: 悲喜交々

桜えびさん、こんばんは

> 淳子さんとPLの記事ということでバックコーラスが変わるかとおもいきや、そこは桜田淳子ファンだけあって変えませんね~。
>  そんなことしたら淳子さんが目をむいて口をへの字に曲げて、振り返りますからね(笑)。

今回はBGM無しです。PL関連だと及び腰になるという事で(笑)。

> PLのDVD見ては堪能し、淳子さん探しては「ああちょっとだけ」とがっかりし、これだけの淳子さん出演回が飛ばされたと怒り出し、しまいには淳子さんはひな壇芸人じゃない!と憤慨しながらピョンピョン跳ねて、気がついたらガラモンになっていた?それとも怪獣ブースカに?・・
> おっと、また悪い癖が(*≧∀≦*)

雛壇芸人って誰か言うと思いました(笑)
別に怒って跳ねたりはしませんが、このDVDシリーズ、やるならもっと徹底的にやって欲しいし、そうでないならCS放送に迷惑かけんなと、フジ/ポニキャニのどっちつかずの姿勢に不満ありありです。
尚、私はお金が好きなので、普段はカネゴンになってます。

> 僕は以前にも書いたような気がしますが、PLは同郷ということで親近感はありましたがそれだけでした。
> 弟がファンだったってのもありますが。

そういや静岡でした。最近、甲子園で強豪になった某高校の姉妹校出身でしたっけ。

> キャンディーズは好きでした。友人が蘭ちゃんファンというのもあり、よく聞きましたしLPも借りました。
> 解散が決まってから僕の街にもコンサートに来て、結構な人数が学校を休みました。

アイドル歌手なのに、学校を休まないと行けない時間帯に公演?それとも出待ちスタンバイのためですか?
地元に来たら私も観にいったかも知れませんが、私の田舎に来た有名歌手で覚えているのはジュリーとベンチャーズくらいですよ。

> 特に何とも思っていなかったPLですが、何故か「Kiss In The Dark」のシングル盤持ってます(^^ゞ

何故(笑)

> 「気になる季節」は知りませんでした。DVD化かCSで放送してもらいたいです、

テレ朝はアーカイブの発掘に熱心でない印象があるので、商品化もCS放送も期待薄ですかね。

> 貴重な写真ですね。
> 淳子さんの隣にいるラーは・・・じゃなくて((*≧∀≦*)人は坂本スミ子さんですね。

ノーコメントで

> P・S
> 東京では三社祭りだったみたいですね。ニュースで映像見ました。

関東に住んでいますが、知りませんでした。

> Thin_Android さんがロケ地巡りをしている途中で立ち寄り、
> マルベル堂で淳子さんのプロマイドを買っておでこに貼り、
> 練り歩いているか探したのですが判りませんでした。(^∇^)ノ

職務質問されますわ。

こんばんはピンクレディーはsjhgdさんと同じでウォンデッド
迄です。それ以降は完全に子供向けに変わり、曲が若者向けの
キャンディーズに対し、Pレディは、なんだか応援するのも恥ずかしいくらいで気の毒でした。

もしPレディが若者向けの曲を続け、衣装も振り付けも初期のような、ディスコにいそうなお姉さんの雰囲気を続けていたら、かなり違った結果になったように思えてなりません。

P・レディと淳子さんで思い出すのは、P・レディの人形劇
「飛べ孫悟空」という番組があり、ほとんど見た事はありませんが毎回ゲストが変わり、ある日海水浴へ行こうと思いテレビを消そうとテレビを見ると、その回のゲストが淳子さんで確か「悲劇?の歌姫、淳子姫」とかいうような?タイトルではありませんか、私は気になりながらも、友達が待っていたのでそのまま海水浴に行きました。あれを見なかったのは今でも悔やまれます。

ちなみに、私は当時ファンではありませんでしたが、隠れケイチャンでした、ミーは男っぽく感じてだめでした。周りはみんなミーだったので、不思議でなりませんでしたが、ケイの方が好きという勇気はありませんでした。
しかし、今当時の映像を見ると断然ミーですね。

Re: タイトルなし

ジュンタさん、こんばんは

>こんばんはピンクレディーはsjhgdさんと同じでウォンデッド
> 迄です。それ以降は完全に子供向けに変わり、曲が若者向けの
> キャンディーズに対し、Pレディは、なんだか応援するのも恥ずかしいくらいで気の毒でした。

我々世代は「ウォンテッド」までという意見が多い様ですね。
当時の小学生なら「サウスポー」辺りがピークと捉えるかも知れません。
一方キャンディーズはPL対抗馬でとして遅咲きの大ブレイクを果たし、その後は引退バブルだった様な印象ですが、歌謡通の方に言わせるとそうじゃ無く、あの時期に人気が出るべくして出たという意見も聞きます。

> もしPレディが若者向けの曲を続け、衣装も振り付けも初期のような、ディスコにいそうなお姉さんの雰囲気を続けていたら、かなり違った結果になったように思えてなりません。

「モンスター」「透明人間」のやり過ぎ感は、子供にすら飽きられ始めました。
それでは如何と思ったのか「カメレオン・アーミー」辺りから初期の雰囲気に戻し始めましたが、79年になると、まだ売れてはいたものの、学校では話題にすらならなくなりました。
その頃は淳子さんも勢いが無くなっていたし、百恵さんや新御三家の歌もイマイチな感じで、私的には一時代が終わった感があり(中学生のくせにオッサン臭いですが)、それ以降はニューミュージックや洋楽にしか興味が無くなった覚えがあります。

> P・レディと淳子さんで思い出すのは、P・レディの人形劇
> 「飛べ孫悟空」という番組があり、ほとんど見た事はありませんが毎回ゲストが変わり、ある日海水浴へ行こうと思いテレビを消そうとテレビを見ると、その回のゲストが淳子さんで確か「悲劇?の歌姫、淳子姫」とかいうような?タイトルではありませんか、私は気になりながらも、友達が待っていたのでそのまま海水浴に行きました。あれを見なかったのは今でも悔やまれます。

「飛べ孫悟空」に淳子さんが出演されていた事は後年になって知りました。当時、私は強制的に学習塾に行かされてまして、「飛べ孫悟空」は稀にしか観れませんでした。関係ないですが「新巨人の星」もそうだった...
この番組、CSで再放送しても良さそうな気もしますが...

> ちなみに、私は当時ファンではありませんでしたが、隠れケイチャンでした、ミーは男っぽく感じてだめでした。周りはみんなミーだったので、不思議でなりませんでしたが、ケイの方が好きという勇気はありませんでした。
> しかし、今当時の映像を見ると断然ミーですね。

sjghdさんと逆パターンですか。
やはり歌声にしてもダンスにしても、ミーさん無くしてPL人気は無かったでしょう。

【夜のヒットスタジオ】など。

T.Aさん、

こんばんは。

ピンクレディーの【夜のヒットスタジオ】BOXの情報を有難うございます。

スカパーで未だ未放映なのは、
①昭和52年10月3日
②昭和52年12月12日
③昭和53年11月20日
④昭和54年3月19日
⑤昭和54年7月16日
⑥昭和54年11月12日

です。
①は10周年記念の特別枠でしたので仕方ないかと思っておりましたが、他の②~⑥が未放映となっている理由の一つがが分かりました。

更に未放映回が、昭和50年以降でも19回存在しますので、恐らく様々な理由があって放映できないのでしょう。

映像があるのに拝見できないことは、非常に残念です。

【気になる季節】ですが、淳子さんが演技の部分でご出演されたのは1話~3話と最終回です。
また、歌のカットでは殆ど毎回出演されています。


sjghdさん、

私は百恵さんのファンですので【夜のヒットスタジオ】DVD-BOXは2組購入しておりますが、ご存知のように開封できない私の性格から、未だに未開封の状態です。
今度、中古を購入します。


ジュンタさん、

【飛べ!孫悟空】には、淳子さんは昭和54年1月16日と1月23日の2回ご出演されました。
タイトルは、ほぼ正解です!!!
《淳子姫恋のかけおち》その1、その2です。

Re: 【夜のヒットスタジオ】など。

KAZUさん、こんばんは

> スカパーで未だ未放映なのは、
> ①昭和52年10月3日
> ②昭和52年12月12日
> ③昭和53年11月20日
> ④昭和54年3月19日
> ⑤昭和54年7月16日
> ⑥昭和54年11月12日

なんと、PL共演回で、そんなに未放送がありましたか。
「十七の夏」のマイクリレーもこのDVDでしか見れないのですね。

> ①は10周年記念の特別枠でしたので仕方ないかと思っておりましたが、他の②~⑥が未放映となっている理由の一つがが分かりました。

前回のサイクルの番組開始当初、10周年は放送する予定だったのでは無いかと言われていますね(予告編に映像が使われていたらしく)。DVD化の波で夢と散ってしましました。

> 更に未放映回が、昭和50年以降でも19回存在しますので、恐らく様々な理由があって放映できないのでしょう。

今度、全出演回を棚卸しして、なぜ再放送されないのか検証してみようと思います。


> 【気になる季節】ですが、淳子さんが演技の部分でご出演されたのは1話~3話と最終回です。
> また、歌のカットでは殆ど毎回出演されています。


さすがです、素晴らしい。
それでもレギュラー出演の筈なのに少ないですね。
当初は、淳子さん主演で企画されたという話をどこかで聞いた記憶があるのですが、勘違いかも知れません。

浮気性?

こんにちは。
ピンク・レディーはシングルもアルバムも殆ど持ってました。
今では、シングルプレミアムBOX、銀BOX、サスペンス…あ~いっぱいある…(^_^;)LPも…。シングルのジャケットのみファイルに入れてます。
もちろん淳子さんも!
岩崎宏美さんも少し。百恵さんはLP少しCDも少し。
あれあれ~?石野真子さん、あ~何だかいっぱいアイドル…。
B級も…。
何でも来い!

あれれ?少し踊れるんだな。…歌って踊れるピンク・レディーカラオケまでありますがな…。

色んな方の歌を聴いてますが、淳子さんの歌と声を聴いてるといろいろあっても落ち着きます。
一番聴いていることもあるし、思春期の時聴いてるから癒されるんですね~。
歌手、桜田淳子ファンなんです。

Re: 浮気性?

ひろさん、こんばんは

> ピンク・レディーはシングルもアルバムも殆ど持ってました。
> 今では、シングルプレミアムBOX、銀BOX、サスペンス…あ~いっぱいある…(^_^;)LPも…。シングルのジャケットのみファイルに入れてます。

結構ファン度が高いですね。「ピンクレディー」では無く「ピンク・レディー」と表記する人は、何かしらの思い入れを持っている方だと思います。
夜ヒットDVDよりもシングルプレミアムBOXを選んだクチですか?(お高いのに...)
あと、銀箱は判りますが、サスペンスというのは存じません。

> もちろん淳子さんも!
> 岩崎宏美さんも少し。百恵さんはLP少しCDも少し。
> あれあれ~?石野真子さん、あ~何だかいっぱいアイドル…。
> B級も…。
> 何でも来い!
> あれれ?少し踊れるんだな。…歌って踊れるピンク・レディーカラオケまでありますがな…。
>
> 色んな方の歌を聴いてますが、淳子さんの歌と声を聴いてるといろいろあっても落ち着きます。
> 一番聴いていることもあるし、思春期の時聴いてるから癒されるんですね~。
> 歌手、桜田淳子ファンなんです。

何十年もかけて色んな歌を聴き、色んな方を好きになり、一巡して新しいものを追い求めなくなった頃に、自分にとっての生涯のアイドルやアーティストが生まれる事が多いのだろうと思います。そして多くの方に最後に選んでもらえた淳子さんが、また素晴らしいのですね。

ピンクレディのお二人は、大好きです。(もちろん、おふたりとも)「星から来た二人」は、もちろん持っています。(レコードの発売当時は、小さかったので、復刻版の方ですが)シングル曲は、一曲も入っていない珍しいアルバムなんですよね。都倉さんの曲調が楽しくていいです。

Re: タイトルなし

Yさん、こんばんは

> ピンクレディのお二人は、大好きです。(もちろん、おふたりとも)「星から来た二人」は、もちろん持っています。(レコードの発売当時は、小さかったので、復刻版の方ですが)シングル曲は、一曲も入っていない珍しいアルバムなんですよね。都倉さんの曲調が楽しくていいです。

正確に言えば、「スーパーモンキー孫悟空」は「透明人間」のB面曲なので、シングル曲といっても良いかもしれません。
テレビ番組のテーマソングのみというコンセプトで作られたアルバムで、耳に残っているフレーズが多々あって、面白く聴けました。中でも「百発百中」とCMメドレーが、個人的には良い感じです。

おくやみ…。

こんにちは。

おくやみ…。
サンミュージック創業者・相澤秀禎さん死去…。
すい臓がんだったようです。
この場をお借りして…ご冥福をお祈りいたします…。

You TubeにピンクレディCM集をアップしてくださった方がいらっしゃいますよ。(19分46秒)動画をご覧になった方たちが、「当時はリアルタイムで見てました。すごく懐かしいです。ありがとうございます」など書き込みをされています。自分も、CMソングメドレーで聞いたことしかなかったので、うれしいです。

Re: おくやみ…。

ひろさん、こんにちは

相澤さんはご高齢でしたがお元気そうな印象がありましたので、突然の訃報に驚いています。
ご家族同然の様に過ごされた桜田淳子さんにとっても、また淳子ファンの皆さんにとっても大きな存在でした。

ご冥福をお祈り致します。

Re: タイトルなし

Yさん、こんにちは

> You TubeにピンクレディCM集をアップしてくださった方がいらっしゃいますよ。(19分46秒)動画をご覧に
>なった方たちが、「当時はリアルタイムで見てました。すごく懐かしいです。ありがとうございます」など書
>き込みをされています。自分も、CMソングメドレーで聞いたことしかなかったので、うれしいです。

ご紹介頂きましてありがとうございます。

4~5年前にも大量のCMを繋げた動画UPされていて観ましたが、大半のCMを忘れていました。
35年も経過すると、リアルタイムの記憶は意外になくなってしまうものです。

今回のはバラエティ番組「ザ・チャンス」の動画が懐かしかったですね(笑)。
PLが司会していた期間は短かったですが、良く観ておりました。

「宝石箱」のアイスクリームは、普通のアイスより高かった記憶があります。CMでは、宝石がキラキラしていて、きれいでした。
だいぶ前に「テレビ探偵団」の中で、ピンクレディCM集を流した時に、「宝石箱」のCMで、会場がざわざわしていたのをYou tubeで見ました。三宅さんが、「ピンクレディグッズは、みんな持っていましたよね」とおっしゃっていました。確かこの動画はまだあると思います。(再生時間が1分35秒と短いですが)
 ひろさん、相澤社長さんは、カンニングの中島さんが亡くなられたときに、竹山さんが「カンニングというコンビ名をどうしようか」と相談された時、「今まで通りの”カンニング”竹山でいいんじゃないか?変える必要がどこにあるんだよ?」とおっしゃったそうですね。中島さんの闘病中も、「お給料を治療費に充てたい」という竹山さんのご希望通りにされていたそうです。今頃、中島さんにお会いになっていますでしょうか?

Wikiを見ましたら、中島さんが亡くなられたときは、すでに息子さんの正之さんが社長さんだったんですね。

Re: タイトルなし

Yさん、こんばんは

「宝石箱」は食べたことはありませんでしたが、高級カップアイスのはしりの様な商品だったかも知れません。
確か最近になって復活していたと思います。
個人的には、CMソングのキャッチリップはA面のモンスターより良い曲だと思いますね。


Re: タイトルなし

Yさん、こんばんは

> Wikiを見ましたら、中島さんが亡くなられたときは、すでに息子さんの正之さんが社長さんだったんですね。

2004年に息子さんにお譲りになられていましたが、2009年頃に初めて知りました。
淳子さんのアイドル時代に、相澤さんには大学生の息子さんがいるという記事を読んだ覚えがありますが、テレビで拝見し、ああこの方だったのか...と思った記憶があります。

やっぱり、宝石箱のアイスクリームに飛びつくのは女性なんでしょうね。サンミュージックの相澤さんは、「ただテレビに出たいというだけの人は、採用しない」という厳しい方針だったんですね。ご冥福をお祈りいたします。

Re: タイトルなし

> やっぱり、宝石箱のアイスクリームに飛びつくのは女性なんでしょうね。サンミュージックの相澤さんは、「ただテレビに出たいというだけの人は、採用しない」という厳しい方針だったんですね。ご冥福をお祈りいたします。

こんばんは。
「宝石箱」は、再発した時に食した方が「美味しくなかった」とレビューされていたのが印象に残ってます。

相澤さんは才能を見出す目は厳しかったかも知れませんが、一度預かったタレントさんへの面倒見は、本当に良かったと、どの追悼ニュースでも回顧されていますね。本当に素晴らしい方を亡くしてしまったのだと改めて感じました。




宝石箱のアイスは、実際に買ってみると、「思ったよりキラキラ感がなくてがっかりした」と書き込みされている方もいらっしゃいますね。「大地真央さんバージョンの方も見てみたい」という書き込みをされた方もいらっしゃいました。サンミュージックの相澤さんは、本当にタレントさんを大切に育てていらっしゃったんですね。ベストテンで、松田聖子さんが「青い珊瑚礁」1位になった時(1980年9月18日放送)のお父様からのお電話で、「あなた、あきらめないでがんばってきてよかったね」というお言葉は、「相澤社長さんに聖子さんを預けてよかった」ということなんでしょうね。聖子さんの芸能界入りに大反対されていたとのことで、どんな言葉をかけるのかとハラハラしていました。

Re: タイトルなし

こんばんは

相澤会長は、ご両親に気遣い、若いタレントの面倒を見ることを信条とされていたのでしょう。
桜田淳子さんのサンミュージック入りは、本人の意志もあったかも知れませんが、最終的には周囲が強く勧めたことが決め手だったと聞いています。相澤さんの人柄なら、まだ幼かった淳子さんを安心して任せられると、周囲が思われたのではないでしょうか。


「星から来た二人」のCMソングメドレーで、「キャッチリップ」を知りましたが、途中までしかなかったので、「ゴールデンベスト」を2009年に買いました。何回聞いてもいいですね。

Re: タイトルなし

> 「星から来た二人」のCMソングメドレーで、「キャッチリップ」を知りましたが、途中までしかなかったので、「ゴールデンベスト」を2009年に買いました。何回聞いてもいいですね。

こんばんは。
この歌は、CMを見ていた時から良く覚えていました。
PLは「乾杯お嬢さん」「ピンクの林檎」「逃げろお嬢さん」等、B面に名曲が多いと思います。

2005年のコンサートで、B面の曲をメドレーで、歌っている動画がいくつかございましたよ。Jeffさんという外国の方がアップしてくださった分です。あと、百恵さんと淳子さんの「渚のシンドバット」の映像もございました。

Re: タイトルなし

> 2005年のコンサートで、B面の曲をメドレーで、歌っている動画がいくつかございましたよ。Jeffさんという外国の方がアップしてくださった分です。あと、百恵さんと淳子さんの「渚のシンドバット」の映像もございました。

淳子さんと百恵さんのシンドバット動画は、近年HEY!HEY!HEY!で2回くらい放送しましたので、録画して所有しています。
ピンク再結成時の動画はあまり観ていませんが、CD-BOXの特典映像に収録されたレッツヤンの「乾杯お嬢さん」「レディーX」、解散ちょっと前の特番で歌った「ピンクの林檎」は観たことありますが、なかなか宜しいですね。

都倉さんが、5月14日放送の「もてもてナインティナイン」で、サウスポーの没になってしまったバージョンを流した後に「なかなかキャッチーでしょう?」とおっしゃっていましたよ。確かに、B面でもおかしくないな、完全に没にしてしまうのは、もったいないな」とは個人的に思いました。飯田久彦さんの「納得がどうしてもいかない」の声で、1日で作り上げたんだそうです。飯田さんも、「いつも新曲を作るときは、苦しいけど、サウスポーだけは、本当に苦労した」と2004年発売の「ピンクレディに首ったけ」という本の中で、語っておられました。上司の方には「また、取り直しってどういうことだ?あと、3日後には締め切りだぞ?」と怒られてしまって、ご自分の首をかけた決断だったそうです。

Re: タイトルなし

こんばんは

> 都倉さんが、5月14日放送の「もてもてナインティナイン」で、サウスポーの没になってしまったバージョンを流した後に「なかなかキャッチーでしょう?」とおっしゃっていましたよ。確かに、B面でもおかしくないな、完全に没にしてしまうのは、もったいないな」とは個人的に思いました。飯田久彦さんの「納得がどうしてもいかない」の声で、1日で作り上げたんだそうです。

没サウスポーは、数年前の阿久悠作品集か何かで日の目を見たんでしたっけね。余り真面目には聴いていないですが、個人的には飯田Pの意見に賛成かな。

「曲というのは、障子の張り替えみたいに、ちょこちょこやってもダメだ」という思いから、(最初は、なんとかならないかとがんばってみたそうですが)「最初から作り直してください」とお願いされたそうです。

Re: タイトルなし

こんばんは

> 「曲というのは、障子の張り替えみたいに、ちょこちょこやってもダメだ」という思いから、(最初は、なんとかならないかとがんばってみたそうですが)「最初から作り直してください」とお願いされたそうです。

かの天才ブライアン・ウイルソン(ザ・ビーチボーイズ)は様々なフレーズをくっ付けては壊しの繰り返しで、数多くの名曲を生み出しました。人によっても違うのでしょうが、没サウスポーはフレーズの組み換え程度では売れ筋の曲にならないという直感めいたのものが、飯田氏にあったのでしょう。

「お蔵になったサウスポー」というタイトルの動画がYou tubeにアップされていますが、ご覧になった方たちが、「1日で作り上げるなんてすごい」と書き込みされています。ビーチボーイズの皆さんは、「波乗りパイレーツ」のB面で、コーラスとして、参加されていますね。アメリカでのレコーディングの方が、個人的には好きです。

Re: タイトルなし

こんばんは

> 「お蔵になったサウスポー」というタイトルの動画がYou tubeにアップされていますが、ご覧になった方たちが、「1日で作り上げるなんてすごい」と書き込みされています。ビーチボーイズの皆さんは、「波乗りパイレーツ」のB面で、コーラスとして、参加されていますね。アメリカでのレコーディングの方が、個人的には好きです。

廃人同然だったブライアン・ウイルソンはなんとか復帰していたものの、今度は末弟デニス・ウイルソンが問題を抱える等、ビーチ・ボーイズどん底の時期ですね。PLのシングルB面に参画するなんて、私も当時驚いた記憶があります。それでもコーラスワークは素晴しいですね。A面よりも、ゆっくり流れる贅沢な夏の時間といった趣が良い感じです。

ビーチ・ボーイズファンにとっては、珍盤といわれている様ですが(笑)

「B面の方がA面だったら、どうだったかな?」と思います。あ、桜田淳子さんのしあわせ芝居の第1回での衣装は、白でしたよ。(5月8日のThin Androidさんのコメントへのお返事です)200回記念での出演者をダイジェストに紹介するシーンで、確認できました。第1回は、オーケストラの演奏をバックに歌唱がほとんどですね。ミラードアも突貫で作ってもらうくらいの慌しさだったそうです。

Re: タイトルなし

こんばんは

> 「B面の方がA面だったら、どうだったかな?」と思います。あ、桜田淳子さんのしあわせ芝居の第1回での衣装は、白でしたよ。(5月8日のThin Androidさんのコメントへのお返事です)200回記念での出演者をダイジェストに紹介するシーンで、確認できました。第1回は、オーケストラの演奏をバックに歌唱がほとんどですね。ミラードアも突貫で作ってもらうくらいの慌しさだったそうです。

「波乗りパイレーツ」は、79年当時は懐メロ扱いになっていた60年代のサーフィン/ホッドロッド系サウンドへのオマージュソングで、B面は本家ビーチボーイズを迎えて60年代のサーフィンサウンドを再現させようという「お遊び」的要素が強かったと理解しています。従って、幾ら出来は良くてもA面には考えていなかったのではないでしょうか。

淳子さんのザ・ベストテン第1回目は、「しあわせ芝居」で一番多く着ておられた、どこかの国の民族衣装っぽいドレスですね。情報、有難うございました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


あわせて読みたい ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏情報暴露大公開します ネットで儲ける時代
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。